フロントまわりが新デザインに 「シトロエンC5エアクロスSUV」のマイナーチェンジモデル発売

2022.11.01 自動車ニュース webCG 編集部
シトロエンC5エアクロスSUV
シトロエンC5エアクロスSUV拡大

ステランティス ジャパンは2022年11月1日、仕様変更が施されたシトロエンブランドのクロスオーバー「C5エアクロスSUV」を発売した。

 
フロントまわりが新デザインに 「シトロエンC5エアクロスSUV」のマイナーチェンジモデル発売の画像拡大
 
フロントまわりが新デザインに 「シトロエンC5エアクロスSUV」のマイナーチェンジモデル発売の画像拡大
 
フロントまわりが新デザインに 「シトロエンC5エアクロスSUV」のマイナーチェンジモデル発売の画像拡大
 
フロントまわりが新デザインに 「シトロエンC5エアクロスSUV」のマイナーチェンジモデル発売の画像拡大
 
フロントまわりが新デザインに 「シトロエンC5エアクロスSUV」のマイナーチェンジモデル発売の画像拡大
 
フロントまわりが新デザインに 「シトロエンC5エアクロスSUV」のマイナーチェンジモデル発売の画像拡大

今回の主な変更点はエクステリア。個性的だったフロントまわりを中心にデザインを改め「さらに精悍(せいかん)なSUVスタイル」を実現したとアピールされる。

フロントフェイスは、より直線的なデザインに。端が左右のヘッドランプまで伸びていた中央のエンブレム(ダブルシェブロン)は独立・単体の意匠となり、その左右には縦型クロームのドットを配置。ヘッドライト内部には上下に広がるデイタイムランニングライトが組み込まれた。フロントバンパー下部のスキッドプレート風デコレーションや、アクセントカラーで縁取ったエアスクープも特徴となっている。

リアまわりはコンビランプのデザインを一新。片側あたり4つのリングを内蔵していたLEDライトは、凹凸のある立体感を強調した形状のものに変更された。ダイヤモンドカットを施した新デザインの18インチホイールも、最新型ならではの装備だ。

一方インテリアは、快適な座り心地がうたわれる「アドバンストコンフォートシート」を全席に採用。後席は従来と同様、前後スライド機構とリクライニング機構を持つ3座独立シートとなる。

上級グレードの「プラグインハイブリッド」と「シャイン パック」のシートは、ダークブルーのナッパレザーと黒のパーフォレーテッドレザー(座面および背もたれ中央部分)のコンビネーション。「シャイン」のものは背もたれ中央部分がアルカンターラで、サイドにはテップレザーがあしらわれる。いずれのシートにも、ダブルシェブロンをモチーフとしたブルーのステッチが施されている。ブラックダッシュボードおよびドアアームレストのブルーステッチも全車共通の仕立てだ。

またコンパクトなシフトセレクターとドライブモードセレクターの採用により、センターコンソールの小物収納スペースは拡大。利便性のアップもセリングポイントとなっている。

そのほか、快適な乗り心地を実現するという「プログレッシブハイドローリッククッション(PHC)」や、先進運転支援システム(アクティブクルーズコントロール、レーンポジショニングアシスト、トラフィックジャムアシス)は全車に搭載される。

最新型C5エアクロスSUVのラインナップと価格は以下のとおり。

  • シャイン(1.6リッターガソリンエンジン):487万9000円
  • シャインBlueHDi(2リッターディーゼルエンジン):509万4000円
  • シャイン パックBlueHDi(2リッターディーゼルエンジン):552万5000円
  • プラグインハイブリッド(1.6リッターガソリンエンジン+モーター):637万6000円

(webCG)

関連キーワード:
C5エアクロスSUV, シトロエン, 自動車ニュース