アストンマーティン・ヴァンテージ

2017.11.22 画像・写真

英アストンマーティンが、世界6カ国で新型「ヴァンテージ」を同時発表した。今日におけるヴァンテージはアストンマーティンがラインナップする2シーターのスポーツカーであり、今回の新型は、2016年3月に発表された「DB11」に続く同社新世代商品群の第2弾となる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4465×1942×1273mm。車両重量は1530kg。エンジンは4リッターV8ツインターボで、510psの最高出力と685Nmの最大トルクを発生。8段ATとの組み合わせにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。

レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その詳細な姿を写真で紹介する。

◆新型「ヴァンテージ」発表会のフォトギャラリーはこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)/ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.10.2 試乗記 公約通り、ほぼ9カ月に1台の割合でニューモデルを市場投入しているアストンマーティン。フラッグシップモデルとして誕生した「DBSスーパーレッジェーラ」の実力を試す場としてふさわしいのは、やはりサーキットである。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.8.11 試乗記 アストンマーティンの新型フラッグシップ「DBSスーパーレッジェーラ」が登場。「DB11」をベースに大幅な軽量化とパワーアップを図ったFRライン最高峰モデルは、超高性能スポーツカーでありながら快適なGTという性格も併せ持っていた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • 【東京オートサロン2019】アストンマーティンが「DB11 AMR」を発表 2019.1.11 自動車ニュース アストンマーティンは2019年1月11日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2019」(開催期間:2019年1月11日~13日)において、「DB11シリーズ」のトップモデルとなる「DB11 AMR」を日本初公開した。
ホームへ戻る