「三菱アウトランダー」の特別仕様車「ブラックエディション」登場

2022.10.06 自動車ニュース

三菱自動車は2022年10月6日、SUV「アウトランダー」を一部改良するとともに特別仕様車「ブラックエディション」を設定し、同年10月27日に発売すると発表した。

今回はコネクテッド機能を拡充。車内でWi-Fi接続が可能になったほか(要有償オプション契約)、スマートフォンアプリ「My MITSUBISHI CONNECT」の新機能として「リモートドアロック/アンロック」機能を設定した。

ボディーカラーはツートンカラーに「レッドダイヤモンド/ブラックマイカ」「スターリングシルバーメタリック/ブラックマイカ」を新規設定し、全13種類をラインナップする。

三菱アウトランダーのラインナップと価格は以下のとおり。

  • M(5人乗り):462万1100円
  • G(5人乗り):495万9900円
  • G(7人乗り):505万1200円
  • P(7人乗り):548万5700円

特別仕様車のブラックエディションはGグレードがベース。内外装にブラックアクセントを配して上質かつ精悍(せいかん)な雰囲気に仕上げている。

エクステリアではフロントグリルとスキッドプレート(フロント/リア)、ドアミラーをブラックで統一するとともに、グロスブラックのセンターピラーとクオーターピラー、専用ブラック塗装の20インチアルミホイールを採用。インテリアはブラックの天井色とレーザーエッチング加工を施した専用シフトパネルが特徴だ。

ボディーカラーには「チタニウムグレーメタリック/ブラックマイカ」のツートンを専用色として設定。ツートンが4種類、単色が2種類の計6タイプをラインナップする。

価格は5人乗り仕様が504万7900円で7人乗り仕様が513万9200円。

(webCG)

三菱アウトランダー ブラックエディション
三菱アウトランダー ブラックエディション拡大

関連キーワード:
アウトランダー, アウトランダーPHEV, 三菱, 自動車ニュース