モーガン4/4

2018.05.23 画像・写真

1936年のデビュー以来、戦争による中断をはさんで今もなお造られ続ける「モーガン4/4」。トネリコのボディーフレームに“手叩き”のボンネットなど、職人の手によるクルマづくりを今日に伝えるクラシカルなスポーツカーの姿を紹介する。(写真=向後一宏)

◆関連ニュース:英モーガンの日本輸入代理店が発足記念イベントを開催
「モーガン3ホイーラー」の詳細な写真はこちら
「MORGAN CARS JAPAN INTRODUCING」の詳しい写真はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モーガン・ロードスター(FR/6MT)【試乗記】 2019.3.8 試乗記 古式ゆかしき“クルマづくり”を今日も守り続ける英国のスポーツカーメーカー、モーガン。そのラインナップの中でも、3.7リッターV6エンジンを搭載したホットモデル「ロードスター」に試乗。富士山麓でのドライブを楽しみつつ、良き時代に思いをはせた。
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.8.9 試乗記 戦前のクルマづくりを今日に伝える英モーガンのスポーツカー「4/4」。1936年に誕生した“新車で買えるクラシックカー”は、のぞき込んでも乗ってみても、現代のクルマとは似るところがなく、付き合うほどに発見のある興味のつきない一台だった。
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.6.28 試乗記 1936年に誕生して以来、基本的な設計を変えずに現在も作り続けられている「モーガン4/4(フォーフォー)」。今なお職人の手作業によって製作される英国のスポーツカーには、80年前のクルマの息遣いが確かに宿っていた。
  • 今日に受け継がれる戦前のクルマづくり
    1909年設立の老舗、モーガンの魅力を語る
    2018.4.16 デイリーコラム 設立は1909年と、100年を雄に超える歴史を持つ英国の自動車メーカー、モーガン。戦前のクルマづくりを今日に伝え、今なおすべてのクルマを職人がハンドビルドで製造しているという小さな老舗の魅力を、その歴史とプロダクトの両面から紹介する。
  • モーガンから最高出力340psの高性能モデル「プラスシックス」が登場 2019.6.28 自動車ニュース モーガンが19年ぶりのニューモデル「PLUS SIX(プラスシックス)」を日本に導入。新開発のアルミ製プラットフォームにBMW製の3リッター直6ターボエンジンとZF製8段ATを搭載したモデルで、0-100km/h加速が4.2秒、最高速が267km/hという動力性能を実現している。
ホームへ戻る