好調「ホンダ・フリード」、一番売れてるグレードは……?

2008.06.13 自動車ニュース

好調「ホンダ・フリード」、一番売れてるグレードは……?

本田技研工業は、2008年6月13日、新型コンパクトミニバン「フリード」の受注台数が1万台を超えたと発表した。

フリードは、コンパクトミニバン「モビリオ」の後継となる新型車。5月30日の発売から2週間で、月間目標販売台数(4000台)の2.5倍にあたる1万台を受注したという。

5、7、8人乗りが選べる同車の一番人気は、2列目にキャプテンシートを備える「7人乗り」で、全体の58%と圧倒的。「8人乗り」と「5人乗り」は、それぞれ21%を占める。

ボディのタイプ別に見ると、乗車定員に関わらず、エアロパーツを持たない標準的なグレードのほうが支持されている。

ボディカラーは、グレー系の「ポリッシュドメタルメタリック」が1位(20%)で、イメージカラーの「プレミアムナイトブルーパール」が2位(19%)。さらに、「プレミアムブラキッシュパール」(18%)、「アラバスターシルバーメタリック」(17%)、「プレミアムホワイトパール」(16%)と僅差で続いているとのことだ。

(webCG 関)

「ホンダ・フリード」
「ホンダ・フリード」

関連キーワード:
フリード, ホンダ, -->, 自動車ニュース

ホンダ フリード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード クロスター 2019.9.20 画像・写真 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」シリーズがマイナーチェンジ。アクティブなユーザー向けに、SUVスタイルの「CROSSTAR(クロスター)」が登場した。“楽しさ”と“遊び心”を表現したという新モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッド クロスターHonda SENSING(4WD/7AT)【試乗記】 2019.12.17 試乗記 ホンダの万能コンパクトミニバン「フリード」シリーズがマイナーチェンジ。評価の高かった従来モデルからどこまでの進化を遂げたのか? 2列シートのハイブリッド4WDという、ライバルにはないちょっとマニアックな仕様で、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(7人乗り)(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.19 試乗記 取り回しのしやすさと利便性の高さで人気を博す、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」がマイナーチェンジ。新デザインとなった改良モデルは、従来型からどのような進化を遂げたのか? ベーシックな1.5リッターのガソリン車に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・フリード/ホンダ・フリード+ クロスター(ホンダアクセス用品装着車) 2019.9.20 画像・写真 デザインや駆動方式の違い、シートレイアウトのバリエーションなどにより、豊富なラインナップを取りそろえる「ホンダ・フリード」シリーズ。ここでは3列7人乗り仕様の「フリード」と、ホンダアクセスの用品を装着した、見た目もアクティブな「フリード+ クロスター」を紹介する。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
ホームへ戻る