「GRカローラRZ」の抽選申し込み受け付けスタート まずは500台の限定販売

2022.12.02 自動車ニュース webCG 編集部
GRカローラRZ
GRカローラRZ拡大

トヨタ自動車は2022年12月2日、「GRカローラRZ」および「GRカローラRZ "MORIZO Edition(モリゾウエディション)”」の抽選申し込み受け付けを開始した。前者は12月19日までの、後者は12月18日までの受け付けで、発売は2023年年初の予定。

 
「GRカローラRZ」の抽選申し込み受け付けスタート まずは500台の限定販売の画像拡大
 
「GRカローラRZ」の抽選申し込み受け付けスタート まずは500台の限定販売の画像拡大
 
「GRカローラRZ」の抽選申し込み受け付けスタート まずは500台の限定販売の画像拡大
 
「GRカローラRZ」の抽選申し込み受け付けスタート まずは500台の限定販売の画像拡大
 
「GRカローラRZ」の抽選申し込み受け付けスタート まずは500台の限定販売の画像拡大

2022年6月1日に世界初公開されたGRカローラRZは、レースで勝つために鍛えたクルマを市販化するという「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」の考えのもと、TOYOTA GAZOO Racingが開発したスポーツハッチバックだ。「GRヤリス」に搭載した1.6リッター3気筒の「G16E-GTS」エンジンを最高出力304PS/6500rpmに強化して搭載(370N・mの最大トルクは同じ)。スポーツ4WDシステム「GR-FOUR」もGRヤリス譲りながら、「水素エンジンカローラ」の開発を通じたノウハウによってGRカローラRZに最適化されている。ボディーのベースは「カローラ スポーツ」。ロングホイールベースによる操縦安定性を生かしつつ、ワイドトレッド化によって旋回性能も追求した。

GRカローラRZがカローラ スポーツの利便性をそのままにしているのに対し、 "モリゾウエディション”では潔くリアシートを取り去って2シーターに。これをはじめとする軽量化に加えて、エンジンの最大トルクを400N・mに強化し、6段MTのギア比も最適化。モノチューブアブソーバーやハイパフォーマンスタイヤも採用している。こちらはモリゾウことトヨタの豊田章男社長が自ら試作車のハンドルを握り、「お客さまを魅了する野生味」を追求してつくり込んだとされるモデルだ。

GRカローラRZは525万円の500台限定、GRカローラRZ "モリゾウエディション”は715万円の70台限定で、いずれも抽選販売となる。発表の当初は一般販売とされていたGRカローラRZだが、新型コロナウイルスの感染拡大や半導体不足の影響により、まずは台数限定の抽選販売になったとのこと。今後は生産状況を見ながら追加販売を検討していくという。

(webCG)

関連キーワード:
カローラ, GRカローラ, トヨタ, 自動車ニュース