クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フォルクスワーゲンTロックTSIスタイル(FF/7AT)

手の届くあこがれ 2022.09.28 試乗記 フォルクスワーゲン(以下、VW)のコンパクトSUV「Tロック」がマイナーチェンジ。高い人気を誇る一方、いくつかの欠点も指摘されていた欧州BセグメントSUVの定番車種は、日本導入から2年を経ていかなる進化を遂げたのか? 量販グレードと目される「TSIスタイル」で確かめた。

どうしちゃったの? フォルクスワーゲン

28カ国からなる欧州自動車市場の販売構成において、SUVのシェアは約46%にもなるという。多くの電気自動車が電池のかさ上げぶんをカバーするためにそれ的な車型をとるがゆえ、数字が押し上げられてもいるが、感覚的には「SUVにあらずんばクルマにあらず」の勢いだ。あれ、必死でCO2減らすんじゃなかったんでしたっけ? とツッコミたくもなるが、ミニバン天国の日本も言えた義理ではない。

ちなみに昨年(2021年)、かの地で最も売れたSUVは「プジョー2008」、そして2番目がこの「Tロック」だったという。そういえば日本でも輸入SUVの販売台数でVWがワン・ツーを押さえたという触れ込みだが、「Tクロス」に次いで2番目に売れているのがTロックだった。

しかし、本国発売から3年遅れて2020年に日本上陸したTロックは、正直なところその魅力が伝わりにくいクルマだった。なにより座って即感じる内装の質感の低さはいただけない。ダッシュアッパーやドアインナートリムはハードな樹脂成形のパネルがむき出しで、オーナメントやドアレバーなどの加飾要素も粗雑なものだった。別に素材が硬いからダメというわけではないが、表面のテカテカぶりをみるに、素材やシボ入れに気遣いがないことが伝わってくる。さすがゴルフの血筋とあってか、走ってナンボのところは一定以上のレベルにあると感じさせただけに、どうしちゃったの? の感は否めなかった。

2022年7月に日本に導入された「Tロック」のマイナーチェンジモデル。外装では前後バンパーやフロントグリルの意匠が変更となり、フロントには新たにLEDのイルミネーションが採用された。
2022年7月に日本に導入された「Tロック」のマイナーチェンジモデル。外装では前後バンパーやフロントグリルの意匠が変更となり、フロントには新たにLEDのイルミネーションが採用された。拡大
内装では、ダッシュボードとドアトリムにステッチの入ったソフト素材やレザレットを採用。ステアリングホイールも新設計のものに替えている。
内装では、ダッシュボードとドアトリムにステッチの入ったソフト素材やレザレットを採用。ステアリングホイールも新設計のものに替えている。拡大
今回の試乗車は「TSIスタイル」。1.5リッターターボエンジンを搭載した、ガソリン車の上級グレードである。
今回の試乗車は「TSIスタイル」。1.5リッターターボエンジンを搭載した、ガソリン車の上級グレードである。拡大
フォルクスワーゲン Tロック の中古車

インテリアにみる欠点はおおむね解消

どうしちゃったの? といえば、思い浮かぶのは2015年のディーゼルゲート問題だ。解決のめどが立ちつつあるなかで、VWとしてはともあれ手元のキャッシュフローを少しでも厚くして財務改善の道筋を立てなければならなかった時期が、Tロックが発売されたその頃と重なる。台あたりの原価率を下げるために一番手っ取り早いのは、性能変化や設計変更の伴わない内装や加飾類のコストダウンだ。

コストダウンといえば思い出すのは「トヨタ・カローラ」……というのは古すぎる話かもしれない。バブルの最後っぺのように豪勢にしつらえられた100系が、バブル完全終了後の110系になるとエンブレム類さえシールに置き換えられた。抜き上手のトヨタでさえ手だてあらわにやらざるを得ない、本気のコストダウンはそれほど難しい。Tロックも事情は同じだろうというのが僕の見立てだ。

「ポロ」もしかりで、この時期、すなわち2017年前後に登場したモデルたちが静的質感に弱点があることは、主戦場である欧州のメディアでも指摘されている。それゆえVWもいつまでもこの課題は放っておけないとみたのだろう。「ゴルフ8」で採り入れた数々のデジタライゼーションを水平展開することでインフォテインメントや操作類をローコスト化する一方で、見栄えものにはきちんとコストを投じて、質感を整えてきた。日本に入ってきたマイナーチェンジ後のポロやTロックはその流れに沿っていて、ライバルに対するその面での不満はほぼ解消された。

