Chapter.3

地の果てまで
走りたくなる

約900kmの長距離ドライブで
分かったパフォーマンス

ついに日本上陸を果たした新型レンジローバー イヴォーク。
英国ゆかりの地を巡る旅に出て、新開発プラットフォームとマイルドハイブリッド機構が
搭載された最新パワートレインの実力を確かめた。

文=サトータケシ/写真=花村英典

Text by Takeshi Sato / Photographs by Hidenori Hanamura

THE NEW RANGE ROVER EVOQUE

Chapter 3-1

現代的であると感じる理由

新型レンジローバー イヴォークでの旅は、横浜での撮影からスタートすることに決めた。神奈川県庁や横浜地方裁判所などが並ぶ日本大通りが、イギリス人建築家のリチャード・ヘンリー・ブラントンによって設計されたという故事にちなんでのことだ。深い意味はないけれど、イヴォークのデザインはそんな“お遊び”がしたくなるほどインプレッシブであることは間違いない。

すべてが新しくなった新型レンジローバー イヴォーク。新開発プラットフォームとマイルドハイブリッド機構を組み込んだパワートレインを採用している。

イヴォークのデザインについて深掘りすることは本稿の目的ではないけれど、横浜の街で撮影を行いながら、このクルマのデザインが極め て現代的であると感じる理由に思い当たった。ファッションでも音楽でもスポーツでも、ストリートの文化が色濃く反映されるのが現代のトレンドだ。たとえば高級ファッションブランドはグラフィティー調の色柄を取り入れたり、ヒップホップから着想を得たダブッとした洋服を作っている。あるいはスケートボードがオリンピックの種目になるなど、昔からの文化とストリートカルチャーの境目がなくなりつつある。

英国人建築家R.H.ブラントンの設計によって明治3年頃に完成した、日本で初めての西洋式街路、横浜・日本大通りを行く新型イヴォーク。

ボディーの凹凸を極力廃した、ヴェラール譲りのツルンとしたイヴォークのデザイン処理にも、カスタマイズカーの世界でスムージングと呼ばれる手法の影響が感じられる。レンジローバーというラグジュアリーなブランドがカスタマイズカーの世界と通じているのは、高級ファッションブランドがヒップホップの世界観を取り入れているのと同じ構図だ。クルマは世につれ、世はクルマにつれ。レンジローバー イヴォークがかっこいいだけでなくイマっぽく見えるのには、そんな背景があると考える。

最新のデジタルデバイスを積極的に取り入れ、進化を遂げた内装デザイン。一方で、ユーカリ素材や再生ポリエステルから作られたテキスタイルを仕様に応じて採用するなど、環境にも配慮がなされている。

内装のテキスタイルに、ユーカリ素材を使ったものや再生ポリエステルから作られたDinamicaスエードクロスを用意するなど、環境に配慮している点も、現代のラグジュアリーブランドらしい姿勢だ。

新型イヴォークには、2リッター直4ディーゼルと、出力の異なる3種類の2リッター直4ガソリンエンジンが用意される。

能書きはそれぐらいにして、旅をスタートさせたい。今回の旅の相棒は、レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV。日本仕様のエンジンラインナップは4種で、2リッターのディーゼル(最高出力180ps)と、2リッターのガソリンがチューン違いで3種(それぞれ最高出力が200ps、248ps、300ps)。今回の相棒は最もチューンが高い300ps仕様で、後述するマイルドハイブリッドの機能を備えている。

この旅の目的は、長い距離を走って新型イヴォークのポテンシャルをじっくり見極めることだ。スタートボタンで300psを目覚めさせ、旅が始まった。

横浜から英国ゆかりの地を巡るロングドライブのパートナーは、新型イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV。

  • すべてが新しくなった新型レンジローバー イヴォーク。新開発プラットフォームとマイルドハイブリッド機構を組み込んだパワートレインを採用している。

  • 英国人建築家R.H.ブラントンの設計によって明治3年頃に完成した、日本で初めての西洋式街路、横浜・日本大通りを行く新型イヴォーク。

  • 最新のデジタルデバイスを積極的に取り入れ、進化を遂げた内装デザイン。一方で、ユーカリ素材や再生ポリエステルから作られたテキスタイルを仕様に応じて採用するなど、環境にも配慮がなされている。

