マツダが「MX-30」「MX-30 EVモデル」を一部改良 新たにマルチトーンボディーカラーを設定

2022.10.20 自動車ニュース webCG 編集部
マツダMX-30モダンコンフィデンス
マツダMX-30モダンコンフィデンス拡大

マツダは2022年10月20日、「マツダMX-30」および「マツダMX-30 EVモデル」を一部改良し、予約注文受け付けを開始した。同年11月初旬以降に発売する。

マルチトーンボディーカラーの「ソウルレッドクリスタルメタリック」。
マルチトーンボディーカラーの「ソウルレッドクリスタルメタリック」。拡大
マルチトーンボディーカラーの「ジェットブラックマイカ」。
マルチトーンボディーカラーの「ジェットブラックマイカ」。拡大
マルチトーンボディーカラーの「ジルコンサンドメタリック」
マルチトーンボディーカラーの「ジルコンサンドメタリック」拡大
シフトセレクターのリリースボタンが握りの右側から裏側に変更された。
シフトセレクターのリリースボタンが握りの右側から裏側に変更された。拡大

今回はボディーカラーやグレードラインナップの拡充を図っている。

MX-30、MX-30 EVモデルともボディーカラーにマルチトーンの「ソウルレッドクリスタルメタリック」「ジェットブラックマイカ」「ジルコンサンドメタリック」を新規設定。キャビンとフリースタイルドアを際立たせる「フレームドトップ」をブラック単色とすることでキャビンをより軽快に見せるという。このほかシフトセレクターのボタンを握りの右側から裏側に移し、よりスムーズに操作できるようにした。

MX-30にはデザインコンセプト「ヒューマンモダン」を体現する新グレード「インダストリアルクラシック」「モダンコンフィデンス」を新たにラインナップ。いずれもかつては内装色のバリエーションとして設定されていたものが、グレードに昇格した格好だ。

MX-30 EVモデルにはラゲッジルーム用のAC1500W電源とフロントコンソール用のAC150W電源を追加設定したほか、専用設備を備えた建物に駆動用リチウムイオンバッテリーの電力を供給できるV2H(Vehicle to Home)機能を搭載。フロントフェンダーにはバッジを追加し、バックドアのバッジは新デザインに変更している。

価格はMX-30が264万~299万7500円で、MX-30 EVモデルが451万~501万6000円。

(webCG)

関連キーワード:
MX-30, マツダ, 自動車ニュース