悩んだらインドでリフレッシュ!

インドの路上でもう驚きなのが、動物の多さ、というか動物との距離の近さだ。犬はもちろん、牛、馬、ブタ、イノシシが、都市部から郊外に至るまで、路上に横たわっていて……不思議な共生観(?)を味わえる。「飼う」という概念の違いなのか!? おりで管理しないと、自然にこうなるのだろう。日本では、豊富に出回る食肉の“元の姿”を直接見る機会が少なくなっているが、インドではそうなってないのだ。

インドに行って、何が面白くて、何がショックかって、今まで自分が長らく培ってきた常識や固定観念、特に衛生だの安全だのに対する観念が揺らぐことだ。日本にいると「蛇口から飲み水が出る」のは当たり前で、「食べてオナカを壊さない」のも当たり前。「バイクでヘルメットをかぶる」のも当たり前だが、インドではほとんどそれが実行されてないし、なかなかできない。この事実に、われわれ日本人はショックを受けるのである。

自分自身、40年以上も常識と思っていたことが常識ではなくなった。これは、なかなかフレッシュで、衝撃的な体験だ。
今の日本、お仕事していると行き詰まったり、イヤになることも多いと思う。そんなひとには、ぜひインド行きをオススメしたい。こんな国もあるんだ!? なんて、頭がリフレッシュされること請け合いだ。

実際インドから帰ると、素直に「日本って素晴らしい!」って思えることがたくさんある。トイレのキレイさ一つとっても(笑)。それを実感できただけでも、インドに行った価値は十分あると俺は思っている。

(文と写真=小沢コージ)

「AUTO EXPO 2012」の会場から。屋外で憩う来場者たちの様子。
「AUTO EXPO 2012」の会場から。屋外で憩う来場者たちの様子。 拡大

第445回:遂に初潜入「オートエキスポ2012」 知られざる自動車大国、インド!!(後編)の画像 拡大
小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
新着記事