  • 新型イヴォークには、2リッター直4ディーゼルと、出力の異なる3種類の2リッター直4ガソリンエンジンが用意される。

  • 横浜から英国ゆかりの地を巡るロングドライブのパートナーは、新型イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV。

レンジローバー イヴォークの
最新情報はこちら

THE NEW RANGE ROVER EVOQUE

Chapter 3-2

完成度の高い
新開発パワートレイン

マイルドハイブリッドの恩恵は、高速道路に上がる前に横浜の街をお散歩するところから感じられた。どんな恩恵だったかを記す前に、マイルドハイブリッドの仕組みを簡単に紹介したい。

新型イヴォークでは、「リダクショニズム」という理念に基づく、モダンなエクステリアデザインが採用されている。

イヴォークのマイルドハイブリッドシステムは、ジェネレーターとスターターの役割を担うBiSG(ベルト・インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)と、48Vのバッテリーを組み合わせたもの。減速時にエネルギーを電気としてバッテリーに蓄え、発進時にはこのエネルギーを用いて加速をアシストする。また、速度が17km/h以下に落ちるとエンジンは停止する。

将来の電動化をにらんで開発された新しいプラットフォームを採用。

したがって、信号からのゼロ発進ではすーっと滑らかに加速する。電気のアシストを受けてエンジン回転がむやみに高くならないから、ストップ&ゴーが続く市街地でのノロノロ走行では、静かさを享受することができる。また、BiSGによって余裕をもってエンジンを始動することができるので、アイドルストップからエンジン始動、そして発進というプロセスを滑らかに行うことができる。街中をスムーズかつ静かに走ることに乗り心地のよさも加わって、従来型イヴォークに比べてさらに洗練されたような印象を受ける。ちなみに、マイルドハイブリッドによって燃費は6%の向上を果たしたという。

新緑のワインディングロードを駆け抜ける新型イヴォーク。ドライバーの意図に敏感に反応する、出来のいい9段ATによって、スポーティーなドライビングが楽しめる。

乗り心地のよさは、将来の電動化をにらんで開発された新しいプラットフォーム「PTA(Premium Transverse Architecture)」によってもたらされたと考えられる。ドアのヒンジ以外の99%が新設計のボディー構造で、ハンドルを握っていると「カッチリしたボディー」と「よく伸び縮みする足」の理想的な組み合わせになっていることが伝わってくる。

今回の試乗車には、“スタイル5078”5本スプリットスポークデザインの21インチホイールと、245/45R21のグッドイヤー・イーグルF1アシメトリック3 SUVタイヤが装着されていた。

  • 新型イヴォークでは、「リダクショニズム」という理念に基づく、モダンなエクステリアデザインが採用されている。

  • 将来の電動化をにらんで開発された新しいプラットフォームを採用。

  • 新緑のワインディングロードを駆け抜ける新型イヴォーク。ドライバーの意図に敏感に反応する、出来のいい9段ATによって、スポーティーなドライビングが楽しめる。

  • 今回の試乗車には、“スタイル5078”5本スプリットスポークデザインの21インチホイールと、245/45R21のグッドイヤー・イーグルF1アシメトリック3 SUVタイヤが装着されていた。

レンジローバー イヴォークの
最新情報はこちら

THE NEW RANGE ROVER EVOQUE

Chapter 3-3

目線がブレないから疲れない

高速道路は、実に穏やかな気持ちで走ることができる。理由は大きくふたつ。まず、圧倒的に静かだ。4気筒のインジニウムエンジンがスムーズで静かなことに加えて、この手のクルマで耳に障る風切り音がまったくといっていいほど気にならないのだ。遮音と防音がしっかりなされているあたりは、ここにも「PTA」の効果が表れているのかもしれない。

軽井沢に向かう碓氷峠に架かる、通称めがね橋と呼ばれる碓氷第三橋梁を横目に見ながら。きつい登り勾配を苦もなく行く新型イヴォーク。

そしてもうひとつ、フラットな姿勢が保たれることも穏やかな気持ちで走れる理由のひとつだ。4本の足それぞれがウネウネと動き、常に姿勢がフラットだから目線がブレない。ブレないから気持ちは穏やかだし、長時間ドライブしても疲れない。

