第2回:フォード・クーガ(高山正寛)

クーガを見ずしてSUVを選ぶなかれ 2016.06.01 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> 日本からの撤退がアナウンスされたとはいえ、いや、そんな今だからこそ、もう一度しっかりとこのクルマの本質を知っておきたい。フォードのミドルサイズSUV「クーガ」の実力をあらためて確かめた。

どこまで本気だったのか

SUV市場が、グローバルではもちろん日本国内においても重要視すべきマーケットであることは、今更説明は不要だろう。昨今はパワートレインの種類や、燃費を含めた環境性能、そして先進安全装備などもクルマの販売にとっては重要なファクターだが、やはりデザインからくる「パッと見た際の第一印象」は何よりもインパクトがあり、国内外のメーカーがこのマーケットに積極的に参入している勢いは止められない。

今回とりあげるのは、そのSUV市場にフォードが投入したクーガだが、このクルマを語る前に、フォードという企業が結局日本をどう見ていたかがどうしても気になってしまう。「ブランド認知度」などという難しい言葉を使うつもりはない(言い始めるときりがないので)。とにかく、誰もが知っている世界的なブランドなのにあまりにも店舗数が少なすぎる(2016年5月現在で54店舗)。いくらこちら側が「いいクルマだ」と伝えても、直営・独立系ディーラーを合わせても日本国内をフルカバーできていたとは正直言いきれない部分もあった。

一方で、プロダクトに関していえば、ここで紹介するクーガやグローバルに高い評価を続けている「フォーカス」、そして走れば「これは面白い!」と感じる「フィエスタ」など、決してマニア向けではない優れた製品もしっかりリリースされていた。ただし、国内市場を考えれば要求したくなるのが「右ハンドル車」である。フォードの得意分野のひとつに大型SUVがあるが、それらに右ハンドル仕様が設定されなかったのも残念である。

要は、市場に対する「分かっていても手が打てなかった」というジレンマが、現在の状況を招いてしまったと考えている。やはりここまで書いておかないと、なかなかクーガの魅力を説いても理解してもらえないと思うので、あえて書かせてもらった次第だ。

第1回:ヘビーユーザーにこそ薦めたい(渡辺敏史)
→第3回:“いいクルマ”の典型(森 慶太)

→「フォード・クーガ」オフィシャルサイト

 

「フォード・クーガ」のインテリア。上級グレード「タイタニアム」には、間接照明の「アンビエント・ライティング」が装備される。
「フォード・クーガ」のインテリア。上級グレード「タイタニアム」には、間接照明の「アンビエント・ライティング」が装備される。
「タイタニアム」のレザーシート。運転席と助手席には10wayの電動調整機構とシートヒーターが備わる。
「タイタニアム」のレザーシート。運転席と助手席には10wayの電動調整機構とシートヒーターが備わる。
大きなロワグリルが特徴的なフロントまわり。フォグランプが標準装備される。
大きなロワグリルが特徴的なフロントまわり。フォグランプが標準装備される。
現行モデルの「クーガ」には、エントリーグレードの「トレンド」と上級グレードの「タイタニアム」(写真)の2種類がラインナップされる。
現行モデルの「クーガ」には、エントリーグレードの「トレンド」と上級グレードの「タイタニアム」(写真)の2種類がラインナップされる。
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る