ポルシェ、「パナメーラ」発売に向けてオプションをスタンバイ

2009.08.07 自動車ニュース

ポルシェ、「パナメーラ」発売に向けてオプションをスタンバイ

独ポルシェAGは2009年8月6日、新型4シーター「パナメーラ」用に、メーカー装着のセットオプション「エクスクルーシブ」とディーラー装着オプション「テクイップメント」を提供すると発表した。

今年9月に「パナメーラ」の発売を控える、ポルシェ。今回、この期待のニューモデルにも、他ポルシェ車と同じく専用のオプション類を用意し、カスタマイズを希望する顧客のニーズに応えるとアナウンスした。

たとえば、ヨットの建造からヒントを得たという船舶用マホガニー材を使ったインテリアパッケージを提供。一方で、ギアセレクターレバーのデザインや、メーター類の文字盤の色といった、ユーザーの細かなオーダーにも応えられるようにするという。

2ドアのスポーツカーラインナップやSUVのカイエンで人気の高い“ヘッドレストのポルシェロゴ”は、パナメーラでもお約束のカスタマイズポイント。変わったところでは、ポルシェロゴ入りグラスとセットになった、容量10.5リッターの冷蔵庫もラインナップする。

同社では、パナメーラのカスタマイズカタログを9月までに用意。ニューモデルのローンチに備える。
なお、日本でのパナメーラの価格は、エントリーモデル「S」の1374.0万円から最上級「ターボ」の2061.0万円までとなっている。

(webCG 関)

「ポルシェ・パナメーラ ターボ」
「ポルシェ・パナメーラ ターボ」 拡大
「ポルシェ・リアシートエンターテイメント」を選んだパナメーラのインテリア。タッチパネル式のスクリーンで、最上級のAV機能が楽しめるという。
「ポルシェ・リアシートエンターテイメント」を選んだパナメーラのインテリア。タッチパネル式のスクリーンで、最上級のAV機能が楽しめるという。 拡大
こちらは、リアシートの間に組み込める冷蔵庫。内部は6度に保たれる。
こちらは、リアシートの間に組み込める冷蔵庫。内部は6度に保たれる。 拡大

関連キーワード:
パナメーラ, ポルシェ, カーナビ/オーディオ/パーツ, 自動車ニュース

ポルシェ パナメーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • 「フェラーリ488GTB」の後継モデル「F8トリブート」日本デビュー 2019.6.25 自動車ニュース フェラーリは2019年6月25日、東京都近代美術館において新型のV8ミドシップスポーツカー「F8 Tributo(トリブート)」を日本で初披露した。同モデルは「488GTB」の後継で、第89回ジュネーブモーターショーがワールドプレミアの会場となった。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+/AMG GT53 4MATIC+【試乗記】 2019.4.20 試乗記 メルセデスAMGが独自に開発した“4ドアのスポーツカー”「AMG GT 4ドアクーペ」。デザインから走行性能、快適性にまでこだわりぬいたという欲張りな高性能モデルに、サーキットで試乗した。
  • ジャガーXE 300スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.28 試乗記 ジャガーのDセグメントセダン「XE」に、300psの2リッターターボエンジンを搭載した「300スポーツ」が登場。雨天のテストドライブでリポーターが感じた“心残り”とは? 2019年モデルより追加された、新しいスポーツグレードの出来栄えを報告する。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
ホームへ戻る