「FOCJフェラーリ・ブランチ2019」の会場から

2019.04.12 画像・写真

フェラーリのオーナーにとって「フェラーリ・ブランチ」はいつの時代も特別なイベントだ。その内容は所有する愛馬をグリーンに並べて、その周りで旧知の友や同じモデルに乗るオーナーたちとフェラーリ談義で盛り上がり、ブランチをいただくというもの。特別なプログラムは用意されず、それぞれにゆったりとフェラーリの世界を楽しもうという趣旨は設立当初から変わっていない。

フェラーリ・ブランチは1990年代初頭に、日本を代表するフェラリスティーである松田芳穂氏が立ち上げたイベントで、当初より日本におけるフェラーリの聖地である、静岡県御殿場市のヴィンテージカーガーデン(現ミュゼオ御殿場)で開かれてきた。一時期休止していたフェラーリ・ブランチだが、2014年に「フェラーリ・オーナーズクラブ・ジャパン(FOCJ)」とのジョイントで復活を果たし、今年からFOCJ主催となったが、一般フェラーリオーナーの参加も許されている。FOCJは日本で唯一伊フェラーリが公認したオーナーズクラブで、現在約500名のメンバーが在籍し、フェラーリオーナーの楽しむ場や交流する場を提供している。

2019年4月7日の開催当日は天候に恵まれ、富士山も開催を祝うがごとく姿を見せるブランチ日和となった。開会セレモニーでは川崎FOCJ会長のあいさつに続いて、フェラーリ・ジャパンでマーケティングダイレクターを務める遠藤克之輔氏が、メンバーに向けてフェラーリのオーナーズクラブに対しての取り組みと、フェラーリ・ジャパンとしてのサポートを説明した。

日本を代表するフェラーリのイベントだけに、会場には「ラ フェラーリ アペルタ」から「エンツォ・フェラーリ」「F50」「F40」などのプレミアムモデルをはじめ、「488ピスタ」や「812スーパーファスト」という最新モデル、「365GTB/4デイトナ」や「512BB」「ディーノ246GT」「308GTB」といったクラシックモデルなど180台が全国から集まった。

フェラーリ・ブランチでは近年激しくなった休日の“東名渋滞”を避けるため、イベントは10時30分からスタート。食事後に参加者全員で記念撮影をして12時30分には解散というタイムスケジュールとされているのがユニークな点だ。帰路も快適なドライブを楽しんでもらおうという配慮で、参加者は昼過ぎには再会を約束してガーデンを後にした。

(文と写真=上野和秀)

あなたにおすすめの記事
新着記事