アキュラNSXタイプS

2021.08.17 画像・写真

ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2021年8月13日(現地時間)、「アキュラNSXタイプS」を発表した。

ミドシップのハイブリッドスーパースポーツ「ホンダ/アキュラNSX」の最終モデルであり、レースカー「NSX GT3 Evo」と同じターボチャージャーの採用やバッテリーの出力アップなどにより、システム最高出力を600HP(608PS)に、システム最大トルクを492lb-ft(667N・m)に向上。9段DCTの変速スピードも50%アップしているという。

また3モーターのハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」についても、運動性能を高めるべく再チューニングを実施。より軽量なアルミホイールや同車専用設計の高性能スポーツタイヤ「ピレリPゼロ」の採用、空力性能を高めるためのエクステリアデザインの変更などとも相まって、鈴鹿サーキットでは従来のNSXより2秒短いラップタイムを実現しているという。

世界限定350台の貴重なNSXの姿を、写真で紹介する。

ホンダ NSX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSXタイプS 2021.8.30 画像・写真 「ホンダNSX」に最終モデルの「タイプS」が登場。従来のNSXより高められた動力性能が特徴で、販売台数はグローバルで350台、日本では30台となっている。2代目NSXのファイナルバージョンにして、貴重なエボリューションモデルの姿を写真で紹介する。
  • アキュラNSXタイプS 2021.8.17 画像・写真 アメリカン・ホンダモーターが「アキュラNSXタイプS」を発表。ミドシップのハイブリッドスーパースポーツ「ホンダ/アキュラNSX」の最終モデルであり、パワートレインの改良や空力特性の見直しなどにより、動力性能の向上が図られているという。その姿を写真で紹介する。
  • ホンダが「NSXタイプS」を発表 30台限定のエボリューションモデル 2021.8.30 自動車ニュース ホンダが現行型「NSX」の最終モデル「NSXタイプS」を発表。パワーユニットやシャシーの改良、空力特性の改善などを通して、動力性能の向上が図られており、鈴鹿サーキットでは従来のNSXより2秒速いラップタイムを実現しているという。
  • ホンダNSXタイプS(2004年モデル) 2021.8.30 画像・写真 いよいよ正式発表された2代目「ホンダNSX」の最終モデル「タイプS」。実車が日本初公開された会場には、初代NSXタイプS(後期型)も展示されていた。今や貴重な初代のライトウェイトバージョンを、2代目タイプSの商品説明会の様子とともに紹介する。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
ホームへ戻る