アストンマーティン・ヴァンテージ

2017.11.22 画像・写真

英アストンマーティンが、世界6カ国で新型「ヴァンテージ」を同時発表した。今日におけるヴァンテージはアストンマーティンがラインナップする2シーターのスポーツカーであり、今回の新型は、2016年3月に発表された「DB11」に続く同社新世代商品群の第2弾となる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4465×1942×1273mm。車両重量は1530kg。エンジンは4リッターV8ツインターボで、510psの最高出力と685Nmの最大トルクを発生。8段ATとの組み合わせにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。

レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その詳細な姿を写真で紹介する。

◆新型「ヴァンテージ」発表会のフォトギャラリーはこちら

アストンマーティン ヴァンテージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター(FR/8AT)【試乗記】 2021.1.4 試乗記 新世代の「アストンマーティン・ヴァンテージ」にオープントップバージョン「ロードスター」が登場。早速ステアリングを握った筆者は、予想以上の官能性あふれる走りに、すっかり夢中になったのだった。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
ホームへ戻る