クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

トヨタ・シエンタ 開発者インタビュー

やさしさを詰め込みました 2022.09.22 試乗記 トヨタ自動車
Toyota Compact Car Company
TC製品規格
ZP チーフエンジニア
鈴木啓友(すずきたかとも)さん

取り回しのしやすいサイズでありながら、大柄なモデルにも負けない機能性を備えていたトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。3代目となる新型は、どのようなモデルに進化しているのか? チーフエンジニアに話を聞いた。

サイズを変えないことにこだわった

2003年に誕生したトヨタ・シエンタが3代目にフルモデルチェンジ。トヨタのミニバン3兄弟のなかで末弟に位置するコンパクトサイズで、運転のしやすさと利便性がセリングポイントなのは変わらない。それでは、先代からどのような要素を進化させたのだろうか?

――資料に「やさしさをいっぱい詰め込んだ一台」と書いてありましたが、どういう意味なんでしょう?

鈴木啓友さん(以下、鈴木):私は初代モデルにも関わっていたんですが、開発の言葉で「片手でポン」というのがあったんです。たとえばシートのアレンジがいろいろあるんですけど、ひとつのレバーでワンタッチでシートが倒れるようにしました。忙しいお母さんがターゲットになっているので、買い物したり子供を抱っこしたりというなかで使い勝手がいいことが大切です。そのコンセプト自体は新型でも大きく変えていません。子育ての家庭にとって一番使いやすいクルマとなるよう考えています。たとえば、キックセンサーでスライドドアが開いたりとか。

――「ノア/ヴォクシー」がモデルチェンジで大きくなって、5ナンバーミニバンはシエンタだけになりましたね。

鈴木: 一番こだわったのは、サイズを変えなかったということですよ。5ナンバーを死守しました。日本で使うことを考えると、道路だって駐車場だって狭いわけですよね。運転が必ずしも上手じゃない方にとって、取り回しがいいことはクルマ選びの一番大きな要因のひとつだと思います。

――大きさもそうですが、見た目も「アルファード/ヴェルファイア」やノアヴォクとまったく違います。

鈴木:アルヴェルもノアヴォクも、半分は人に見せるクルマだと思うんですよね。威圧感と言うとあれですけど、自分のプレゼンスをほかに伝えてナンボというところがあるじゃないですか。このクルマはね、ちょっと違うんですよ。自分が使っていて満足するとか安心できるとか使い勝手がいいとか。そういったことが中心になっていて、人に見てもらって「おお!」と言ってもらうという感じじゃない。自分がオシャレして街に出て、似合っていると感じられればいいんです。同じミニバンというカテゴリーのなかでも、お客さまの像はまったく違いますよ。

<鈴木啓友さんプロフィール>
1989年入社。ボデー設計部にて5・6代目「セリカ」や初代「アベンシス」のアッパーボデー設計を担当。製品企画部に転じ、2代目「アバロン」、初代「パッソ」、2代目「イスト」等の製品企画に携わった。その後、主査として初代「ヴィオス/ヤリス」を担当。2017年よりチーフエンジニアとして2代目ヴィオス/ヤリスの製品企画を担い、2代目「アクア」、そして今回の3代目「シエンタ」でも同職に就き、企画・開発の全般を主導した。
<鈴木啓友さんプロフィール>
	1989年入社。ボデー設計部にて5・6代目「セリカ」や初代「アベンシス」のアッパーボデー設計を担当。製品企画部に転じ、2代目「アバロン」、初代「パッソ」、2代目「イスト」等の製品企画に携わった。その後、主査として初代「ヴィオス/ヤリス」を担当。2017年よりチーフエンジニアとして2代目ヴィオス/ヤリスの製品企画を担い、2代目「アクア」、そして今回の3代目「シエンタ」でも同職に就き、企画・開発の全般を主導した。拡大
7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した3代目「トヨタ・シエンタ」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4260×1695×1695mm(FF車の場合。4WD車は全高=1715mm)と、今やトヨタ製ミニバンのなかで5ナンバー枠に収まる、唯一のモデルとなっている。
7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した3代目「トヨタ・シエンタ」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4260×1695×1695mm(FF車の場合。4WD車は全高=1715mm)と、今やトヨタ製ミニバンのなかで5ナンバー枠に収まる、唯一のモデルとなっている。拡大
インテリアカラーには黒のモノトーンに加え、「カーキ」や「フロマージュ」なども用意。リビングのようなくつろげる空間を目指したという。
インテリアカラーには黒のモノトーンに加え、「カーキ」や「フロマージュ」なども用意。リビングのようなくつろげる空間を目指したという。拡大
エクステリアは角の取れた造形が特徴で、親しみやすさを重視した意匠となっている。この辺りは“兄貴分”にあたるトヨタの中・大型ミニバンより、同じBセグメントのコンパクトモデルで、鈴木氏がチーフエンジニアを務めた「アクア」などに通じるものがある。
エクステリアは角の取れた造形が特徴で、親しみやすさを重視した意匠となっている。この辺りは“兄貴分”にあたるトヨタの中・大型ミニバンより、同じBセグメントのコンパクトモデルで、鈴木氏がチーフエンジニアを務めた「アクア」などに通じるものがある。拡大
トヨタ シエンタ の中古車

家族のために広い空間を提供

――メインのターゲットはお母さんということになるんですか?

