クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

日本仕様車はどうなる!? 新型「スバル・インプレッサ」を勝手に大予想

2022.12.05 デイリーコラム マリオ高野

乗り味には期待できる

2022年11月17日(現地時間)にアメリカ国内で公開された、北米仕様の新型「スバル・インプレッサ」。現行型と同じく、先行して発売された新型「スバルXV」こと「クロストレック」の兄弟車ということで、内外装の基本デザインは多くの点が共通。ボディーサイズの拡幅は最小限にとどまった。クロストレックと比較した場合、予想どおりフロントまわりのデザインはスッキリしたものになり、前後フェンダーにはアーチ状モールもなく、車高が下がったスタイルとなっている。

現行型の5ドアボディーは、明らかにSUV化に軸足を置いたデザインに見えたが、新型は予想したよりもクロスオーバー車ありきのデザインという風に見えないのはよかった。この点において、実用ハッチバック車とSUVの両立がよりうまくできた基本デザインだと思える。

最近のスバル車でよく指摘されるヘッドランプなどの灯火類の質感についても、クロストレック同様、上級グレードはランプにこだわる層も納得の仕上がりだ。ただ、やはりクロストレック同様、標準グレード以下ではフルLEDにならないと予想されるので、その点がどう評価されるだろうか。

最も期待したいのは、動的な質感を含めた運転フィール。操縦性や乗り心地などにかかわる車体とサスペンションについては、先に出たクロストレックの評価は極めて高い。フルインナーフレーム構造がもたらすボディー剛性の高さや、2ピニオン電動パワーステアリングの採用による甘美なステアリングフィールなど、「レヴォーグ」や「レガシィ アウトバック」、クロストレックで実績のあったものを生かしながら、車重はより軽くなり、タイヤの銘柄とサイズもより上質感の得やすいものへと変わる。乗り味の良さは競合車を上回る大きな魅力になるはずだ。

ロサンゼルスモーターショー2022において世界初公開された、北米仕様の新型「スバル・インプレッサ」。
ロサンゼルスモーターショー2022において世界初公開された、北米仕様の新型「スバル・インプレッサ」。拡大
グリルは伝統の六角形デザイン(ヘキサゴングリル)。その内側におなじみのエンブレムが添えられる。
グリルは伝統の六角形デザイン(ヘキサゴングリル)。その内側におなじみのエンブレムが添えられる。拡大
北米仕様車のボディーサイズは、全長×全幅×全高=176.2×70.1×58.3インチ。ミリメートル換算だと約4475×1780×1480mmになる。ホイールベースは105.1インチ(約2670mm)。
北米仕様車のボディーサイズは、全長×全幅×全高=176.2×70.1×58.3インチ。ミリメートル換算だと約4475×1780×1480mmになる。ホイールベースは105.1インチ(約2670mm)。拡大
プロテクターやアーチモールこそ付かないものの、新型「インプレッサ」のデザインは多くの点で新型「クロストレック」に共通している。
プロテクターやアーチモールこそ付かないものの、新型「インプレッサ」のデザインは多くの点で新型「クロストレック」に共通している。拡大
スバル インプレッサ の中古車

パワートレインは別になる?

気になるのはパワートレイン。北米仕様では、自然吸気の純ガソリン2.5リッターを搭載する「RS」というスポーツグレードを設定した。アメリカの「WRX」は昔から2.5リッターを積んでいたので、北米市場ではスポーツグレードと認識されやすいのだろう。エンジンルームの景観からして従来のFB25型の強化版と推察でき、最高出力は若干向上しているが、スポーツユニットと呼べるものではない。すべての水平対向エンジンをピュアスポーツユニットに変える効力のあるMTの設定があれば別だが、現状で公開されているとおり、北米市場向けからもMTがなくなるのならとても残念だ。セダンボディーの存在も、今のところ示唆さえされていない。

標準グレードも純ガソリンの自然吸気2リッターということで、日本仕様のクロストレックのような「e-BOXER」が搭載される気配はない。このご時世で環境性能に振ったモデルが皆無になるとは思えないので、今後の情報公開の拡大に注目したいが、いずれにせよ、今回公開された北米仕様の新型インプレッサのパワートレインがそのまま日本国内に導入されるのかどうかは不明。これまでの日米仕様の差異から考えると違うものになると予想できるが、北米仕様でも発売は2023年の春ということなので、判明するのはまだ先になりそうだ。

