アバルト595 F595(後編)

2022.10.23 思考するドライバー 山野哲也の“目” 山野 哲也 前編ではそのスタイリングについて終始笑顔で語ったレーシングドライバー山野哲也が、いよいよ「アバルト595 F595」の走りを語る。なんでも、締め上げられたシャシーに揺すられていると、山野にはクルマからのあるメッセージが伝わるのだとか。

硬派に見えて優しい一面も

前回に続いて、レーシングドライバーの山野哲也にアバルト595 F595のインプレッションを語ってもらおう。同車は、165PSの1.4リッターターボに5段MTを組み合わせた、ホットなイタリアンコンパクトだ。

見ても乗っても楽しい演出がいっぱい。アグレッシブなドライブフィールが運転者を喜ばせるアバルト595だが、意外な気づかいも見せる。

山野:595は、発進時にブレーキペダルから足を離すと、ちょっとエンジンの回転数が上がります。

webCG:MTでもエンストしにくい?

山野:親切な工夫です。一般的にMT車に乗るユーザー数が減って、クラッチ操作になじみがないドライバーが595の運転席に座ることもあると思います。その際、「エンストしないから安心してクラッチをつないでね」と助けてくれる。極端な話をすると、アクセルペダルを踏まなくてもアイドリングだけで発進できます。坂道発進では、やはりブレーキペダルから足を離してもすぐにクルマが後退しないよう、ホールド機能が働きます。

アバルト595は、インパネに設けられた「SPORT」スイッチを押すと、オーバーブーストがかかって、通常210N・mの最大トルクが230N・mへと強化される。出足や加速がグッとよくなるわけだ。

 
アバルト595 F595(後編)の画像拡大
 
アバルト595 F595(後編)の画像拡大
 
アバルト595 F595(後編)の画像拡大
 
アバルト595 F595(後編)の画像拡大
関連記事
  • アバルト595 F595(FF/5MT)【試乗記】 2022.9.3 試乗記 サソリ印のホットハッチ「アバルト595」に、ニューモデル「F595」が登場。キビキビと走らせられる小柄なボディーに、回すほどに盛り上がるエンジンを搭載したイタリア製ミニマムロケットは、ストリートでも笑ってしまう程の刺激に満ちあふれていた。
  • アルファ・ロメオの新型コンパクトSUV「トナーレ」が日本に上陸 2023.1.26 自動車ニュース ステランティス ジャパンは2023年1月26日、アルファ・ロメオブランドの新型コンパクトSUV「トナーレ」の国内導入を発表した。同年2月18日に発売する。ラインナップは2グレード展開で、価格は524万円から。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/7AT)【試乗記】 2023.1.24 試乗記 いよいよ日本に導入された「フォルクスワーゲン・ポロGTI」のマイナーチェンジモデル。小柄なボディーに高出力の2リッター直4ターボエンジンを搭載したパワフルなコンパクトカーは、従来型からいかなる進化を遂げたのか? 実際に乗って確かめた。
  • ランドローバー・レンジローバーSV P530 LWB(4WD/8AT)【試乗記】 2023.1.17 試乗記 今も昔もランドローバーの頂点に君臨する「レンジローバー」。そのなかでも、現行世代の最上級グレードにあたるのが「SV」だ。プレミアムSUVの老舗のなかにあって、ビスポークオーダーを請け負う特殊部門が手がけた、珠玉の一台の魅力に触れた。
  • トヨタ・クラウン クロスオーバーRS“アドバンスト”(4WD/6AT)【試乗記】 2023.1.16 試乗記 「トヨタ・クラウン」といえば「ユーザー層の若返り」が積年のテーマだが、すべてが刷新された16代目で、ついにそれが実現しそうだ。走りっぷりは若々しく、何よりも“新しい乗りもの”感にあふれている。ターボハイブリッド車「RS」の仕上がりをリポート。
ホームへ戻る