鈴木:中心として考えてきたのは、やはり子育てファミリーのお母さん。なんですけども、実際にこのクルマを出してみると、リタイアされているような高齢のご夫婦とかも結構来ていただいて。サイズは大きくないし、使ってみるとスライドドアってすごい便利なんですよね。

――コンパクトだと、どうしても上のサイズのミニバンにはかなわない点もあると思いますが……。

鈴木:でも、27インチの自転車がそのまま入るんですよ。荷室高が先代から20mm高くなっているので。2列目の室内高も高くしていて、小さなお子さまが立ったまま着替えできます。年に何回も子供が車内で着替えをすることはないでしょうが、それだけの空間があれば、いろいろなことに使えちゃうってことですね。買い物カゴだってすっと置けるし、チャイルドシートも装着しやすい。“こう使わなければいけない”というのでなく、こちらは広い空間を提供して、後はご家族に合った使い方をしていただけるということです。

――2列シートと3列シートがありますが、先代にあった6人乗りはなくなりましたね。

鈴木:6人乗りというのは意外と引きがなかった(笑)。キャプテンシートで6人乗りというのは、ラグジュアリーなミニバンです。アルファードならわかるんですが、このクルマはスペースをどれだけ有効に使えるかということだと思うんですね。そうすると、まずは7人というところがベース。だけど、ペットと夫婦だけというなら、必ずしも3列目はいらない。大きなカーゴルームがあって荷物も載せられて、買い物に行くと便利なスライドドアが付いている2列シートの5人乗りがいいということになります。

――車中泊にも対応しているんですか?

鈴木:需要が多くなっているのは感じていますね。2列目シートを倒すとフラットになりますから、純正アクセサリーでちょうどいいエアマットを用意していますよ。スペース的にはかなり長身の方までカバーできるスペースを確保できています。2列車は荷物をたくさん載せられるし、アウトドアでキャンプに行くという方が多いですね。

今やミニバンに限らず、“ノッポなクルマ”のキラーコンテンツとなっているスライドドア。乗降がしやすく、狭い場所でも気兼ねなく開けられるのが魅力だ。(写真:トヨタ自動車)
今やミニバンに限らず、“ノッポなクルマ”のキラーコンテンツとなっているスライドドア。乗降がしやすく、狭い場所でも気兼ねなく開けられるのが魅力だ。(写真:トヨタ自動車)拡大
先代モデルより高さが増したというラゲッジスペース。床面も低く、かさばる荷物や重い荷物も簡単に積み込める。
先代モデルより高さが増したというラゲッジスペース。床面も低く、かさばる荷物や重い荷物も簡単に積み込める。拡大
さまざまな使い方ができるよう、荷室をカスタマイズするアクセサリーも豊富に用意。写真はテールゲートに装着するバックドアラック。開口したテールゲートに、手荷物や服などを掛けておける。
さまざまな使い方ができるよう、荷室をカスタマイズするアクセサリーも豊富に用意。写真はテールゲートに装着するバックドアラック。開口したテールゲートに、手荷物や服などを掛けておける。拡大
先代とは異なり、2列目シートは3人乗りのベンチタイプに一本化。左右の座席の大きさは仕様によって異なり、5人乗り、7人乗り、そして一部の福祉車両用にと、3種類のシートが用意されている。写真は5:5分割の、7人乗り仕様の2列目シート。
先代とは異なり、2列目シートは3人乗りのベンチタイプに一本化。左右の座席の大きさは仕様によって異なり、5人乗り、7人乗り、そして一部の福祉車両用にと、3種類のシートが用意されている。写真は5:5分割の、7人乗り仕様の2列目シート。拡大
5人乗り仕様のラゲッジスペースは、7人乗り仕様のそれを超える広さに加え、2列目シート格納時にフラットな床面が得られる点も魅力だ。写真は用品装着車。
5人乗り仕様のラゲッジスペースは、7人乗り仕様のそれを超える広さに加え、2列目シート格納時にフラットな床面が得られる点も魅力だ。写真は用品装着車。拡大
デザインのすべてが機能に由来するという新型「シエンタ」。たとえば車体下部の黒いモールは、いずれも傷がつきやすい箇所に設置されており、損傷したら簡単に交換できる。
デザインのすべてが機能に由来するという新型「シエンタ」。たとえば車体下部の黒いモールは、いずれも傷がつきやすい箇所に設置されており、損傷したら簡単に交換できる。拡大
外装に関してはボディーカラーのラインナップも新型の特徴。ベージュやカーキ、グレーがかったブルーなど、風景になじむアースカラーが多数用意された。
外装に関してはボディーカラーのラインナップも新型の特徴。ベージュやカーキ、グレーがかったブルーなど、風景になじむアースカラーが多数用意された。拡大
新型「シエンタ」のコンセプトについて、「初代の頃に原点回帰した」と語る鈴木氏。氏はその初代シエンタの開発にも携わっていた。
新型「シエンタ」のコンセプトについて、「初代の頃に原点回帰した」と語る鈴木氏。氏はその初代シエンタの開発にも携わっていた。拡大
2003年9月に発売された初代「シエンタ」。2010年に一度生産終了となるも、翌年に復活。何度も一部改良やマイナーチェンジを受けながら、12年にわたり現役で活躍し続けた。(写真:トヨタ自動車)
2003年9月に発売された初代「シエンタ」。2010年に一度生産終了となるも、翌年に復活。何度も一部改良やマイナーチェンジを受けながら、12年にわたり現役で活躍し続けた。(写真:トヨタ自動車)拡大
コンパクトミニバンとしてはもちろん、かつての「ポルテ」や「ラクティス」のような、スペース系コンパクトとしての役割も担うこととなった新型「シエンタ」。その小さなボディーには、機能性を高めるための工夫とこだわりが満載されていた。
コンパクトミニバンとしてはもちろん、かつての「ポルテ」や「ラクティス」のような、スペース系コンパクトとしての役割も担うこととなった新型「シエンタ」。その小さなボディーには、機能性を高めるための工夫とこだわりが満載されていた。拡大

