「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から

2017.05.17 画像・写真

2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。1988年に初開催され、今回で30周年を迎えたこのイベントは、アルファ・ロメオならば年代や車種を問わずに参加可能な、国内最大級のアルフィスタの祭典である。今回の参加車両は、1953年「1900CSピニンファリーナ」から最新の「ジュリア」まで、およそ250台。日本でもヒットした「156」以降の、比較的新しめのモデルが多かったが、「4C」と「4Cスパイダー」が合わせて22台、前述した正規導入前の新型「ジュリア」が早くも5台参加し、注目を集めた。好天に恵まれた会場では、30周年記念特別抽選会やゲストによるトークショーなどのプログラムが実施され、またアルファ・ロメオ関連のショップやイタリアンフードのケータリングなども出店、全国から集まったアルフィスタを楽しませた。会場の様子を、参加車両を中心に紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

アルファ・ロメオ 4C の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スプリント(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.5 試乗記 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にインフォテインメントシステムや先進運転支援装備(ADAS)を強化した大規模改良モデルが登場。往年の名跡「スプリント」を襲う新グレードで、その仕上がりを確かめた。
  • 第158回:アルファ・ロメオ考2020 2020.1.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第158回は「アルファ・ロメオ考2020」。中高年カーマニアが、今、気軽に買えるモデルとは? 現行の「4C」「ジュリア」から、20歳オーバーの中古車まで、イタ車好きの筆者がアルファ・ロメオのラインナップに斬り込む。
  • フィアット500ev ONE BATTERYプロトタイプ(RWD/4MT)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 日本でも大人気の“ヌオーバ チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」をベースに、パワーユニットを電動化した「500ev」。日本の博物館がプロデュースしたというキュートな電気自動車は、他のクルマでは得られない魅力とドライブフィールの持ち主だった。
ホームへ戻る