アウディA7スポーツバック

2017.10.24 画像・写真

独アウディは2017年10月19日、新型「A7スポーツバック」を世界初公開した。

アウディA7スポーツバックは、伸びやかなルーフラインとハッチバック式のテールゲートを特徴とする、ラージサイズの5ドアモデルである。

2代目となる今回のモデルには、アウディが新型「A8」から導入を進めている新しいデザインコンセプトが取り入れられており、大きな面とシャープなエッジの組み合わせが特徴となっている。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4969×1908×1422mm、ホイールベースは2926mmと、従来モデルからロー&ワイドなスタイリングを踏襲。リアビューでは横一文字のリアコンビランプが目を引く。

パワープラントは最高出力340hp(250kW)、最大トルク500Nmを発生する3リッターV6ターボエンジンと7段Sトロニックの組み合わせで、4WDシステムの採用とも相まって、0-100km/h加速が5.3秒という動力性能を実現。同時に、リチウムイオンバッテリーとベルト駆動式のオルタネータースターターからなる48Vのマイルドハイブリッド機構の搭載により、NEDC計測で6.8リッター/100km(約14.7km/リッター)という燃費性能も実現している。

価格は本国ドイツで6万7800ユーロ(約915万円)から。生産はネッカーズルムのアウディ工場が担い、2018年2月末から販売が始まる予定となっている。ラインナップは、当初は上述のV6モデルのみの設定で、後に他の6気筒モデルや、4気筒モデルについても追加していくとしている。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • 第148回:衝撃のアウディA6 2019.10.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第148回は「衝撃のアウディA6」。5代目となる新型に試乗! “どのモデルも同じ乗り味”“おりこうすぎる”というネガティブな先入観から一転、カーマニア人間国宝を目指す筆者の前に現れた、新たな境地とは?
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィーPHEV(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.18 試乗記 ランドローバー伝統の最上級SUV「レンジローバー」に設定されたプラグインハイブリッドモデル「オートバイオグラフィーPHEV」に試乗。EUの厳しい排ガス規制に対応すべくパワーユニットの電動化を推し進める同ブランドの戦略と、その走りをリポートする。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.3.14 試乗記 近年のマツダは、年次改良どころか、いいものが仕上がれば最良のタイミングでモデルに反映するという方針を打ち出している。今回の2.5リッター直4ターボエンジンが搭載される「CX-5」もそんな一台。最新モデルの進化はいかなるものだったのか。
ホームへ戻る