機能を追求した結果のデザイン

――デザイン的にもアウトドア感が強くなったような気がします。

鈴木:道具感みたいなものですね。前回のモデルは黒いモールみたいなものにデザイン的な意味はあっても、機能的な意味はあまりなかったと思うんですね。今回の形は、一個一個説明できるんですよ。モールはこすりやすいところに付いていて、ここだけ交換できます。ボンネットは先端が80mm高くなりました。逆にインパネは45mm低くなっていて、運転席からクルマの先端が見やすい。小柄な方とかあまり運転が得意じゃない方にとって、車両感覚をつかむためにはボンネットが見えることがものすごく重要。見えないと不安で怖いんです。ベルトラインが水平で低いことにも意味があります。左折するときに後ろを見て、自転車が来ていたらすぐわかります。

――エクステリアデザインがイタリアやフランスのクルマに似ているという声もあるようですが……。

鈴木:めちゃめちゃ言われてますよ(笑)。まあ、ご意見はいただいていますが、僕らは機能を追求していってこういう形ができあがったわけです。サイズも含めて。このクルマは別にヨーロッパで売ることはないけれど、ヨーロッパに持っていっても恥ずかしくないデザインだと思っています。

――3代のモデルは見た目がかなり違いますが、デザインのコンセプトは変わっていないということでしょうか?

鈴木:2代目は時代を反映しているというか、ちょっと走りそうな感じに振っているんですよね。ただシエンタの最初のコンセプトは「家族で使う相棒」というイメージで、今回はそこに戻ってきた感じです。

――最近は3列シートSUVがトレンドになっていますが、このサイズのモデルはありませんね。

鈴木:さすがに厳しいと思います。3列シートのクルマは、このサイズだと限定されますね。シエンタはミニバンといいながら、実際はハッチバック的な使い勝手のよさがあります。たまたま3列目もあって、さらにスライドドアもあって。

――鈴木さんが開発に携わった初代シエンタは、12年のロングライフでしたね。新型も長く活躍するクルマになりそうですか。

鈴木:今でも初代が走っているのを見かけますよ。今回も、ご家族で大事にしてもらえるクルマになってほしいと願っています。

(文=鈴木真人/写真=荒川正幸、トヨタ自動車/編集=堀田剛資)

 
トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】の画像拡大

◇◆◇こちらの記事も読まれています◇◆◇

トヨタ・シエンタ ハイブリッドZ/シエンタZ/シエンタ ハイブリッドZ E-Four【試乗記】
◆関連ニュース:トヨタがコンパクトミニバン「シエンタ」の新型を発売
◆関連記事:チーフデザイナーが語る! 新型「トヨタ・シエンタ」の魅力

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ シエンタ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。