「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー

三菱の伝統と未来をカタチに 2017.03.07 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」が第87回ジュネーブ国際モーターショー(プレスデー:2017年3月7日~3月8日、一般公開日:3月9日~3月19日)でデビューした。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスを、デザイナーたちはどのような思いを込めて作り上げたのだろうか。

三菱デザインの方向性を示すモデル

三菱デザインが変わろうとしている。新たな方向性を示す役割を担うのが、ジュネーブショーのワールドプレミアモデル、エクリプス クロスだ。新型コンパクトSUVに託した思いを、三菱自動車デザイン本部長の國本恒博氏に伺った。

「エクリプス クロスのデザインは、躍動的でチャレンジングです。アスリートがスタートする瞬間を想起させるダイナミックな躍動感をもたせ、全体的にシャープでありながら筋肉質なフォルムを構築しました。十種競技の選手のようなイメージと言えばいいでしょうか。重々しくなるのを避け、バランスのとれた強靱(きょうじん)さを表現しています」

エクリプス クロスは、ベルトラインと強いキャラクターラインで前傾姿勢を作り出している。前後のフェンダーが大きく張り出して力強さを主張するが、いわゆるマッチョ的ないかつさはない。

「ウェッジシェイプなんですが、全高を高くすることで釣り合いの取れたプロポーションになっています。ボディー下部をブラックにしたのは、背が高くてももっさりしないようにするためです。鉄の塊から削り出したように見えるフレッシュなフォルムで、三菱らしいクーペSUVになりました」

三菱のフロントフェイスデザインコンセプト「ダイナミックシールド」が採用されている。2015年ジュネーブショーの出品車である「Concept XR-PHEV II」で初めて提案されたものだ。

「すでに『アウトランダー』や『RVR』などの市販車に採用されています。中央のブラックフェイスで力強いパフォーマンスを表現し、バンパーの左右とアンダーガードが包み込む形状にしてクルマを守る安心感・安全性をイメージさせました。デザインで機能を語っているわけです」

→エクリプス クロス 特設サイトはこちら

三菱自動車の常務執行役員 デザイン本部長、國本恒博(くにもと つねひろ)氏にお話を伺った。
三菱自動車の常務執行役員 デザイン本部長、國本恒博(くにもと つねひろ)氏にお話を伺った。
デザインコンセプトは「VIBRANT & DEFIANT(きらめきのある&挑戦的)」。クラウチングスタートを切った瞬間のアスリートのダイナミックな躍動感を表現したという。
デザインコンセプトは「VIBRANT & DEFIANT(きらめきのある&挑戦的)」。クラウチングスタートを切った瞬間のアスリートのダイナミックな躍動感を表現したという。
フロントデザインには「ダイナミックシールド」と呼ばれるデザインコンセプトが採用された。
フロントデザインには「ダイナミックシールド」と呼ばれるデザインコンセプトが採用された。
<國本恒博氏 プロフィール>
1975年日産自動車デザイン本部入社。1995年に日産デザインアメリカ副社長に着任。以後、2000年に日産ならびにインフィニティブランドデザインディレクター、2008年にグローバルデザイン部長、クリエイティブボックス社長を歴任し、2014年に三菱自動車の執行役員兼デザイン本部長に就く。2016年から常務執行役員 デザイン本部長を務める。
<國本恒博氏 プロフィール>
	1975年日産自動車デザイン本部入社。1995年に日産デザインアメリカ副社長に着任。以後、2000年に日産ならびにインフィニティブランドデザインディレクター、2008年にグローバルデザイン部長、クリエイティブボックス社長を歴任し、2014年に三菱自動車の執行役員兼デザイン本部長に就く。2016年から常務執行役員 デザイン本部長を務める。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクリプス クロスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その8) 2017.3.9 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。三菱自動車は新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」を世界初公開した。
  • 「三菱エクリプス クロス」開発責任者インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。開発陣はこのスタイリッシュなクーペSUVを、どのような思惑で作り上げたのか。開発を率いたプログラムダイレクターに話を伺った。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その14) 2017.3.10 画像・写真 富士重工は第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、新型「スバルXV」(欧州仕様)を世界初公開した。その姿を画像で紹介する。併せて、スズキとマツダのブースの様子を紹介する。
  • 【ジュネーブショー2017】スバル、ジュネーブショーで新型「XV」を世界初公開 2017.3.7 自動車ニュース 富士重工業は2017年3月7日、第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、新型「スバルXV」(欧州仕様)を世界初公開した。新しい「スバルグローバルプラットフォーム」を採用し、衝突安全性能や回避性能、ハンドリング、乗り心地を進化させた。
ホームへ戻る