アストンマーティン・ヴァンテージ

2017.11.22 画像・写真

英アストンマーティンが、世界6カ国で新型「ヴァンテージ」を同時発表した。今日におけるヴァンテージはアストンマーティンがラインナップする2シーターのスポーツカーであり、今回の新型は、2016年3月に発表された「DB11」に続く同社新世代商品群の第2弾となる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4465×1942×1273mm。車両重量は1530kg。エンジンは4リッターV8ツインターボで、510psの最高出力と685Nmの最大トルクを発生。8段ATとの組み合わせにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。

レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その詳細な姿を写真で紹介する。

◆新型「ヴァンテージ」発表会のフォトギャラリーはこちら

アストンマーティン ヴァンテージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティンDB11 2016.3.1 画像・写真 アストンマーティンが、ジュネーブショー2016において新型車「DB11」を発表した。2003年に登場した「DB9」の後継モデルに当たり、パワーユニットには自社開発の5.2リッターV12ターボエンジンを採用している。アストンの新しい基幹モデルを、写真で紹介する。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • ミツオカ・ロックスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.8 試乗記 2018年に創業50周年を迎えた光岡自動車が、台数限定200台で発売した記念モデル「ロックスター」に試乗。ベースとなった「マツダ・ロードスター」譲りの走りと、2代目「シボレー・コルベット」を思わせるスタイリングの仕上がりを確かめた。
  • BMWアルピナB7ロング アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.16 試乗記 アルピナのフラッグシップモデル「B7」に試乗。どこまでもスムーズなV8ツインターボエンジンと、ハンドリングと快適性を高度なレベルで両立させたシャシーが織りなす、アルピナならではの世界に身をゆだねてみた。
ホームへ戻る