マツダ100周年特別記念車

2020.06.19 画像・写真

マツダは2020年4月3日から2021年3月31日まで、同社の創立100周年を記念する特別仕様車を販売する。ラインナップはSUVにセダン、ハッチバック、オープンスポーツカーと多岐にわたり、いずれもマツダ初の乗用モデル「R360クーペ」のツートンカラーをモチーフにしたという赤と白のカラーリングが特徴となっている。その100周年特別記念車の中から7モデルをピックアップし、写真で紹介する。

◆関連ニュース:マツダの各車に創立100周年記念モデルが登場 白と赤のカラーリングが特徴
◆関連ニュース:超リアルなミニチュアカーも マツダが創立100周年記念グッズをリリース

マツダ ロードスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ100周年特別記念車 2020.6.19 画像・写真 マツダは2020年4月3日から2021年3月31日まで、同社の創立100周年を記念する特別仕様車を販売する。今回は、その中から7モデルをピックアップ。特徴的なディテールやカラーコーディネートを写真で紹介する。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.6.3 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」に新たに設定された、新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデル。マツダが誇る最新のシャシーとエンジンの組み合わせは、どんな走りを見せるのか? 4WDモデルでその出来栄えを確かめた。
  • 「マツダCX-3」にお手ごろ価格の1.5リッターガソリンエンジン搭載車が登場 2020.5.18 自動車ニュース マツダがコンパクトSUV「CX-3」に1.5リッターガソリンエンジン搭載車を設定。FF車では200万円を切る車両価格を実現した、新たなエントリーモデルである。シートの座り心地を改善したり、ボディーカラーに新色を設定したりといった改良も実施している。
  • 日本デビューは2020年10月ごろ ルノーが新型「ルーテシア」の導入時期を発表 2020.7.9 自動車ニュース ルノー・ジャポンが新型「ルーテシア」を2020年10月ごろに日本に導入すると発表した。ルーテシアは欧州Bセグメント市場でナンバーワンの販売台数を誇るコンパクトモデルであり、5代目となる新型は2019年の東京モーターショーに出展され、話題を集めていた。
ホームへ戻る