クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディQ4 40 e-tron Sライン(RWD)【試乗記】

期待を裏切らない 2022.12.19 試乗記 生方 聡 2026年以降に投入する新型車を、すべて電気自動車(EV)にすると発表しているアウディ。コンパクトSUVセグメントに導入する初のEV「Q4 e-tron」の成否は、そうした脱化石燃料やEV市場におけるアウディの未来を占う試金石にもなりそうだ。注目のその仕上がりやいかに。

e-tronが今後の主役に

近所にあるアウディ店の前を通ったら、EVの充電器が新型に変わっていた。以前は普通充電器だったが、今度のものは「アウディ ウルトラチャージャー」といわれる最新モデル。白と青のLEDが派手に輝くこの急速充電器は、単独で150kW、2台同時に充電した場合でも90kWの出力を発生する“超”急速充電器である。

2026年以降に投入する新型車はすべてEVとし、プレミアムEVのナンバーワンブランドを目指すアウディ ジャパンでは、EV第1弾の「e-tron/e-tronスポーツバック」、第2弾の「e-tron GT/RS e-tron GT」を日本に導入し、さらに2022年秋にはコンパクトEVの「Q4 e-tron」を発売した。

これにあわせて、90kW以上の急速充電器を自前で用意するほか、ポルシェやフォルクスワーゲンと組んでPCA(プレミアムチャージングアライアンス)と呼ばれる超急速充電ネットワークを構築するなど、今後販売の主役になるe-tronにかけるアウディ ジャパンの意気込みがビシビシと伝わってくる。

そんなアウディ ジャパンにとって、より幅広い層にアプローチできるQ4 e-tronが最重要モデルであることは確か。しかも、2022年1月に日本で発表してから、積極的なプロモーションを重ねてきた結果、2022年11月の時点で受注数は2000台を超え、2023年の販売分はほぼ売り切れ。場合によっては2024年の納車になるかもしれないという人気ぶりである。

2022年1月に国内導入が発表されたアウディの電動SUV「Q4 e-tron」。アウディがコンパクトSUVセグメントに導入する初のEVで、幅広い層にアプローチする最重要モデルに位置づけられている。
2022年1月に国内導入が発表されたアウディの電動SUV「Q4 e-tron」。アウディがコンパクトSUVセグメントに導入する初のEVで、幅広い層にアプローチする最重要モデルに位置づけられている。拡大
「Q4 e-tron」にはスタンダードなSUVスタイルの「Q4 40 e-tron」と、SUVクーペタイプの「Q4スポーツバック40 e-tron」の2モデルがラインナップしている。今回は前者のスポーティーグレード「Sライン」に試乗した。
「Q4 e-tron」にはスタンダードなSUVスタイルの「Q4 40 e-tron」と、SUVクーペタイプの「Q4スポーツバック40 e-tron」の2モデルがラインナップしている。今回は前者のスポーティーグレード「Sライン」に試乗した。拡大
充電用ポートは右リアフェンダーに備わっている。アウディは、ポルシェやフォルクスワーゲンと組んでPCA(プレミアムチャージングアライアンス)と呼ばれる自前の超急速充電ネットワークを構築中だ。
充電用ポートは右リアフェンダーに備わっている。アウディは、ポルシェやフォルクスワーゲンと組んでPCA(プレミアムチャージングアライアンス)と呼ばれる自前の超急速充電ネットワークを構築中だ。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4590×1865×1630mm、ホイールベースは2765mm。総容量82kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載するため、車重は2100kgにおよぶ。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4590×1865×1630mm、ホイールベースは2765mm。総容量82kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載するため、車重は2100kgにおよぶ。拡大
アウディ の中古車

2つのボディータイプを用意

Q4 e-tronは、フォルクスワーゲン グループが開発するMEB(モジュラーエレクトリフィケーションプラットフォーム)を採用するコンパクトEVであり、SUVタイプのQ4 e-tronとSUVクーペタイプの「Q4スポーツバックe-tron」が用意されている。

日本には、最高出力204PS、最大トルク310N・mの電気モーターをリアアクスルに搭載する「40 e-tron」を導入。アウディというと4WDの「クワトロ」が代名詞で、4WD以外はFWDばかりとなる現在のラインナップにおいて、RWDを採用するこのQ4 40 e-tronは極めてまれな存在といえる。

Q4 e-tronのボディーサイズは、全長4590mmと全幅1865mmは2つのタイプで共通。一方、全高はQ4 e-tronの1630mm(「Sライン」は1615mm)に対し、Q4 スポーツバック e-tronでは15mm低い1615mm(同1600mm)となる。総容量82kWhのバッテリーを前後アクスル間の床下に搭載し、WLTCモードでの航続距離はともに576km。このクラスとしてはトップレベルの長さを誇っている。

