黒に染まった「フォード・マスタング」限定販売

2009.04.16 自動車ニュース

黒に染まった「フォード・マスタング」限定販売

フォードジャパンは2009年4月15日、スペシャルティクーペ/コンバーチブルの「フォード・マスタング」に、内外装にブラックペイントを施した特別仕様車を発売した。

特別仕様車「マスタング THE BLACK」のベースとなるのは、最上級グレードの「V8GTクーペプレミアム」「V8GTコンバーチブルプレミアム」。その名のとおり、インテリア/エクステリアのカラーリングをブラックに統一、コンバーチブルモデルでは、ブラックのソフトトップも与えられる。さらに、エンジンフードスクープ、サイドスクープのほか、クロームエグゾーストパイプフィニッシャーと専用アルミホイールが特別装備される。エンジンカバーがマスタングのシンボル、ポニーマーク入りとなるのも特徴。

価格はベース車の10万円高の、クーペが470.0万円、コンバーチブルが540.0万円に設定。クーペ13台、コンバーチブル5台の限定販売となる。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
マスタング, マスタング コンバーチブル, フォード, 自動車ニュース

フォード マスタング の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • アウディA7スポーツバック40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.7.6 試乗記 「アウディA7スポーツバック」に新たなエントリーグレード「40 TDIクワトロ」が追加された。豊かなトルクを供出する2リッターディーゼルターボユニットとラグジュアリーな4ドアクーペの組み合わせは、ドライバーにどんな世界を見せてくれるのだろうか。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMW M8グランクーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.3 試乗記 BMWの「M8」シリーズに「グランクーペ」が追加された。もちろん、単純な運動性能という観点では先にデビューした「クーペ」に分があるのは間違いないだろう。では4ドアクーペならではの魅力はどこにあるのだろうか。高出力版「コンペティション」に試乗して考えた。
ホームへ戻る