人気のカーシェアリングサービス「Anyca」をもっとおトクに! 3000円分のクーポンがもらえるキャンペーン実施中

2023.01.05 From Our Staff 関 顕也

2015年のサービス開始から50万人以上が登録・利用しているカーシェアリングサービス「Anyca」。使った人がみんな笑顔になっている、そのワケは?

“シェア派”のあなたに朗報

筆者はただいま、諸事情からクルマがない。自動車メディアの編集を生業(なりわい)にして妻子もいる身となれば、なかなかツラいものがある。

だからといって、車両をポンと買うにも、近所に駐車場の空きがない。ああ! 都合のいいときだけ気軽にクルマを使えたらなぁ。でも、面白みのない(失礼!)レンタカーのクルマはイヤだなぁ。かなうなら、乗ってワクワクできる車種がいいな……。

そんな都合のよすぎるニーズに応えてくれるのが、「Anyca」のカーシェアリングサービスだ。

持ってはいるけど、乗ってはいない。そんなクルマの「空き時間」に利用料を払って所有車をシェアさせてもらうというのがカーシェアリングの基本だが、ここで大事なのは、カーシェアするクルマの選択肢とロケーション。その点Anycaは、全国の会員数が累計50万人以上、登録車は1000車種以上と圧倒的なスペックを誇る。

実際に、希望のクルマに乗れるのか? 筆者が最近気になっている、“タフなデザインの3列シートSUV”「ホンダ・クロスロード」をAnycaで検索してみたところ、(とっくに絶版なのに)登録車は全国に5台あって、うち3台が自宅から近いところで受け渡し可能になっていた!

より一般的なミニバンになると、その数は何倍も多くなる。いや、待って! この際、多人数車にこだわらないでポルシェやBMW、ジャガーの4人乗りスポーツカーにチャイルドシートを付けて出かけるのはどうか? 結果については読者の皆さまにもAnyca内で検索・確認いただきたいのだが、そんな思いつきにも確かにAnycaは応えてくれるし、「懐かしの『ロードスター』や『ビート』を駆って、ひとりで走りに行きたい」なんて夢も、このシェアリングサービスはかなえてくれる。

夢中になって登録車を検索していて気がつくのは、完全スマホ対応のインターフェイスがとても使いやすいということだ。シェアの手続きからオーナーとのやり取りまで簡単に行えるのも、Anycaが支持される理由のひとつなのだろう。

そして、肝心のコスト。Anycaのカーシェア料金はクルマごとに車両の提供者が設定する仕組みで、その多くは「24時間あたり5000~9000円」というリーズナブルな価格帯におさまっているのだけれど、2日以上連続してシェアする際の「長期割」を設定するオーナーもいて、これまた「1日延長ごとに+500~1000円程度」と良心的なケースが目立つ。

そんなAnycaと提携して、webCGではいま、webCGプレミアムプランのクレジットカード会員を対象に、Anycaで使える3000円分のクーポンをプレゼントするキャンペーンを実施している。しかも、このクーポンは1度きりではなく「毎月1回」配布される。翌月も、その次の月も、3000円引きでカーシェアが利用できるようになるのだ。

Anyca経験者の方も、まだこれからの人も、おトクにカーシェアリングが楽しめる絶好のチャンス。自分も含めて、これを使わない手はないのでは!?

→3000円分のクーポンがもらえるキャンペーンはこちら
→カーシェアサービス「Anyca」の詳しい情報はこちら

(文=webCG 関 顕也/写真=Anyca、webCG)

かつて「ランチア・デルタHFインテグラーレ」(写真)という趣味性の高いイタリア車に乗っていた筆者。いまは所有車がないものの、クルマが必要なときはあるし、カーシェアするならやっぱり、“面白そうな車種”や“なかなか乗れないモデル”を運転してみたい。
かつて「ランチア・デルタHFインテグラーレ」(写真)という趣味性の高いイタリア車に乗っていた筆者。いまは所有車がないものの、クルマが必要なときはあるし、カーシェアするならやっぱり、“面白そうな車種”や“なかなか乗れないモデル”を運転してみたい。拡大
例えば、じわじわ人気の高まりつつある、でも新車では買えない絶版車「ホンダ・クロスロード」もAnycaのカーシェアなら気軽に運転できる。さまざまなメーカー・車型だけでなく、幅広い年代のモデルが選べるのは、クルマ好きにはたまらない。
例えば、じわじわ人気の高まりつつある、でも新車では買えない絶版車「ホンダ・クロスロード」もAnycaのカーシェアなら気軽に運転できる。さまざまなメーカー・車型だけでなく、幅広い年代のモデルが選べるのは、クルマ好きにはたまらない。拡大
レンタカーは、めったにないか、あっても高額。あまり身近とはいえない高級スポーツカーもAnycaにはたっぷりそろっている。ちなみに、人気の「ポルシェ911」の登録台数は筆者のチェック時で24台。1日の利用料は1万円台から6万円前後までだった。
レンタカーは、めったにないか、あっても高額。あまり身近とはいえない高級スポーツカーもAnycaにはたっぷりそろっている。ちなみに、人気の「ポルシェ911」の登録台数は筆者のチェック時で24台。1日の利用料は1万円台から6万円前後までだった。拡大
写真の「アウディR8」は、アウディのディーラーが扱う車両。Anycaでは個人のほかに法人提供のクルマもラインナップされている。
写真の「アウディR8」は、アウディのディーラーが扱う車両。Anycaでは個人のほかに法人提供のクルマもラインナップされている。拡大
webCGではいま、Anycaで使える3000円分のクーポンがもらえるキャンペーンを実施中。この機会にぜひご利用ください。
webCGではいま、Anycaで使える3000円分のクーポンがもらえるキャンペーンを実施中。この機会にぜひご利用ください。拡大