普通に考えると、今回公開された2.5リッターエンジンを日本仕様にも搭載することは考えにくい。しかし、かつてスバルは世界的なエンジンのダウンサイジング化が進んだ時代に、5代目「レガシィ」の前期型でまさかの排気量拡大ユニットを搭載した実績もあるので、予断を許さないといえる。

北米仕様車の場合、エンジンは最高出力152HPの2リッター水平対向4気筒と、同182HPの水平対向4気筒という2本立てになっている。
北米仕様車の場合、エンジンは最高出力152HPの2リッター水平対向4気筒と、同182HPの水平対向4気筒という2本立てになっている。拡大
新型のパワートレインについてスバルは「アクティブトルクスプリットAWDの制御を刷新し、応答性、ハンドリング、コーナリング性能を改善した」とアピールしている。
新型のパワートレインについてスバルは「アクティブトルクスプリットAWDの制御を刷新し、応答性、ハンドリング、コーナリング性能を改善した」とアピールしている。拡大
先行して国内デビューした「クロストレック」のパワーユニットは、2リッターの水平対向4気筒エンジンをベースとするマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」。新型「インプレッサ」も(少なくとも2リッターは)同じ仕様になると考えるのが自然だが、果たして……?
先行して国内デビューした「クロストレック」のパワーユニットは、2リッターの水平対向4気筒エンジンをベースとするマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」。新型「インプレッサ」も(少なくとも2リッターは)同じ仕様になると考えるのが自然だが、果たして……?拡大

エントリーモデルで“新しさ”はみられるか

内装の11.6インチ大型ディスプレイや運転支援システムについても、おおむねクロストレックと共通になることが予想できる。日本仕様でもクロストレック同様、標準グレード以下は大型ディスプレイがオプション化され、低価格化を図るものと推察。「仙骨を押さえる」で注目された、医学的知見を取り入れた新しいフロントシートは国内の標準グレードでも採用されるのかどうか、注目したい。

運転支援システム「アイサイト」についても、おおむねクロストレックに準じたものになるのだろう。単眼カメラを追加し視野角を従来型の約2倍に拡大。画像認識ソフトや制御ソフトを改良した最新世代だ。現状ではハンズフリーなどの機能は上級車種向けの「アイサイトX」に限られており、おそらく今後も国内アイサイトは2系統で展開すると予想される。

繰り返しになるが、北米仕様も日本仕様も、パワートレインの全容が気になるところ。国内向けには1.6リッターは廃止されるので、これに変わる低価格グレードはどうなるのか。インプレッサはスバルのエントリーモデルだけに、ボトムレンジの仕様でどこまで新しさをみせてくれるのかに期待したい。

ちなみに、現行型のインプレッサは2022年12月11日までオーダーできる。セダンの「G4」と1.6リッター車が新車で買える最後のチャンスは、残りわずかしかない。

(文=マリオ高野/写真=スバル/編集=関 顕也)

一部のグレードは、STARLINK対応の11.6インチマルチインフォメーションディスプレイを装備。スマートフォンアプリを使っての、リモートロック/アンロック、リモートクラクション・ライト、リモート車両位置確認などの機能が利用できる。
一部のグレードは、STARLINK対応の11.6インチマルチインフォメーションディスプレイを装備。スマートフォンアプリを使っての、リモートロック/アンロック、リモートクラクション・ライト、リモート車両位置確認などの機能が利用できる。拡大
安全装備については、電動ブレーキブースターを使ったプリクラッシュブレーキにより自転車の急な飛び出しなどへの応答性が向上。クルーズコントロール使用時の、急な先行車の割り込みなどに対する減速も素早くなっているという。
安全装備については、電動ブレーキブースターを使ったプリクラッシュブレーキにより自転車の急な飛び出しなどへの応答性が向上。クルーズコントロール使用時の、急な先行車の割り込みなどに対する減速も素早くなっているという。拡大
今のところ、ハッチバック車のみ存在が明らかになっている新型「インプレッサ」。2023年春以降、北米市場に導入された後、世界各国の市場で順次展開される見通しとなっている。
今のところ、ハッチバック車のみ存在が明らかになっている新型「インプレッサ」。2023年春以降、北米市場に導入された後、世界各国の市場で順次展開される見通しとなっている。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スバル インプレッサ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。