今回試乗したのは、SUVスタイルのQ4 40 e-tronのなかでも、スポーティーな内外装が自慢のQ4 40 e-tron Sライン。「ミトスブラック」のカラーでキリリと引き締まって見えるボディーと、ギラギラと光り輝くシングルフレームグリルのコントラストが強い存在感を放つ。フロントマスクの印象の強さは、アウディのなかでもナンバーワンではないだろうか。

「Q4 e-tron」のボディーカラーは8万円の有償色となる写真の「ミトスブラックM」を含め、ボディースタイルにかかわらず全8色から選択できる。
「Q4 e-tron」のボディーカラーは8万円の有償色となる写真の「ミトスブラックM」を含め、ボディースタイルにかかわらず全8色から選択できる。拡大
「Q4 e-tron」のフロントフードを開けた様子。駆動用モーターはリアアクスルに搭載され、最高出力204PS、最大トルク310N・mを発生する。
「Q4 e-tron」のフロントフードを開けた様子。駆動用モーターはリアアクスルに搭載され、最高出力204PS、最大トルク310N・mを発生する。拡大
八角形の「シングルフレームグリル」は、アウディのSUVに共通する意匠。EVでは空気をフロントフード内に取り入れることが重要視されないため、格子模様のパネルに通風機能はない。
八角形の「シングルフレームグリル」は、アウディのSUVに共通する意匠。EVでは空気をフロントフード内に取り入れることが重要視されないため、格子模様のパネルに通風機能はない。拡大
今回試乗した「Q4 40 e-tron Sライン」には、グラファイトグレーの「5スポークYデザイン」20インチホイールが装着されていた。タイヤは「ブリヂストン・トランザECO」で、サイズは前235/50R20、後ろ255/45R20となる。
今回試乗した「Q4 40 e-tron Sライン」には、グラファイトグレーの「5スポークYデザイン」20インチホイールが装着されていた。タイヤは「ブリヂストン・トランザECO」で、サイズは前235/50R20、後ろ255/45R20となる。拡大

爽快な加速フィール

運転席に座るとアウディらしい、いつもの端正なデザインのコックピットが目の前に広がっている。「MMI」と呼ばれるインフォテインメントのディスプレイは見慣れたものだが、フローティングタイプのセンターコンソールや上下フラットなステアリングホイールなど、新しい試みにより、新鮮な印象を受ける。

その一方で、エアコンのコントロールパネルには物理スイッチを残し、操作性に配慮しているのがうれしいところで、デジタル化と使い勝手をうまくバランスさせているのも、このQ4 e-tronの魅力のひとつといえる。

前置きはこのくらいにして、標準設定のオートモードで走りだすことにする。いまどきのEVらしく、スタートボタンを押さなくても、ブレーキを踏んでシフトスイッチでDレンジやRレンジを選べば発進の準備は完了! ブレーキペダルをリリースすれば、Q4 e-tronはゆっくりとクリープを始める。

ここでアクセルペダルを浅めに踏むと、車重2tを超えるクルマは軽々と加速してみせた。EVだけにアクセルペダルの操作に対する反応は素早く、余裕あるトルクを発生するのが実に気持ちがいい。一方、アクセルペダルを思い切り踏み込んでもゾクゾクするような鋭さはないが、スムーズで伸びやかな加速により、街なかから高速道路まで、その動力性能に不満を覚えることはない。

上下がフラットになる特徴的なデザインのステアリングホイールが目を引く「Q4 e-tron」の運転席まわり。メーターパネルには10.25インチサイズの「アウディバーチャルコックピット」が採用されている。
上下がフラットになる特徴的なデザインのステアリングホイールが目を引く「Q4 e-tron」の運転席まわり。メーターパネルには10.25インチサイズの「アウディバーチャルコックピット」が採用されている。拡大
シフトセレクターまわりが浮かんでいるように見える「フローティングセンターコンソール」。下部にはUSBや12V電源のソケット、小物を置くスペースなどが配置されている。
シフトセレクターまわりが浮かんでいるように見える「フローティングセンターコンソール」。下部にはUSBや12V電源のソケット、小物を置くスペースなどが配置されている。拡大
どの部分を点灯させるかを、4通りから任意に選ぶことができる「デジタルデイタイムランニングライト」を搭載。周囲の環境を検知し、照射範囲や角度を自動調整する「マトリクスLEDヘッドランプ+ダイナミックターンインディケーター」が「アドバンスト」以上のグレードに標準で装備される。
どの部分を点灯させるかを、4通りから任意に選ぶことができる「デジタルデイタイムランニングライト」を搭載。周囲の環境を検知し、照射範囲や角度を自動調整する「マトリクスLEDヘッドランプ+ダイナミックターンインディケーター」が「アドバンスト」以上のグレードに標準で装備される。拡大
「デジタルデイタイムランニングライト」の設定は、ダッシュボード中央に置かれた「MMIタッチディスプレイ」を通じて簡単に行える。
「デジタルデイタイムランニングライト」の設定は、ダッシュボード中央に置かれた「MMIタッチディスプレイ」を通じて簡単に行える。拡大

