必見! イタリアの自動車博物館(その1):アルファ ・ロメオ歴史博物館

2019.10.08 画像・写真

ムゼオ・ストリコ・アルファ・ロメオ(アルファ ・ロメオ歴史博物館)は1976年、同社ゆかりの地、イタリア・ミラノ郊外のアレーゼにオープンした。建物の老朽化とテーマの見直しによりいったん休館となり、2015年6月24日、同社の設立記念日にリニューアルオープン。アルファ・ロメオのブランドセンターを目指して建物も一新された。

ミュージアムのサブネームは「ラ・マッキナ・デル・テンポ」。タイムマシンの意ながら、これは同社のキャッチコピー「ラ・メッカニカ・デレ・エモツィオーニ」(感情の力学)と言葉並びをそろえたもの。ロゴにはマッキナ(自動車)、モトーレ(エンジン)、ムゼオ(博物館)、3つの言葉の始まりである「M」をデザインした文字が添えられる。

展示車両台数は70以上。専属メカニックの手によって入念に整備され、すべて動態保存される。定期的にミュージアムの隣にあるピスタ(小さなサーキット)での走行が義務付けられているそうだ。100年前に設計された自動車が、専属テストドライバーの手に委ねられてエンジン音を轟(とどろ)かせるのである。スバラシイ。

常設展示はスピード、ビューティー、タイムラインの3つに区分けされており、アルファ・ロメオに脈々と流れる血がよくわかる。合間に「映画の中のアルファ・ロメオ」と銘打った試写室やシネマ4Dとうたった劇場もある。もちろんカフェやお土産ショップも。最初にオープンした時は無料だったが、現在、大人の入館料は12ユーロ。「有料でも2度、足を運びたくなる場所」を目指したというが、毎月面白いイベントが行われていることもあって、2度どころか何度でも足を運びたくなる場所だ。そんなミュージアムに所蔵される、珠玉のマシンを紹介する。

(文=松本 葉/写真=FCA、松本 葉)

あなたにおすすめの記事
新着記事