今回のマイナーチェンジでは、操作インターフェイスを大幅にデジタル化。「デジタルコックピットプロ」と呼ばれる液晶メーターは、全車標準装備となった。
今回のマイナーチェンジでは、操作インターフェイスを大幅にデジタル化。「デジタルコックピットプロ」と呼ばれる液晶メーターは、全車標準装備となった。拡大
エアコンのコントローラーも写真のとおり総タッチパネル化。一方で、ドライブモードセレクターや予防安全・運転支援システムの操作系には、押しボタンが残された。
エアコンのコントローラーも写真のとおり総タッチパネル化。一方で、ドライブモードセレクターや予防安全・運転支援システムの操作系には、押しボタンが残された。拡大
ボディーカラーは試乗車の「ペトローリアムブルーメタリック」を含む全8種類。「ディープブラックパールエフェクト」を除く7種類では、ルーフの色が黒もしくは白で塗り分けられたツートンカラーとなる。
ボディーカラーは試乗車の「ペトローリアムブルーメタリック」を含む全8種類。「ディープブラックパールエフェクト」を除く7種類では、ルーフの色が黒もしくは白で塗り分けられたツートンカラーとなる。拡大

このナビだけはどうにかしてほしい

Tロックのラインナップはゴルフに倣ってベーシックな「アクティブ」、装備充実の「スタイル」、スポーティーなトリムの「Rライン」の3つに分けられる。エンジンはTSI(ガソリン)とTDI(ディーゼル)の2種類になるが、TDIの側にアクティブの設定はなく、TSIの側にRラインの設定はない。そして今回のマイナーチェンジで新たに加えられたのが、300PSの2リッター4気筒ターボと4WDシステム「4MOTION」を組み合わせる「R」だ。

試乗車は恐らく売れ筋となるだろうTSIスタイル。TロックはよくあるSUVよりもリアゲートを寝かせてちょっとスポーティーなシェイプに仕立てられていて、ディテールのすっきり感も個性のひとつとなっている。マイナーチェンジではバンパー形状が変わり、スキッドプレート的なアクセントが強調されたことで地上高が高まったようにみえるが、ディメンションには変更はない。

実はゴルフよりも短いホイールベースゆえ、室内の広さに期待はできないようにうかがえるが、高さをうまく使っていることもあって、居住性や積載力に不満はない。というか、荷室容量に関してはゴルフよりも大きく、このあたりはSUVの利を感じさせてくれる。この手のクルマでは後席の座面高を落としてフォールダウン時の段差を整える一方で、着座姿勢はダメダメ……みたいな銘柄も見受けられるが、Tロックはその点もうまく折り合いをつけた印象だ。

インフォテインメントはすでにVWの最新オンラインサービスである「We Connect」に対応しているが(参照)、今回のマイナーチェンジではモニターが高い位置に配され、視認性や操作性が向上。またフル液晶メーターパネルの「デジタルコックピットプロ」も全グレードで標準化されている。ただしインフォテインメントシステムに関しては、ナビの目的地検索や設定などの機能に相変わらず要領を得ない感があり、結局Apple CarPlay……ということになってしまうのも確かだ。ライバルの立ち位置を勘案すると、インターフェイスの直感性向上やボイスコマンドの洗練は、VWとアウディの日本仕様に共通する課題だと思う。

シートの仕様はグレードによって異なり、「TSIスタイル」と「TDIスタイル」には「チタンブラック/アンスラサイト」のファブリックシートが装備される。
シートの仕様はグレードによって異なり、「TSIスタイル」と「TDIスタイル」には「チタンブラック/アンスラサイト」のファブリックシートが装備される。拡大
背高なボディー形状を生かし、リアシートにも十分な乗車スペースを確保。後席用のエアコン吹き出し口や、2つのUSB Type-Cポートも設けられている。
背高なボディー形状を生かし、リアシートにも十分な乗車スペースを確保。後席用のエアコン吹き出し口や、2つのUSB Type-Cポートも設けられている。拡大
荷室容量はVDA計測で445リッター。床面の高さは2段階で調整でき、写真のように深底にできるほか、高床にすれば後席格納時にフラットな床面を得ることができる。
荷室容量はVDA計測で445リッター。床面の高さは2段階で調整でき、写真のように深底にできるほか、高床にすれば後席格納時にフラットな床面を得ることができる。拡大
インフォテインメント関連では、センターディスプレイを最新のものにリニューアル。ただし、システムそのものの仕上がりはいまひとつで、音声認識の精度やナビゲーションシステムの操作性などにおいて、ライバルに譲るところがあった。
インフォテインメント関連では、センターディスプレイを最新のものにリニューアル。ただし、システムそのものの仕上がりはいまひとつで、音声認識の精度やナビゲーションシステムの操作性などにおいて、ライバルに譲るところがあった。拡大

