「プジョー2008 GTライン」を知る 試す

バカンスの国が育んだSUV 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。

パワーユニットの刷新で商品力を強化

当初搭載されていた82psの1.2リッター直3自然吸気エンジンとロボタイズド5段MTを、同じ1.2リッターながらエンジンをターボ付きとし、同時にトランスミッションを6段ATに積み替えた特別仕様車「2008クロスシティ」が登場したのは2016年3月。コンパクトなボディーに110psをマークするエンジンと6段ATの組み合わせは、イタフラ好きのみならず欧州B~Cセグメントを狙うユーザーからの評価も高く、販売の現場であるディーラーからは「ぜひとも通常モデルとしてラインナップしてほしい」との声が多く寄せられたという。

そうした評判に後押しされるように、上述のパワートレインがカタログモデルとして正式採用されたのが同年9月。それと同時に追加設定された新グレードがこの「2008 GTライン」だ。クロスオーバーモデルはキャラがハンパで売れないといわれていたのはもはや過去の話で、今や日本だけでなく、世界の主要マーケットで注目されている。特にコンパクトサイズのクロスオーバーは日本でも需要があり、それこそ軽自動車からハイブリッド車まで、気がつけば人気のカテゴリーに成長したという印象がある。

人気の理由はいくつかあろうが、まずはコンパクトカー最大の特徴である運転しやすく取り回しのしやすいボディーサイズと、そしてそこにスポーティーでアクティブなイメージを適度に付加した点が魅力として挙げられるはずだ。私事で恐縮ながら、自分自身もまんまとその術中にはまっており、次期愛車はB~Cセグメントのハッチバックかクロスオーバー系モデルが筆頭候補。ということで今回はユーザー目線でクルマを紹介してしまう点をあらかじめご了承いただきたい(と、この際開き直って宣言させてもらう)。

→スペシャルサイトで詳しくみる

欧州で2013年の春に発売された「プジョー2008」。今回試乗したマイナーチェンジモデルは、2016年のジュネーブショーでお披露目され、同年9月に日本に導入された。
欧州で2013年の春に発売された「プジョー2008」。今回試乗したマイナーチェンジモデルは、2016年のジュネーブショーでお披露目され、同年9月に日本に導入された。
マイナーチェンジで一新されたフロントマスク。ブラックのフロントグリルが新グレード「GTライン」の特徴である。
マイナーチェンジで一新されたフロントマスク。ブラックのフロントグリルが新グレード「GTライン」の特徴である。
センターコンソールに配置されたレバー式のシフトセレクター。マイナーチェンジにより、エンジンとトランスミッションは特別仕様車「2008クロスシティ」と同じ1.2リッター直噴ターボとトルコン式6段ATの組み合わせとなった。
センターコンソールに配置されたレバー式のシフトセレクター。マイナーチェンジにより、エンジンとトランスミッションは特別仕様車「2008クロスシティ」と同じ1.2リッター直噴ターボとトルコン式6段ATの組み合わせとなった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る