三菱が「エクリプス クロス」を一部改良 特別仕様車「ブラックエディション」も設定

2022.11.10 自動車ニュース webCG 編集部
三菱エクリプス クロス ブラックエディション
三菱エクリプス クロス ブラックエディション拡大

三菱自動車は2022年11月10日、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」を一部改良し、販売を開始した。

特別仕様車の「ブラックエディション」は、プラグインハイブリッドモデルとガソリンモデルの両方に設定される。
特別仕様車の「ブラックエディション」は、プラグインハイブリッドモデルとガソリンモデルの両方に設定される。拡大
特別仕様車「ブラックエディション」のリアビュー。スキッドプレート(フロント/リア)やサイドドアガーニッシュ、ドアミラーがブラックで仕上げられている。
特別仕様車「ブラックエディション」のリアビュー。スキッドプレート(フロント/リア)やサイドドアガーニッシュ、ドアミラーがブラックで仕上げられている。拡大
メーターベゼルとセンターパネルガーニッシュがブラックでコーディネートされた「エクリプス クロス」の特別仕様車「ブラックエディション」。
メーターベゼルとセンターパネルガーニッシュがブラックでコーディネートされた「エクリプス クロス」の特別仕様車「ブラックエディション」。拡大
特別仕様車「ブラックエディション」のキャビン。シートやドアアームレスト、ディンプル付き本革巻きステアリングホイールにグレー系のステッチが入る。
特別仕様車「ブラックエディション」のキャビン。シートやドアアームレスト、ディンプル付き本革巻きステアリングホイールにグレー系のステッチが入る。拡大

今回は装備やグレード展開の見直しを図ったほか、内外装にブラックのアクセントカラーを配した特別仕様車「ブラックエディション」(2023年2月16日発売)を設定している。

特別仕様車のブラックエディションは、プラグインハイブリッド(PHEV)モデルとガソリンモデルに設定。また、これまでガソリンモデルにのみラインナップされていた「Gリミテッドエディション」をPHEVモデルにも用意し、PHEVモデルとガソリンモデルのグレードが、いずれも「M」「G」「P」、特別仕様車のブラックエディション、同Gリミテッドエディションに統一された。

装備の変更については、ハンズフリー・停止位置メモリー機能付きエレクトリックテールゲートと後席のシートヒーターがG、P、ブラックエディションに標準で装備され、後席用USB充電ポートがガソリンモデルのMグレードを除く全車に備わった。

さらに、これまでPHEVモデルのみに設定されていた高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」をガソリンモデルにも拡大。G、P、Gリミテッドエディション、ブラックエディションで標準装備となった。

特別仕様車ブラックエディションは、上級グレードPをベースにブラックをアクセントとした内外装が特徴。エクステリアでは、スキッドプレート(フロント/リア)やサイドドアガーニッシュ、ドアミラーがブラックで統一され、専用ブラック塗装のアルミホイールが備わる。

インテリアでは、メーターベゼルとセンターパネルガーニッシュがブラックに、ドアグリップとインストゥルメントパネルオーナメントがダークシルバーになり、シートやドアアームレスト、ディンプル付き本革巻きステアリングホイールにグレー系のステッチが用いられている。

三菱エクリプス クロスのラインナップと価格は以下のとおり。
【プラグインハイブリッドモデル】

  • M:386万3200円(4WD)
  • Gリミテッドエディション:407万8800円(4WD)
  • G:433万7300円(4WD)
  • ブラックエディション:465万0800円(4WD)
  • P:465万0800円(4WD)

 
【ガソリンモデル】

  • M:254万2100円(FWD)/276万2100円(4WD)
  • Gリミテッドエディション:278万3000円(FWD)/300万3000円(4WD)
  • G:304万1500円(FWD)/326万1500円(4WD)
  • ブラックエディション:330万円(FWD)/352万円(4WD)
  • P:330万円(FWD)/352万円(4WD)

(webCG)

関連キーワード:
エクリプス クロス, 三菱, 自動車ニュース