「ルノー カングー ジャンボリー2019」の会場から

2019.06.04 画像・写真

「ルノー・カングー」の公式イベントにおいて、世界最大規模を誇る「ルノー カングー ジャンボリー2019」が、2019年5月26日に山梨・山中湖村にある山中湖交流プラザ「きらら」を舞台に開催された。第11回となる今回のテーマは、「フレンチスタイルの休日を楽しむ」である。メインステージでのプログラムはもちろんのこと、YouTube実況や大道芸、ミニコンサートなどを各所にて行うことで、会場のどこにいても楽しめるように配慮。よりゆったりした休日として過ごせるように工夫が凝らされた。

今回のイベントに全国各地から集まった参加者数は、前年比+702人となる5092人にも上り、車両総数も+501台となる2422台が集結。カングーだけでも1714台と、過去最高を記録した昨年よりも341台増となった。こうなると、もはや会場も満員御礼状態である。しかし、主催者自ら“ゆるいイベント”と公言しているだけあって午前中から帰路につく人もおり、ゆっくり会場入りした参加車と入れ替わる形となって、駐車場が不足する事態には至らなかったようだ。

自動車イベントながら、愛犬との参加が自由な点もファンから支持されているところで、今回「ドッグエクストリーム・チャンピオンシップ競技」という愛犬と楽しむドッグスポーツのデモンストレーションのほか、レクチャー教室やタイムトライアルなど、新たなドッグコンテンツも用意された。

一方メインとなるクルマのコンテンツとしては、試験的に「トゥインゴ」を主役とした「プチ トゥインゴ ジャンボリー」を併催。これは一部駐車スペースをトゥインゴ専用としたもので、カングー以外の専用エリアが設けられたのは、今回が初となる。ルノー・ジャポンでは50台分のスペースを用意したが、それを上回る67台が参加。順調な滑りだしを見せており、この結果が今後どのように生かされるのかにも注目だ。

駐車場を見ていると、国内外の他ブランド車での来場者が少なからずいることに気付く。ゆるさが自慢のカングー ジャンボリーに注目しているのは、どうやらルノー車オーナーだけではないようだ。それでは、今年もカングーファンの緩いが熱い気持ちで満たされた会場の様子をお届けしよう。(文=大音安弘/写真=ルノー・ジャポン)

ルノー カングー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • KANGOOでGO! 2020.7.2 おでかけするならルノーで行こう<AD> いよいよ夏本番。今度の休みは、どこへ行こう? ルノーのマルチパーパスビークル「カングー」で出掛けたら、期待いっぱいのドライブは、さらに楽しいものになるだろう。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • ルノー・カングー ゼン(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.19 試乗記 日本のルノーの半分を占める人気モデル「カングー」に1.2リッターターボエンジンと6段MT搭載の新グレードが追加設定。マニアが注目する(?)新パワートレインの魅力を味わった。
  • 「ルノー カングー ジャンボリー2019」の会場から 2019.6.4 画像・写真 2019年5月26日、「ルノー カングー ジャンボリー2019」が山梨・山中湖村の山中湖交流プラザ「きらら」で開催された。第11回となる今回は、過去最大となる1714台もの「カングー」が全国から集結。当日の模様を写真で紹介する。
ホームへ戻る