マクラーレン・セナ

2018.02.13 画像・写真

英マクラーレンは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で新型スポーツカー「セナ」を発表する。その姿を画像で紹介する。

セナは、マクラーレンの最上位に位置する“アルティメットシリーズ”に属する高性能スポーツカー。4リッターV8ツインターボエンジンは800psと800Nmを誇り、0-100km/h加速は2.8秒、最高速は340km/hという動力性能がうたわれている。“モノケージIII”と呼ばれるボディーの骨格はカーボンファイバー製で、軽量なのが自慢。車両重量は1198kg(乾燥重量)に抑えられている。また、車両後部には大型のウイングが装着されており、250km/h走行時にダウンフォースは800kgに達する。

英国サリー州にある同社の工場で、300時間をかけて手作業で組み立てられる。総生産台数500台。車両価格は67万5000ポンド(日本向けの税込み価格。邦貨で約1億0100万円)と高価だが、すでに完売という。(webCG)

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
  • マクラーレン720Sスパイダー(前編) 2021.2.21 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回試乗するのは、F1マシン譲りのテクノロジーが注ぎ込まれた「マクラーレン720Sスパイダー」。最高出力720PSの4リッターV8ツインターボを搭載する、オープンスーパースポーツの印象は?
  • マクラーレン・スピードテール 2020.9.14 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社が「マクラーレン・スピードテール」を日本で初披露した。マクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を誇るハイパーカーの詳細を写真で紹介する。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2021.5.12 試乗記 FFを基本としたエンジン横置きプラットフォームに、コンパクトな4ドアボディーを架装した「BMW 2シリーズ グランクーペ」。FRを信奉する古くからのファンには敬遠されそうなモデルだが、実際に乗ってみると、FFの乗用車として出色の出来栄えだった。
ホームへ戻る