クラシックカーイベント「第30回 コッパ ディ小海」の会場から

2021.04.28 画像・写真

2021年4月24日、25日、長野県南佐久郡小海町にある小海リゾートシティー・リエックスをベースとして、クラシックカーイベント「第30回 コッパ ディ小海」が開かれた。今では数多くの類似したクラシックイベントが開催されているが、その先がけとなるコッパ ディ小海。1991年に始まり、新型コロナ禍によって中止された昨2020年を除いて毎年開催され、今回で30回目の節目を迎えた。

その記念すべき開催となる今回の参加車両は、1920年代から90年代までの約80台。プログラムは初日が風光明媚(めいび)な八ケ岳周辺の全行程約226kmのコースをドライブし、途中4カ所でPC競技(決められた区間を指定時間にいかに近く走れるかを100分の1秒単位で競う)を行うレギュラリティーラリー、2日目は小海リエックスの敷地内(私道)で走行タイムを競うヒルクライムである。

初日は抜群のイベント日和、2日目もまずまずの天候に恵まれた会場周辺から、参加車両を中心にリポートしよう。

(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事