日産GT-R50 by Italdesign

2018.10.15 画像・写真

日産自動車は2018年10月15日から11月25日まで、東京・銀座にある同社のブランド発進拠点NISSAN CROSSINGにおいて、イタルデザインと共同開発したプロトタイプ車「日産GT-R50 by Italdesign」を展示する。

日産GT-R50 by Italdesignは、「日産GT-R」が2019年に、イタルデザインが2018年にそれぞれ50周年を迎えることを記念して製作されたもの。「GT-R NISMO」をベースに、開発と設計、製造はイタルデザインが、内外装のデザインは日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当した。

走行パフォーマンスも強化されており、フロントに搭載される3.8リッターV6ツインターボエンジンは、ベースモデルから120psと128Nm上乗せされた最高出力720ps、最大トルク780Nmを発生。新たなデザインをまとうことによって空力性能も強化されているという。

市販モデルでは限定生産台数50台、価格は90万ユーロ(約1億1700万円)以上になるという日伊合作のスーパーカーを写真で紹介する。(写真=webCG)

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • インフィニティQ60 2016.1.12 画像・写真 日産がデトロイトショーで「インフィニティQ60」を発表した。同車は「G37クーペ」(日本名:スカイラインクーペ)の後継モデルで、2リッター直4ターボに加えて新開発の3リッターV6ターボを搭載している。インフィニティの新型クーペの姿を、写真で紹介する。
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2018.10.15 画像・写真 「日産GT-R」とイタルデザインがそれぞれ50周年を迎えることを記念して製作された「日産GT-R50 by Italdesign」。同車が日産・銀座にある日産のブランド発進施設NISSAN CROSSINGで一般公開されている。その姿を写真で紹介する。
  • GMが新型「シボレー・コルベット」の予約受け付けを開始 価格は1180万円から1400万円【東京オートサロン2020】 2020.1.10 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンが東京オートサロンで新型「シボレー・コルベット」をアジア初公開。同時に予約受け付けを開始した。日本仕様には「Z51パフォーマンスパッケージ」が標準装備されるほか、「2LT」と「3LT」の2つのトリムが用意される。
  • 1億円を超える「日産GT-R50 by Italdesign」の納車が2020年後半にスタート 2019.12.5 自動車ニュース 日産自動車は2019年12月5日、「日産GT-R NISMO」をベースにイタルデザインと共同開発した50台の限定車「日産GT-R50 by Italdesign」の納車を、2020年後半に開始すると発表した。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
ホームへ戻る