ホンダが新型「アコード」を発表 新世代のミッドサイズセダンを目指す

2022.11.11 自動車ニュース webCG 編集部
新型ホンダ・アコード(北米向けモデル)
新型ホンダ・アコード(北米向けモデル)拡大

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2022年11月10日(現地時間)、2023年の年初に発売予定の新型「アコード」を発表した。

 
ホンダが新型「アコード」を発表 新世代のミッドサイズセダンを目指すの画像拡大
 
ホンダが新型「アコード」を発表 新世代のミッドサイズセダンを目指すの画像拡大
 
ホンダが新型「アコード」を発表 新世代のミッドサイズセダンを目指すの画像拡大
 
ホンダが新型「アコード」を発表 新世代のミッドサイズセダンを目指すの画像拡大

今回発表されたのは北米向けのホンダ・アコード。当地では11代目となる新型は、より進化した2モーター式ハイブリッドに加えて、最新のコネクティビティーと安全運転支援技術を搭載。新世代のミッドサイズセダンとして開発されている。


エクステリアでは長くすっきりとしたボディーラインとシャープなグリル、ブラックアウト化したLEDヘッドライトが主張。全長に対して後ろ寄りにレイアウトされたキャビンと前傾したリアピラーによって伸びやかで動きのあるシルエットを表現している。従来モデルよりも全長が約70mm、リアトレッドが約10mm拡大した。

スポーティーでモダンな空間を目指したというインテリアは、乗員空間の広さでクラストップレベルをうたう。開放的なキャビンとノイズの少ない優れた前方視界を実現しているという。メーターパネルは独自の表示機能を備えた10.2インチの液晶表示式。ハイブリッド車にはホンダ史上最大の12.3インチタッチスクリーンを採用し、最上級モデルには最新のアプリやサービスを搭載した「Google Built-in(グーグルビルトイン)」をホンダ車として初採用している。

パワートレインは2リッターの2モーター式ハイブリッドと1.5リッターターボエンジンの二本立て。前者には新しい直噴エンジンを採用し、よりパワフルな走りを実現。好みの設定が可能な「インディビジュアル」モードも選べるようにした。1.5リッターターボ車はCVTの騒音と振動を低減するとともに、CVTの制御をリファインしている。

先進運転支援システム「ホンダセンシング」は視野角90度のカメラと視野角120度の広角レーダーを採用することで性能を向上。歩行者や車両などの認識能力に加えて、白線や縁石などの道路境界線や道路標識の認識能力もアップ。アコードとしては初めて渋滞運転支援機能「トラフィックジャムアシスト」も搭載した。

新型アコードは北米だけでなく、日本を含めたグローバルでの販売が予定されている。装備や仕様は各地域で異なるため、今後の各地域での詳細発表にご期待くださいとのこと。

(webCG)

関連キーワード:
アコード, ホンダ, 自動車ニュース