進化した走りの意外な立役者

走りの印象はすこぶるニュートラルだ。中高速域でのフラットライド感は相変わらずだが、導入当初はちょっとこわばった感もあった低速域での乗り心地もこなれたものとなり、全体的に上質さを高めたようにみえる。

グレードに応じて16~19インチのタイヤ&ホイールを履くTロックにあって、スタイルは17インチを装着、試乗車はハンコックの「ヴェンタス プライム3」を履いていたが、コーナーでもクセのない理にかなったハンドリングをみせてくれるうえ、平時のダンピング特性や静粛性は下手な欧州製タイヤを軽く上回る。ヒョンデの「ネッソ」に乗った際にもヴェンタスのまとまりのよさに驚かされたが、タイヤもいよいよ韓国勢が侮れなくなってきたというのが偽らざる印象だ。

世界的なインフレや急激な円安によって、輸入車の値上げのニュースが日ごとに流れるなか、Tロックは辛うじて300万円台~の価格帯に踏みとどまっている。絶対的に安くはないけれど、アフォーダブルであることにこだわるところにブランドの良心が感じられる。VWはそうやってクルマ好きにとっての身近なあこがれであり続けてきたし、これからもそういう存在であってほしい。

(文=渡辺敏史/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

今回のマイナーチェンジでは、動力性能や動的質感に関する改良点はアナウンスされていないが、低速域における乗り心地などが、明らかに改善されていた。
今回のマイナーチェンジでは、動力性能や動的質感に関する改良点はアナウンスされていないが、低速域における乗り心地などが、明らかに改善されていた。拡大
「TSIスタイル」「TDIスタイル」のタイヤサイズは215/55R17。試乗車にはハンコックのコンフォートタイヤ「ヴェンタス プライム3」が装着されていた。
「TSIスタイル」「TDIスタイル」のタイヤサイズは215/55R17。試乗車にはハンコックのコンフォートタイヤ「ヴェンタス プライム3」が装着されていた。拡大
連日のように値上げのニュースが報じられる輸入車ブランド。フォルクスワーゲンも例外ではないが、「Tロック」は「TSIアクティブ」で394万3000円と、どうにか“エントリー価格が300万円台”というレベルに踏みとどまっている。
連日のように値上げのニュースが報じられる輸入車ブランド。フォルクスワーゲンも例外ではないが、「Tロック」は「TSIアクティブ」で394万3000円と、どうにか“エントリー価格が300万円台”というレベルに踏みとどまっている。拡大
フォルクスワーゲンTロックTSIスタイル
フォルクスワーゲンTロックTSIスタイル拡大
 
フォルクスワーゲンTロックTSIスタイル(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大
 
フォルクスワーゲンTロックTSIスタイル(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大
 
フォルクスワーゲンTロックTSIスタイル(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大

テスト車のデータ

フォルクスワーゲンTロックTSIスタイル

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4250×1825×1590mm
ホイールベース:2590mm
車重:1320kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:150PS(110kW)/5000-6000rpm
最大トルク:250N・m(25.5kgf・m)/1500-3500rpm
タイヤ:(前)215/55R17 94V(後)215/55R17 94V(ハンコック・ヴェンタス プライム3)
燃費:15.5km/リッター(WLTCモード)
価格:417万9000円/テスト車=437万1500円
オプション装備:Discover Proパッケージ(15万4000円) ※以下、販売店オプション フロアマット<テキスタイル>(3万8500円)

テスト車の年式:2022年型
テスト開始時の走行距離:1967km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4)/高速道路(6)/山岳路(0)
テスト距離:281.8km
使用燃料:22.3リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:12.6km/リッター(満タン法)/13.1km/リッター(車載燃費計計測値)

 
フォルクスワーゲンTロックTSIスタイル(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大

◇◆◇こちらの記事も読まれています◇◆◇

◆関連ニュース:「フォルクスワーゲンTロック」のマイナーチェンジモデルが上陸
◆関連記事:フォルクスワーゲンTロックTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フォルクスワーゲン Tロック の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。