「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から

2018.11.13 画像・写真

毎年恒例となっている、ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。

いつもはホンダの新型乗用車が並んでいる屋外展示スペースには、所狭しとたくさんのカブの姿が。これはすべて参加者たちが自宅から乗り付けたものだ。最も遠い人は、九州の宮崎から自走してきたというから驚く。2018年は、初代モデル「スーパーカブC100」の誕生60周年にあたるだけに、参加者たちの盛り上がり方も熱く、愛車に60周年を祝うデコレーションを施している車両も多数見かけた。300台以上のカブが集まった、初日の様子をお届けする。

(文と写真=大音安弘)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • ホンダの新型バイク「CT125ハンターカブ」正式デビュー 2020.3.23 自動車ニュース 本田技研工業は2020年3月20日、第二種原動機付自転車のニューモデル「CT125ハンターカブ」を同年6月26日に発売すると発表した。「スーパーカブC125」の発展型で、不整地における高い走破性が特徴のひとつとなっている。
  • 冒険ライダーの心をくすぐる「ホンダCT125ハンターカブ」の魅力と新しい楽しみ方 2020.4.6 デイリーコラム この3月にいよいよ正式発表された「ホンダCT125ハンターカブ」。その人気はすさまじく、発売前にもかかわらず年間販売計画を超える受注を集めたという。ビギナーからも古参のライダーからも注目される、小さな“冒険バイク”の魅力に迫る。
  • 新色「パールシャイニングブラック」をまとう「ホンダ・モンキー125」登場 2020.3.31 自動車ニュース ホンダのレジャーバイク「モンキー125」に新色「パールシャイニングブラック」が追加され、カラーバリエーションは4種類に。この新色をまとうモデルは、2020年4月3日に販売が開始される。
  • インディアンFTR 1200 S(MR/6MT)【レビュー】 2020.4.4 試乗記 アメリカのバイクカルチャーを象徴するダートトラックレース。そのマシンのスタイルをストリートで見事に再現したのが「インディアンFTR 1200」だ。アメリカの老舗が放つこのニューモデルは、ワイルドなルックスにたがわぬマッチョでスポーティーな走りの持ち主だった。
ホームへ戻る