ダイハツ・キャスト スポーツ

2015.11.13 画像・写真

第44回東京モーターショーのさなかの2015年10月29日に発売された「ダイハツ・キャスト スポーツ」。「アクティバ」「スタイル」に続くキャスト第3のモデルは、軽オープンスポーツの「コペン」で培ったサスペンションチューニングや16インチサイズのタイヤなどを備えたスポーティーな仕様となっている。

パワーユニットはターボエンジンのみとなっており、自然吸気ユニットの設定はなし。トランスミッションはCVTで、MOMO製の本革巻きステアリングにはシフトパドルが装備される。

ラインナップは“SA II”のみのモノグレード。価格はFF車が162万円、4WD車が174万4200円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・キャスト スポーツ“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2015.12.12 試乗記 ダイハツから、ひとつの車型で3つのモデルを取りそろえる軽自動車「キャスト」が登場。今回はその中から、走りを追及した“第3のモデル”こと「スポーツ」に試乗した。「コペンの4人乗りをイメージして作った」とされる同車の特徴を一言で表すと……?
  • ダイハツが「キャスト」を一部改良、特別仕様車も 2016.6.20 自動車ニュース ダイハツが「キャスト」を一部改良。ルーフなどをボディーと別色とする「デザインフィルムトップ」に新規設定色を採用するなど、カラーバリエーションを拡大した。同時に、レザー調シートを備えた特別仕様車「プライムコレクション」を発売した。
  • ホンダN-ONEプレミアム(CVT)/N-ONE RS(CVT)/N-ONE RS(6MT)【試乗記】 2020.12.15 試乗記 クラシックなスタイリングと上質な走りが自慢の軽乗用車「ホンダN-ONE」が、デビューから8年を経てフルモデルチェンジ。初代から受け継がれた“タイムレス”なデザインと、隔世の進化を遂げた走りを併せ持つ一台の、希有(けう)な魅力をリポートする。
  • 第198回:RSのRS違い 2021.1.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。以前「モテないカー」の超新星「GRヤリス」のプロトタイプを紹介したが、今回は発売なった実車で夜の首都高に出撃した。サーキットで味わったすばらしい足は、公道では拷問レベル……ではなかった。なぜなら……。
  • アウディA4/A4アバント 2021.1.11 半世紀の進化の到達点 新アウディA4<AD> デザインからメカニズムまでリファインされた、アウディの基幹モデル「A4」「A4アバント」。一段と磨きのかかった最新型の走りは、このブランドならではの確かな技術力を感じさせてくれた。
ホームへ戻る