メカニカルスイッチを最小限としたダッシュボードには、メーターパネルに1つ、センターコンソール上下に1つずつと、計3枚の液晶パネルを配置。直感的に使えるユーザーインターフェイスを実現している。

軽井沢まで一気に突っ走っても疲れを感じなかったことには、シートのよさも大きく貢献している。見た目はなんてことのない形状だし、ホールドされているとかサポートされているという感覚はないものの、座る位置や姿勢を変えることなくいつまでも座っていられる魔法のシートだった。

エンジンと9段ATのコンビネーションは抜群。シフトパドルも装備されており、スピーディーなマニュアル操作も行える。

関越道から上信越道に入り、軽井沢までの登り勾配では、パワフルかつ気持ちよく回るエンジンとともに、シームレスに変速する9段ATの出来栄えに感心する。アクセルペダルを踏み込むと、ドライバーの意図を敏感に察知、素早くギアを落としてエンジン回転を高める。こう書くとあたりまえのように思われるかもしれないけれど、反応の俊敏さとほとんどショックを感じさせないシフトダウンはちょっとうれしくなるほど。あたりまえのことをうれしくなるレベルで実現しているあたり、エンジンとトランスミッションの連携プレーが練りに練られているという印象だ。

軽井沢駅周辺は霧と雨であったが、浅間-白根火山ルートを登った先は、浅間山がくっきり見えるほどの青空に。しかしこの好天も10分と続かなかった。

ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を使おうとしてなるほどと思ったのは、そのインターフェイスの優秀さだ。親指のワンアクションでACCが作動して先行車両に追従する体勢になるのだ。つまり、「よし、追従しよう」と思ったその瞬間に追従を開始する。上限速度の設定や車間距離の調整などはその後のプロセスになるけれど、これも直感で操作しやすい。

かつてジョン・レノンが愛したという軽井沢の万平ホテルで小休止。喧騒とは無縁の、静かなひと時を過ごせた。

運転を代わってもらい、後席を試す。従来型も、あんな格好だと居住空間は期待できないだろうと思ったら大間違いだったけれど、新型はさらに20mmホイールベースを延長して後席と荷室の拡大に充てている。身長180cmの筆者が前席のシート位置を合わせた状態で後席に座っても、頭上空間とレッグスペースには十分な余裕があった。

といった具合に快適に移動して、軽井沢の万平ホテルでジョン・レノンを気取ってロイヤルミルクティーを味わう。イヴォークの造形美は、クラシックな万平ホテルの車寄せに置いてもしっかりとした存在感を放っている。

  • 軽井沢に向かう碓氷峠に架かる、通称めがね橋と呼ばれる碓氷第三橋梁を横目に見ながら。きつい登り勾配を苦もなく行く新型イヴォーク。

  • メカニカルスイッチを最小限としたダッシュボードには、メーターパネルに1つ、センターコンソール上下に1つずつと、計3枚の液晶パネルを配置。直感的に使えるユーザーインターフェイスを実現している。

  • エンジンと9段ATのコンビネーションは抜群。シフトパドルも装備されており、スピーディーなマニュアル操作も行える。

  • 軽井沢駅周辺は霧と雨であったが、浅間-白根火山ルートを登った先は、浅間山がくっきり見えるほどの青空に。しかしこの好天も10分と続かなかった。

  • かつてジョン・レノンが愛したという軽井沢の万平ホテルで小休止。喧騒とは無縁の、静かなひと時を過ごせた。

レンジローバー イヴォークの
最新情報はこちら

THE NEW RANGE ROVER EVOQUE

Chapter 3-4

ドライバーを高ぶらせる
サウンド

旅の最終目的地、日光に至るいろは坂で、このクルマのまったく別の一面を知る。ダイナミックモードを選ぶと、4本の足はビシッと引き締まったものへと変身、ヘアピンカーブの連続を一気に駆け上がってみせたのだ。インジニウムエンジンと9段ATの連携もさえ渡り、コーナーからの脱出では鋭いピックアップでドライバーを喜ばせる。しかも、3500rpmあたりから上の回転域ではいい音でドライバーの気持ちを高ぶらせる。

