「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー

三菱の伝統と未来をカタチに 2017.03.07 「三菱エクリプス クロス」がデビュー <PR> 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」が第87回ジュネーブ国際モーターショー(プレスデー:2017年3月7日~3月8日、一般公開日:3月9日~3月19日)でデビューした。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスを、デザイナーたちはどのような思いを込めて作り上げたのだろうか。

三菱デザインの方向性を示すモデル

三菱デザインが変わろうとしている。新たな方向性を示す役割を担うのが、ジュネーブショーのワールドプレミアモデル、エクリプス クロスだ。新型コンパクトSUVに託した思いを、三菱自動車デザイン本部長の國本恒博氏に伺った。

「エクリプス クロスのデザインは、躍動的でチャレンジングです。アスリートがスタートする瞬間を想起させるダイナミックな躍動感をもたせ、全体的にシャープでありながら筋肉質なフォルムを構築しました。十種競技の選手のようなイメージと言えばいいでしょうか。重々しくなるのを避け、バランスのとれた強靱(きょうじん)さを表現しています」

エクリプス クロスは、ベルトラインと強いキャラクターラインで前傾姿勢を作り出している。前後のフェンダーが大きく張り出して力強さを主張するが、いわゆるマッチョ的ないかつさはない。

「ウェッジシェイプなんですが、全高を高くすることで釣り合いの取れたプロポーションになっています。ボディー下部をブラックにしたのは、背が高くてももっさりしないようにするためです。鉄の塊から削り出したように見えるフレッシュなフォルムで、三菱らしいクーペSUVになりました」

三菱のフロントフェイスデザインコンセプト「ダイナミックシールド」が採用されている。2015年ジュネーブショーの出品車である「Concept XR-PHEV II」で初めて提案されたものだ。

「すでに『アウトランダー』や『RVR』などの市販車に採用されています。中央のブラックフェイスで力強いパフォーマンスを表現し、バンパーの左右とアンダーガードが包み込む形状にしてクルマを守る安心感・安全性をイメージさせました。デザインで機能を語っているわけです」

→エクリプス クロス 特設サイトはこちら

三菱自動車の常務執行役員 デザイン本部長、國本恒博(くにもと つねひろ)氏にお話を伺った。
三菱自動車の常務執行役員 デザイン本部長、國本恒博(くにもと つねひろ)氏にお話を伺った。
デザインコンセプトは「VIBRANT & DEFIANT(きらめきのある&挑戦的)」。クラウチングスタートを切った瞬間のアスリートのダイナミックな躍動感を表現したという。
デザインコンセプトは「VIBRANT & DEFIANT(きらめきのある&挑戦的)」。クラウチングスタートを切った瞬間のアスリートのダイナミックな躍動感を表現したという。
フロントデザインには「ダイナミックシールド」と呼ばれるデザインコンセプトが採用された。
フロントデザインには「ダイナミックシールド」と呼ばれるデザインコンセプトが採用された。
<國本恒博氏 プロフィール>
1975年日産自動車デザイン本部入社。1995年に日産デザインアメリカ副社長に着任。以後、2000年に日産ならびにインフィニティブランドデザインディレクター、2008年にグローバルデザイン部長、クリエイティブボックス社長を歴任し、2014年に三菱自動車の執行役員兼デザイン本部長に就く。2016年から常務執行役員 デザイン本部長を務める。
<國本恒博氏 プロフィール>
	1975年日産自動車デザイン本部入社。1995年に日産デザインアメリカ副社長に着任。以後、2000年に日産ならびにインフィニティブランドデザインディレクター、2008年にグローバルデザイン部長、クリエイティブボックス社長を歴任し、2014年に三菱自動車の執行役員兼デザイン本部長に就く。2016年から常務執行役員 デザイン本部長を務める。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱 2017.10.25 画像・写真 三菱自動車が第45回東京モーターショーで、クロスオーバーSUVのコンセプトカー「e-エボリューションコンセプト」を世界初公開した。今後発売が予定される「エクリプス クロス」とあわせて、その姿を写真で紹介する。
  • ホンダ(四輪) 2017.10.25 画像・写真 本田技研工業は、第45回東京モーターショーの会場において、「スポーツEVコンセプト」「アーバンEVコンセプト」などのコンセプトカーを披露した。その姿を写真で紹介する。
  • ヤマハ NIKEN:決して嫌いじゃない、見え見えの意欲 2017.10.25 自動車ニュース 決め手は、造形からにじみ出るエンジニアの「こういうのが造りたかったんだよ!」という魂の叫び!! 二輪にも精通するライター、田村十七男が、東京モーターショーで世界初公開されたヤマハの三輪バイク「NIKEN(ナイケン)」の“衝撃”を語る。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記
  • 【東京モーターショー2017】メルセデスは多様なコンセプトモデルを披露 2017.10.27 自動車ニュース