バランスの良い乗り味

EVでは、走行中にアクセルペダルを緩めると回生ブレーキが働くが、Q4 e-tronはパドルを操作することで0〜3までの4段階で強さの調整が可能だ。さらに、シフトスイッチでBレンジを選べば、最大レベルの回生ブレーキが利用できる。Bレンジを選んだ場合でも、回生ブレーキは扱いやすく、それでいて急な減速でなければ運転中のブレーキはほぼこの回生ブレーキでカバーできてしまう。

ただし、アクセルペダルを完全にリリースしても車両は完全停止にはいたらないので、最後はブレーキペダルを踏む操作が必要になるが、それがQ4 e-tronの魅力を削(そ)ぐわけではない。

Q4 e-tronは乗り味もバランスが良い。Sラインということで専用スポーツサスペンションと20インチタイヤが採用されるが、乗り心地は多少硬めながらも十分に快適。しかも、SUVでありながら重心が低いEVだけに、SUVに顕著な走行中の揺れはよく抑えられており、コーナリング中の姿勢も安定している。後輪駆動を手に入れたQ4 e-tronは素直なハンドリングを見せ、その運転にはSUVを忘れさせる楽しさがあった。

例によって短時間の試乗イベントだったため、電費や充電能力のチェックはできなかったが、デザインも走りも実に高いレベルの仕上がりを見せるQ4 e-tron。これなら、実車を見ずに注文した人も、期待を裏切られることはないに違いない。

(文=生方 聡/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

今回の試乗車では11万円の有償オプションとなる「Sライン インテリアパッケージ」が選択されていた。同オプションではシート表皮がパーシャルレザー、ドアアームレストがアーティフィシャルレザー仕立てとなる。
今回の試乗車では11万円の有償オプションとなる「Sライン インテリアパッケージ」が選択されていた。同オプションではシート表皮がパーシャルレザー、ドアアームレストがアーティフィシャルレザー仕立てとなる。拡大
リアシートの座面から天井までの高さは984mmで、余裕ある居住空間になっていた。オプションの「Sライン インテリアパッケージ」を選択すると、背もたれに40:20:40の3分割可倒機構が組み込まれる。
リアシートの座面から天井までの高さは984mmで、余裕ある居住空間になっていた。オプションの「Sライン インテリアパッケージ」を選択すると、背もたれに40:20:40の3分割可倒機構が組み込まれる。拡大
後席使用時の荷室容量は520リッターで、背もたれを前方に倒せば最大1490リッターに拡大できる。荷室床面は2段階の調整式で、床面を上部にセットした場合(写真)は、床下に普通充電器を収納可能なスペースが生まれる。
後席使用時の荷室容量は520リッターで、背もたれを前方に倒せば最大1490リッターに拡大できる。荷室床面は2段階の調整式で、床面を上部にセットした場合(写真)は、床下に普通充電器を収納可能なスペースが生まれる。拡大
総容量82kWhのリチウムイオンバッテリーを前後アクスル間の床下に搭載。一充電あたりの航続可能距離は576km(WLTCモード)と発表されている。
総容量82kWhのリチウムイオンバッテリーを前後アクスル間の床下に搭載。一充電あたりの航続可能距離は576km(WLTCモード)と発表されている。拡大

テスト車のデータ

アウディQ4 40 e-tron Sライン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4590×1865×1630mm
ホイールベース:2765mm
車重:2100kg
駆動方式:RWD
モーター:交流同期電動機
最高出力:204PS(150kW)/--rpm
最大トルク:310N・m(31.6kgf・m)/--rpm
タイヤ:(前)235/50R20 100T/(後)255/45R20 101T(ブリヂストン・トランザECO)
交流電力量消費率:150Wh/km(WLTCモード)
一充電走行距離:576km(WLTCモード)
価格:689万円/テスト車=708万円
オプション装備:ボディーカラー<ミトスブラックM>(8万円)/Sライン インテリアパッケージ(11万円)

テスト車の年式:2022年型
テスト開始時の走行距離:2218km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
消費電力:--kWh
参考電力消費率:--km/kWh(車載電費計計測値)

アウディQ4 40 e-tron Sライン
アウディQ4 40 e-tron Sライン拡大
 
アウディQ4 40 e-tron Sライン(RWD)【試乗記】の画像拡大
生方 聡

生方 聡

モータージャーナリスト。1964年生まれ。大学卒業後、外資系IT企業に就職したが、クルマに携わる仕事に就く夢が諦めきれず、1992年から『CAR GRAPHIC』記者として、あたらしいキャリアをスタート。現在はフリーのライターとして試乗記やレースレポートなどを寄稿。愛車は「フォルクスワーゲンID.4」。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。