クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第243回:幻の昭和

2022.10.17 カーマニア人間国宝への道 清水 草一

新型「Z」で気分はトム・クルーズ

「フェアレディZ」は、日本人の心のふるさと。石原裕次郎とか吉永小百合のようなものではないでしょうか。中高年限定ですが……。

ただ、そういう古典的なスターのスタイルを守ったのは2代目までで、3代目以降はモダンに変身を図ろうとした。4代目のZ32に関しては変身が成功し、私も新車で購入したが(まだ27歳でした。涙)、それはフェアレディZを買うというより、国産の「ポルシェ928」を買うような感覚で、「ゼットだ!」という意識は薄かった。

その後Zはサッパリ売れなくなり、復活を果たした5代目、それに続く6代目も不振。正直、まったくどうでもいいクルマになっていた。

5代目、6代目に足りなかったもの、それは、一に古典的なカッコよさであり、二にそそるエンジンだった(断言)。Zにとって、カッコとエンジン以外の要素など枝葉末節。「曲がる」「止まる」性能なんてまったくどうでもいい! フェラーリと同じで!

しかし7代目は、古典的なカッコよさを持ち、そそるエンジンを積んでいる。つまり、すべての要素がそろっている。長嶋茂雄が22歳に若返ってプロ野球入りしたといってもいい! これに燃えない中高年はいまい。

その新型Zに、ようやく乗ることができる。私は燃えた。気分はトム・クルーズだ。新型Zに乗れば、還暦でも無敵にカッコよく、無敵の操縦技術を持つ“マーヴェリック”になれる!

そんな高揚感に包まれつつ、日産本社の地下駐車場にて、黄色い新型「フェアレディZバージョンST」(6段MT車)のキーを預かったのでした。

今回は日本人の心のふるさとたる日産の新型「フェアレディZ」に試乗。実は27歳のころに4代目にあたるZ32を新車で購入した経験もあり、最新モデルも気になっていたのだ。(写真=池之平昌信)
今回は日本人の心のふるさとたる日産の新型「フェアレディZ」に試乗。実は27歳のころに4代目にあたるZ32を新車で購入した経験もあり、最新モデルも気になっていたのだ。(写真=池之平昌信)拡大
今回試乗した「フェアレディZバージョンST」(6段MT車)の車両本体価格は646万2500円で、ボディーカラーは「イカズチイエロー」と呼ばれる8万8000円の有償色であった。ただし現在は、納期の長期化が見込まれるとして受注が中止されている。(写真=池之平昌信)
今回試乗した「フェアレディZバージョンST」(6段MT車)の車両本体価格は646万2500円で、ボディーカラーは「イカズチイエロー」と呼ばれる8万8000円の有償色であった。ただし現在は、納期の長期化が見込まれるとして受注が中止されている。(写真=池之平昌信)拡大
「スカイライン400R」にも採用されている3リッターV6ターボエンジンは、最高出力405PS/6400rpm、最大トルク475N・m/1600-5600rpmを発生。今回の試乗車は6段MTだったが、9段ATも選択できる。
「スカイライン400R」にも採用されている3リッターV6ターボエンジンは、最高出力405PS/6400rpm、最大トルク475N・m/1600-5600rpmを発生。今回の試乗車は6段MTだったが、9段ATも選択できる。拡大
日産 フェアレディZ の中古車

脳内麻薬がドバドバ出る

初めて座った新型Zの運転席。それは、視点が驚くほど高かった。まるで乗用車みたい! シート高を下げようとしたけれど、すでに一番低い位置だった。

全高は1315mm。スポーツカーとしては比較的高いが、初代が1290mmだったので、それほど上がったわけでもない。古いZは、その多くが車高を落としてあるので、新型も、ノーマルだとヤケに視点が高く感じるのか。

ただ、新型は、車高がノーマルでも全然カッコいい。初代はノーマルだとまるでサマになってないので、その点ではすでに初代を超えている。視点が高いぶん視界もイイので、目の弱った中高年にはありがたい。

エンジンは、3リッターV6ツインターボだ。このエンジン、「スカイライン400R」で体験して「なんじゃこりゃあ!」と大感動したが、MTで乗るとどうなのか!?

MTで乗っても最高でした……。

最高度合いはATと同じくらいで、どちらかというとATのほうが相性はいいかもしれないが、トム・クルーズは古典的なドッグファイトで敵を撃墜しなければならないので、MTのほうがトップガン気分は盛り上がる。

このエンジンのすばらしさ。それは、どの回転域でも、必要とされる性能をきっちり出しつつ、回転域によって世界が変わることだ。

日常的な低回転域でもターボは効き、トルクは出ている。しかし、回せば回すほど、ドドーンとパワーが湧き出す! 一番気持ちいいのは5000rpm前後! スポーツモードでそこまでアクセルを踏み込めば、心地よい吸気音(らしきもの)が車内に響き、脳内麻薬がドバドバ出る。うおおおお、俺はトム・クルーズだ! マシンは「F14トムキャット」だ! 第5世代戦闘機だろうがなんだろうがかかってこい! 見せてやるぜ、ユーとミーのテクニックの差をなっ!! 操縦かん引けっ!! コブラ機動っ!!