遮音と防音がしっかりなされており、風切り音がまったくといっていいほど気にならない新型イヴォークの走り。これも刷新されたプラットホームの恩恵といえそうだ。

街中ではやさしく、高速道路では快適、そしてワインディングロードではエキサイティング。しかも後席と荷室が拡大されて実用性も増しているから、まさに多用途車である。さらには、従来型と比べて渡河水深が100mmアップの600mmになっていたり、ボンネット下の視界を確保する「ClearSightグラウンドビュー」を採用するなど、オフロードを走るための能力もさらに磨かれている。市街地と高速道路での移動、そしてワインディングロードとオフロードで、4つの顔を持つクルマであった。

ヒーター&クーラーとマッサージ機能、メモリー機能がセットでオプション設定となるフロント16ウェイフロントシート。長距離走行でも疲れ知らずだった。

そんなことを考えながら、中禅寺湖畔の英国大使館別荘記念公園に到着。この建物は、もともとは英国外交官アーネスト・サトウの個人の別荘として1896(明治29)年に建てられたもので、後に英国大使館別荘としても使われた。湖にボートを浮かべたり山に登って植物を採取したり、そういうぜいたくな時間を過ごすためにレンジローバーのようなクルマを作るんだな、としみじみ感じながら、イヴォークのノーズを東京へ向けた。

初代モデルよりも広い後席の居住空間。シートバックは60:40の分割可倒式で、ラゲッジスペースには長尺物の収容も可能だ。

帰路は高速道路の一部で雷雨に見舞われたけれど、状況に応じて前後輪へトルクを配分するイヴォークの4駆システムはドライバーに絶大な安心感を伝えてくれるから、涼しい顔でハンドルを握っていられる。そしてこの、ハンドルから伝わる手応えが、実にしっかりしていて信頼できる。シートの掛け心地といいハンドルの手応えといい、実際に体が接する部分のタッチがいいのは、イヴォークに限らずレンジローバーというブランドの美点だ。

日光・中禅寺湖畔にある英国大使館別荘記念公園。イギリスの外交官アーネスト・サトウの個人の別荘として1896(明治29)年に建てられたものを復元、一般公開されている。

こうして、約900kmに及ぼうとする試乗は終わった。サイズも手ごろで小回りが利くし、見た目の印象と違ってボディーの四隅も把握しやすいから、都市部でおしゃれに乗るのにも向いているクルマだ。けれどもロングドライブで快適さや信頼感、そしてファン・トゥ・ドライブを経験すると、やはり地の果てまで駆け抜けたくなる類いのクルマだった。900km近く走ってからもっと走りたいと思えるクルマは、そう多くはないはずだ。

横浜をスタートし、軽井沢から日光へと、2日間で約900kmを走行。それでももっと走りたいと思わせてくれるのが、新型イヴォークだった。

  • 遮音と防音がしっかりなされており、風切り音がまったくといっていいほど気にならない新型イヴォークの走り。これも刷新されたプラットホームの恩恵といえそうだ。

  • ヒーター&クーラーとマッサージ機能、メモリー機能がセットでオプション設定となるフロント16ウェイフロントシート。長距離走行でも疲れ知らずだった。

  • 初代モデルよりも広い後席の居住空間。シートバックは60:40の分割可倒式で、ラゲッジスペースには長尺物の収容も可能だ。

  • 日光・中禅寺湖畔にある英国大使館別荘記念公園。イギリスの外交官アーネスト・サトウの個人の別荘として1896(明治29)年に建てられたものを復元、一般公開されている。

  • 横浜をスタートし、軽井沢から日光へと、2日間で約900kmを走行。それでももっと走りたいと思わせてくれるのが、新型イヴォークだった。

Chapter List

  • Chapter.1

    2010年7月の衝撃

    リポートを読む

  • Chapter.2

    新時代を切り開くための革新

    リポートを読む

  • Chapter.4

    イヴォークが見せてくれた風景

    リポートを読む

  • Chapter.5

    小山薫堂
    新型イヴォークを語る

    リポートを読む