クラシックカーイベント「スプレンドーレ榛名」の会場から

2017.09.22 画像・写真

2017年9月16日、17日、群馬県高崎市の榛名湖駐車場および周辺で「スプレンドーレ榛名」が開かれた。これは伊香保おもちゃと人形自動車博物館が主催する、今回で16回目を迎えたクラシックカーイベントである。一昨年までは榛名湖駐車場をスタート/ゴール地点として、周辺コースを数時間で走るラリーがメインだったが、昨年は15回記念として、1日目の朝に伊香保おもちゃと人形自動車博物館をスタートし、2日目の午後に榛名湖駐車場でゴールを迎える1泊2日のラリーを新設。今年も昨年に続いて、1泊2日のAコースと初回以来のワンデーイベントであるB・Cコース(双方の違いはコドライバーの有無)の2本立てで開催された。参加資格はAコースが1975年、B・Cコースが1990年まで生産された車両および同型車で、B・Cコースには「トヨタAE86」と「クラシック・ミニ」のクラスも設けられている。今回の参加車両は、エントリーリストによればAコースが62台、B・Cコースが112台で、展示のみの車両も合わせ全部で200台近くを数えた。しかし17日は台風18号の影響で荒天が予想されたことから、Aコースのおよそ1割、B・Cコースでは約2割が参加キャンセルとなった。とはいうものの、それでも150台近くの旧車が風雨をいとわずに参加したわけである。雨中のコースをドライブする参加車両を中心に紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事