ポルシェ・マカン

ポルシェ・マカンに乗るということ 2016.04.28 A Life with PORSCHE MACAN<PR> ポルシェのコンパクトSUV「マカン」。手ごろなボディーサイズで人気だが、2リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーグレードは639万円という比較的リーズナブルな価格も魅力だ。あらためて同モデルに試乗することで、その価値について考えてみた。

日常生活でも使い勝手がいい

ポルシェのSUV、マカンはとても好ましい一台だ。SUVは、最初のアルファベットが“スポーツ”を意味しているように、そもそも運転を楽しむために乗るクルマである。スポーツとは、クルマの場合、楽しさの同義語なのだ。世のなか、しかし、たいていのクルマがSUVを名乗っている。そこにあって、スポーツカーの本家本元といえるポルシェが手がけるのがマカンである。

ポルシェ・マカンはしかも、意外と付き合いやすい。そのことを知らない人が多いようだけれど、スターティングプライスは639万円なのだ。ポルシェは高級スポーツカーのイメージが強いけれど、高価格というより高品質スポーツカーといったほうが適切である。ピュアに運転を楽しめるクルマを作る能力ゆえに高級であって、ごく限られた人しか手に入らないクルマづくりをしているわけではない。

洗練性もポルシェ・マカンの魅力だ。重さとか大きさとか武骨さとかを、SUVの魅力と考えている人もいる。かつて70年代にパリなど欧州の都市でクロスカントリー型ビークルに乗るのが、少し流行(はや)ったのと似ているだろう。意外性がおもしろがられたせいだ。ポルシェ・マカンは、しかしながら、アクティブな印象を持ちつつ、日常生活で使い勝手のよさがしっかりある。取り回しのいいボディーサイズをはじめ、街中でも違和感はまったくない。スタイリングのエレガントさゆえ、ワークブーツというより、現在の高級・高品質スポーツウエアに近い感覚だ。スーツやワンピースととらえてもおかしくないかもしれない。

「自動車開発におけるスタイリングの役目とは、新しい“顔”を作ることではなく、本当にいいものを求めるところにある」。そう述べたのは、創設者フェルディナント・ポルシェの孫であり、初代「911」のスタイリングを指揮したフェルディナント・アレグザンダー・ポルシェ(1935年~2012年)である。その思想は今も息づいていると思う。

 

過去の「ポルシェ・マカン」試乗記一覧
ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【海外試乗記】
ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】
ポルシェ・マカン(4WD/7AT)/マカンS(4WD/7AT)【試乗記】
ポルシェ・マカン(4WD/7AT)【試乗記】

→「ポルシェ・マカン」オフィシャルサイト

曲線を多様した洗練されたスタイリングは、一般的なSUVの武骨さとは一線を画すもの。
曲線を多様した洗練されたスタイリングは、一般的なSUVの武骨さとは一線を画すもの。
リアに向かって傾斜していくルーフラインはまるでスポーツカーのよう。特徴的なサイドブレードは「918スパイダー」にインスパイアされたもの。
リアに向かって傾斜していくルーフラインはまるでスポーツカーのよう。特徴的なサイドブレードは「918スパイダー」にインスパイアされたもの。
ポルシェのスポーツカーの伝統的なデザインをモチーフにしているというリアビュー。テールゲートはオートマチックパワーリフト機能が備わる。
ポルシェのスポーツカーの伝統的なデザインをモチーフにしているというリアビュー。テールゲートはオートマチックパワーリフト機能が備わる。
オプションで装着可能なバイキセノンヘッドライトには、コーナーで操舵(そうだ)角と走行速度に基づいて照射角を調整するダイナミックライトシステムも備わる。
オプションで装着可能なバイキセノンヘッドライトには、コーナーで操舵(そうだ)角と走行速度に基づいて照射角を調整するダイナミックライトシステムも備わる。
「918スパイダー」にインスパイアされたというテールライトは立体的なフォルムが特徴。輝度が高く応答性に優れるLEDが採用されている。
「918スパイダー」にインスパイアされたというテールライトは立体的なフォルムが特徴。輝度が高く応答性に優れるLEDが採用されている。
関連記事
  • ポルシェ・マカン 2016.4.28 A Life with PORSCHE MACAN<PR> ポルシェのコンパクトSUV「マカン」。手ごろなボディーサイズで人気だが、2リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーグレードは639万円という比較的リーズナブルな価格も魅力だ。あらためて同モデルに試乗することで、その価値について考えてみた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2015.5.14 試乗記 3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載する「ポルシェ・マカン」の最上級グレード「マカン ターボ」に試乗。400psのパワーとポルシェ自慢の制御デバイスが織りなす走りを試す。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る