新生「A110」史上最速モデル! 「アルピーヌA110 R」の受注始まる

2022.11.30 自動車ニュース webCG 編集部
アルピーヌA110 R
アルピーヌA110 R拡大

アルピーヌ・ジャポンは2022年11月30日、ミドシップスポーツカー「A110」のハイパフォーマンスバージョン「A110 R」の受注を同年12月1日に開始すると発表した。

 
新生「A110」史上最速モデル! 「アルピーヌA110 R」の受注始まるの画像拡大
 
新生「A110」史上最速モデル! 「アルピーヌA110 R」の受注始まるの画像拡大
 
新生「A110」史上最速モデル! 「アルピーヌA110 R」の受注始まるの画像拡大
 
新生「A110」史上最速モデル! 「アルピーヌA110 R」の受注始まるの画像拡大
 
新生「A110」史上最速モデル! 「アルピーヌA110 R」の受注始まるの画像拡大

アルピーヌA110 RはF1をはじめとするモータースポーツで得たノウハウを最大限に取り入れ、走行性能をさらに高めたとうたわれるハイパフォーマンスモデルだ。

スワンネックタイプのリアスポイラーマウントやサイドスカート、エアインテーク付きカーボンボンネットの採用などによってエアロダイナミクス性能を追求し、最高速はシリーズ最速の285km/hに到達。

「A110 S」から車高を10mm落としてロール剛性を高めたシャシーには、車高と減衰力が調整可能なダンパーを装備。車高をさらに10mm低められるほか、負荷の大きい前輪用のブレーキクーリングダクトも搭載する。

カーボンはボンネットだけでなく、ルーフやリアフード、ホイールにも採用し、6点式固定レーシングハーネス付きのサベルト製フルカーボンモノコックバケットシートも装備。車両重量は1090kgと公表されている。

パワートレインは最高出力300PS/6300rpm、最大トルク340N・m/2400rpmの1.8リッター4気筒ターボエンジンと7段のデュアルクラッチ式ATの組み合わせ。ローンチコントロール使用時の0-100km/h加速のタイムは3.9秒だ。

A110 Rには受注生産プログラムが適用され、アルピーヌF1チームの「A522」と同じ「ブルーレーシングマット」をはじめとした全27色のボディーカラーと全5色のブレーキキャリパー、ステアリング位置の左右を自由に組み合わすことができる。

価格は1500万円。「A110」「A110 GT」「A110 S」と同様にカタログモデルとして取り扱われるが、生産台数が限られる都合で、日本導入台数に応じて期間限定で購入申し込みを受け付けるという。初回の今回は12月1日の11時から11日の23時59分まで購入申し込みを受け付け、申込件数が販売台数を超えた場合は抽選となる。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース