すべてボランティア

イベントには、たくさんのプログラムが用意された。毎回大人気のチャリティータクシーは、予約を取るために長蛇の列が。タクシーに使うのはすべて愛好家のみなさんがボランティアで持ち込んでくれたクルマ。「フェラーリ430スクーデリア」や「ブガッティB110」など憧れのクルマから、最新「ポルシェGT3」など、約10台が用意されました。また、『NAVI』加藤哲也編集長は、「マセラティ・グラントゥーリズモ」でチャリティタクシーのドライバーを引き受けてくれました。

大型トラックを2台並べたメインステージでは、はじめにフォークデュオのマルタケキッズのお二人が、雰囲気を和ませるメロディーを披露。続いてバンド6組が無償でステージを盛り上げ、初めてハンドベルを握る15人の子供たちの演奏や、夢をかなえた遼佑君の太鼓の演奏などで終始賑わっていました。

協賛の本田技研工業さんは、昨年レースに出場したF1マシーンを持ち込んでくれた上、コックピットに座って、記念撮影ができるという特典も。約100人もの子供たちがコックピットに座ったとか。

ポルシェ・ジャパンさんは、キッズぺダルカー教室を開催! 毎回定員一杯の延べ約70名の子供たちがスクールを受けました。
フォルクスワーゲン・ジャパンさんは、塗り絵やラジコンカーで遊べるコーナーを用意。

トライアルデモでは、プロライダー本田元治選手が、すばらしいパフォーマンスを披露! ご来場者からの拍手と歓声が印象的でした。

自転車コーナーでは、「チャレンジライド」と銘打ったキッズ自転車教室も行われ、マウンテンバイクの山口徳典選手や、なんと元F1ドライバーの片山右京さんも特別講師に。贅沢な内容でした。

屋内では、人気漫画家の西風さんと田中むねよしさんのコーナーが人気でした。

子供たちによるハンドベルの演奏。
子供たちによるハンドベルの演奏。 拡大
約100人の子供たちがコックピット体験しました。
約100人の子供たちがコックピット体験しました。 拡大
こちらは、ポルシェ・ジャパンが提供する「ポルシェ キッズドライビングスクール」。用意されたクルマは、911ペダルカーとベビーボクスター。
こちらは、ポルシェ・ジャパンが提供する「ポルシェ キッズドライビングスクール」。用意されたクルマは、911ペダルカーとベビーボクスター。 拡大
フォルクスワーゲンのキッズメニューは、ラジコンコーナーとぬり絵&お絵かきコーナー。
フォルクスワーゲンのキッズメニューは、ラジコンコーナーとぬり絵&お絵かきコーナー。 拡大
『NAVI』編集部

『NAVI』編集部

毎月26日発売のカーライフマガジン『NAVI』。日夜取材に追われる編集部員は、加藤編集長はじめツワモノぞろい。どこがツワモノかって?……このコーナーを読めばわかります。

あなたにおすすめの記事
新着記事