新型「フェアレディZ」のシートポジションは意外なほど高く、まるで乗用車みたいだった。1315mmの全高は、スポーツカーとして見れば比較的高いほうになるが、初代モデルとは違って車高がノーマルでも全然カッコいい。
新型「フェアレディZ」のシートポジションは意外なほど高く、まるで乗用車みたいだった。1315mmの全高は、スポーツカーとして見れば比較的高いほうになるが、初代モデルとは違って車高がノーマルでも全然カッコいい。拡大
ロングノーズショートデッキという7代目「フェアレディZ」の古典的なスポーツカーのプロポーションには、S30と呼ばれる初代モデルの面影が見て取れる。(写真=池之平昌信)
ロングノーズショートデッキという7代目「フェアレディZ」の古典的なスポーツカーのプロポーションには、S30と呼ばれる初代モデルの面影が見て取れる。(写真=池之平昌信)拡大
ダッシュボード中央の3連メーターは、初代モデルにも採用されていた伝統のモチーフ。右からブースト計、ターボ回転計、電圧計の順に配置されている。(写真=池之平昌信)
ダッシュボード中央の3連メーターは、初代モデルにも採用されていた伝統のモチーフ。右からブースト計、ターボ回転計、電圧計の順に配置されている。(写真=池之平昌信)拡大
リアコンビランプは、Z32型(4代目)のデザインがモチーフになっているという。2シーター仕様のみの設定で、シート後方は荷室。リアゲートは軽量なアルミ製だ。(写真=池之平昌信)
リアコンビランプは、Z32型(4代目)のデザインがモチーフになっているという。2シーター仕様のみの設定で、シート後方は荷室。リアゲートは軽量なアルミ製だ。(写真=池之平昌信)拡大

2ケタナンバーの初代「NSX」を発見

最新のスポーツカーなのに、気分は昭和のヒーローそのもの。Zで首都高を周回しているうちに、脳内は昭和にタイムスリップする。

昭和。それは、速さが絶対善であり、正義だった時代だ。速そうなカッコも絶対善。初代フェアレディZは、絶対善の結晶だった。そのZが405PSのターボエンジンを積み、ほぼ無敵になって現代にリボーンしたのだ! 夢じゃなかろうか……。

そのとき前方に、黄色いスポーツカーの姿が見えた。

あ、あれは?

うおおおおーーーーっ! 初代「ホンダNSX」うぅぅぅぅ~~!

初代NSXと初代Zでは、年代がまるで違うが、新型Zに乗っていると、それは完全なる同胞に思えた。マーヴェリックに対するアイスマンである。

私は“アイスマン初代NSX”をロックオンし、なめるように眺めつつ追走した。ナンバーは2ケタ。恐らく新車時から所有されているのだろう。このパーフェクトなタイムスリップ感!

それは、たまらなくぜいたくな時間だった。

分岐点でNSXの右に並びかけ、運転席をのぞき込んだが、ドライバーの中高年男性はこちらに一瞥(いちべつ)もくれず、左へと去っていった。

そうか、彼にとっては、新型Zは最新のマシン。同胞でもなんでもないんだろう……。

しかし、新型Zに乗っていると、古いスポーツカーがすべて仲間に思えてくる。このクルマには確実に、古き良き昭和が息づいている!

残念ながら、新型Zは当分買えないらしい。が、私は新型Zで幻の昭和を体験できて、本当に幸せだった。

(文と写真=清水草一/写真=池之平昌信/編集=櫻井健一)

首都高を走行中に、イエローの初代「ホンダNSX」を発見! ロックオンし、なめるように眺めつつ「フェアレディZ」で追走した。NSXのナンバーは2ケタで、恐らく新車時から所有されているのだろう。
首都高を走行中に、イエローの初代「ホンダNSX」を発見! ロックオンし、なめるように眺めつつ「フェアレディZ」で追走した。NSXのナンバーは2ケタで、恐らく新車時から所有されているのだろう。拡大
「スカイライン400R」と同じ405PSの3リッターV6ツインターボはすばらしい。低回転域でもターボは効き、回せば回すほどパワーが湧き出す。スポーツモードでアクセルを踏み込めば心地よいサウンドが車内に響き、脳内麻薬がドバドバ出る。(写真=池之平昌信)
「スカイライン400R」と同じ405PSの3リッターV6ツインターボはすばらしい。低回転域でもターボは効き、回せば回すほどパワーが湧き出す。スポーツモードでアクセルを踏み込めば心地よいサウンドが車内に響き、脳内麻薬がドバドバ出る。(写真=池之平昌信)拡大
新型「フェアレディZ」に乗っていると、古いスポーツカーがすべて仲間に思えてくる。最新のスポーツカーなのに、気分は昭和のヒーローそのもの。このクルマには確実に、古き良き昭和が息づいている。
新型「フェアレディZ」に乗っていると、古いスポーツカーがすべて仲間に思えてくる。最新のスポーツカーなのに、気分は昭和のヒーローそのもの。このクルマには確実に、古き良き昭和が息づいている。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

日産 フェアレディZ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。