店の前のビバンダム人形に反応したのは……

そしてまたある日、その訪問者はランチタイムの少し前に現れました。えらい剣幕で入ってきた外国の方と思われる3人のお客様。「なぜ、ビバンダムがイッパイある?」と。
「I love BIB.」と、僕は答えました。(ビバンダムの愛称は「ビブ」)

アルファロメオ好きとして知られている私ですが、実はビバンダムにも深い愛情を注いでおります。第1回目のチャリティーライドの時、日本ミシュランさんには特別なビバンダムポスターを作っていいただきました。また、“ミシュランマンを探せ”と謳った企画をし、大変盛り上がったことを覚えています。

興奮して入ってきたこの方は、ミシュランのモータースポーツ アジア マネージャーのRegis JEANDENANDさん。慌てた様子で名刺を差し出し、今回は岡山で行われるWTCC(FIA世界ツーリングカー選手権)の仕事で来たことを教えてくれました。

彼は元々テストドライバーで、日本に住んでいたことがあるとか。今日は箱根観光をしていて、たまたまcafe GIULIAの前を通り、ビックリしたようです。cafe GIULIAの入口にビバンダムの人形があったからです。

アジアエリアの拠点であるバンコクの事務所で働いているという彼は、「帰国したら君にプレゼントを贈るよ」と言い帰っていきました。
MAWJ湘南チャリティーライドには日本ミシュランも協賛してくださっています。ここでも繋がった“思い”を強く感じました。プレゼント(何かわかりませんが)が間に合えばチャリティーオークションに提供したいと思います。

気が付けば「MAWJ湘南チャリティーライド2008」の開催まで、あと6日となりました。準備作業に追われておりますが、今からみなさんに会えることを楽しみにしている僕です。

今回チャリティオークションの話が出たので、オークションに出品される商品を一部紹介します。
まずは、イギリスから佐藤琢磨さんの本とヘルメットのバイザーが届きました。それぞれに直筆で、イベント名とサインが入ったとても貴重なものです。また今回のイベントに協賛してくれているBMWからも、F1ドライバーのサインが入った帽子とカバン。全て、チャリティーオークションに提供します。ぜひ多くの方にご参加していただきたいと思います。

(文と写真=外舘ミツオ)

MAWJ湘南チャリティーライド2008
http://www.charityride.jp/

うちの看板ビバンダム。ご存じのとおり、ビバンダムは、ミシュランのキャラクター。愛称は「ビブ」。現在はミシュランマンと呼ばれている。
うちの看板ビバンダム。ご存じのとおり、ビバンダムは、ミシュランのキャラクター。愛称は「ビブ」。現在はミシュランマンと呼ばれている。
    拡大
佐藤琢磨さんのサイン入りバイザー。
佐藤琢磨さんのサイン入りバイザー。 拡大
『NAVI』編集部

『NAVI』編集部

毎月26日発売のカーライフマガジン『NAVI』。日夜取材に追われる編集部員は、加藤編集長はじめツワモノぞろい。どこがツワモノかって?……このコーナーを読めばわかります。

あなたにおすすめの記事
新着記事