こだわりのドレスアップでアピール 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン スタイルエディション」登場

2022.11.02 自動車ニュース webCG 編集部
ポルシェ718ボクスター スタイルエディション
ポルシェ718ボクスター スタイルエディション拡大

ポルシェジャパンは2022年11月2日、「718ボクスター」「718ケイマン」の特別仕様車「スタイルエディション」を発表。同日、予約注文の受け付けを開始した。

718ケイマン スタイルエディション
718ケイマン スタイルエディション拡大
リアエンドにはブラックのスポーツテールパイプが装着される。
リアエンドにはブラックのスポーツテールパイプが装着される。拡大
ホワイトハイグロス仕上げのアルミホイール。サイズは20インチ。
ホワイトハイグロス仕上げのアルミホイール。サイズは20インチ。拡大
「718ボクスター スタイルエディション」は、ほろに「Boxster」のエンボスロゴが添えられる。
「718ボクスター スタイルエディション」は、ほろに「Boxster」のエンボスロゴが添えられる。拡大
ホワイトで塗られたリアのロゴマーク。写真は「718ボクスター スタイルエディション」のもの。
ホワイトで塗られたリアのロゴマーク。写真は「718ボクスター スタイルエディション」のもの。拡大
「718ボクスター スタイルエディション」のインテリア。
「718ボクスター スタイルエディション」のインテリア。拡大
 
こだわりのドレスアップでアピール 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン スタイルエディション」登場の画像拡大

「718ボクスター スタイルエディション」および「718ケイマン スタイルエディション」は、718ボクスター/718ケイマンシリーズのエントリーモデルをベースとする特別仕様車。それぞれ6段MT仕様と7段AT(PDK)仕様が設定される。

ボディーカラーには、往年の964型「911カレラRS」に採用されていた色を現代的に解釈したという「ルビースターネオ」を設定。エクステリアはさらに、ポルシェカラークレストをあしらった20インチ718スパイダーホイールや、ブラックのスポーツテールパイプ、ハイグロスシルバーの「PORSCHE」ロゴ(リア)などでドレスアップされる。

このうち718ボクスター スタイルエディションは、ソフトトップのサイドウィンドウ付近に「Boxster」のエンボスロゴが施される。

スタイルエディションには、ブラックまたはホワイトが選べるセットオプション「コントラストパッケージ」も採用されている。具体的には、フロントラゲッジコンパートメントリッド上のデコレーティブストライプ、サイドの「PORSCHE」デコレーティブロゴ、ホイールのブラック&ホワイトハイグロス塗装仕上げ、リアのモデルロゴなどが含まれる。

インテリアについては、ブラックのレザーパッケージ(チョークのコントラストステッチ付き)、ステンレスのイルミネーテッドドアエントリーガード、ポルシェクレストヘッドレストが標準で備わる。

そのほかの特徴的な装備は以下のとおり。

  • LEDデイタイムランニングライト付きバイキセノンヘッドライト
  • クルーズコントロール
  • ヒーター付きスムースレザーマルチファンクションステアリングホイール
  • シートヒーター
  • 2ゾーンオートクライメートコントロール
  • フロアマット(クレヨンのコントラストステッチ付き)
  • ブラックのレザートリム(クレヨンのコントラストステッチング付き)
  • パワーステアリングプラス

ラインナップと価格は以下のとおり。いずれもハンドル位置は左右(同価格)が選べる。

  • 718ボクスター スタイルエディション(6段MT):910万円
  • 718ボクスター スタイルエディション(7段AT):910万円
  • 718ケイマン スタイルエディション(6段MT):871万円
  • 718ケイマン スタイルエディション(7段AT):871万円

(webCG)

関連キーワード:
718ボクスター, 718ケイマン, ポルシェ, 自動車ニュース