アウディA7スポーツバック

2017.10.24 画像・写真

独アウディは2017年10月19日、新型「A7スポーツバック」を世界初公開した。

アウディA7スポーツバックは、伸びやかなルーフラインとハッチバック式のテールゲートを特徴とする、ラージサイズの5ドアモデルである。

2代目となる今回のモデルには、アウディが新型「A8」から導入を進めている新しいデザインコンセプトが取り入れられており、大きな面とシャープなエッジの組み合わせが特徴となっている。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4969×1908×1422mm、ホイールベースは2926mmと、従来モデルからロー&ワイドなスタイリングを踏襲。リアビューでは横一文字のリアコンビランプが目を引く。

パワープラントは最高出力340hp(250kW)、最大トルク500Nmを発生する3リッターV6ターボエンジンと7段Sトロニックの組み合わせで、4WDシステムの採用とも相まって、0-100km/h加速が5.3秒という動力性能を実現。同時に、リチウムイオンバッテリーとベルト駆動式のオルタネータースターターからなる48Vのマイルドハイブリッド機構の搭載により、NEDC計測で6.8リッター/100km(約14.7km/リッター)という燃費性能も実現している。

価格は本国ドイツで6万7800ユーロ(約915万円)から。生産はネッカーズルムのアウディ工場が担い、2018年2月末から販売が始まる予定となっている。ラインナップは、当初は上述のV6モデルのみの設定で、後に他の6気筒モデルや、4気筒モデルについても追加していくとしている。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • アウディA6アバント55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.5.28 試乗記 世界的なSUVブームとなって久しいが、アウディは「アバント」の名称でスタイリッシュなワゴンを綿々とつくり続け進化させている。SUVに押され、このままワゴンは“オワコン”になってしまうのか? 新型「A6アバント」に乗り、ワゴンという選択肢をあらためて考えてみた。
  • 第39回:アウディA6 2019.7.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 アウディ伝統のEセグメントモデル「A6」が、5代目にモデルチェンジ。新世代のシャシーやパワートレインの採用など、その“中身”が話題を呼んでいる新型だが、“外見”=デザインの出来栄えはどうなのか? 現役のカーデザイナー明照寺彰が斬る。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.6.25 試乗記 アウディの上級モデル「A6」が5代目に進化。新しいプラットフォームとエンジン、そして48Vマイルドハイブリッド機構を備えた新型は、どのような走りを実現しているのか? まず日本に導入されたV6ユニットの上級グレード「55 TFSIクワトロ」で試した。
  • アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.4.18 試乗記 2019年3月に日本導入が始まったアウディの新型「A6」。同時にデビューした「セダン」とステーションワゴンの「アバント」のうち、まずは3リッターV6エンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み込んだセダン「55 TFSIクワトロ」の印象を報告する。
ホームへ戻る