ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル

2018.11.27 画像・写真

英ベントレーは2018年11月26日(現地時間)、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表した。先代と同様にファブリック製のルーフを採用し、ワンタッチで開閉操作が可能。作動に要する時間は19秒、車速が50km/h以下であれば、走行中でも操作できるようになっている。その姿を写真で紹介する。

◇関連ニュース:ベントレー、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル 2018.11.27 画像・写真 英ベントレーは2018年11月26日(現地時間)、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表した。先代と同様にファブリック製のルーフを採用した、ラグジュアリーオープンモデルを写真で紹介する。
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.4.3 試乗記 ベントレーの4シーターオープン「コンチネンタルGTコンバーチブル」の3代目がデビュー。同じグループ内のポルシェが手がけたというモジュールプラットフォームを採用した新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。スペイン・アンダルシアで試乗した。
  • ベントレー、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表 2018.11.27 自動車ニュース 英ベントレーが新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表。ファブリック製の電動ソフトトップを備えた高性能グランドツアラーで、6リッターW12ツインターボエンジンの採用により、最高速333km/hという動力性能を実現している。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
ホームへ戻る