アルピーヌA110S(ヘリテージカラー採用車)

2020.11.05 画像・写真

2020年11月5日、アルピーヌ・ジャポンは「アルピーヌA110」のカスタマイズプログラム「アトリエ アルピーヌ」を国内でスタートした。同プログラムでは歴代アルピーヌ車をイメージした“ヘリテージカラー”と呼ばれるボディーカラー(全29色)が選べるほか、ホイールのデザインとカラー、ブレーキキャリパーのカラーも変更することで、多彩なアレンジが可能となっている。

豊富なカラーバリエーションの中から、ヘリテージカラー「オランジュ アクロポリス」をセレクトした「アルピーヌA110S」の姿を写真で紹介する。

◆関連ニュース:アルピーヌのカスタマイズプログラム「アトリエ アルピーヌ」開始 ボディーカラーのラインナップは29色

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る