第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史)

ヘビーユーザーにこそ薦めたい 2016.06.01 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。

返す返す、もったいない

フォードが正式に日本法人を設立したのは1925年。それ以前の日本に輸出されていた時期も含めると、第2次大戦中の接収期間を差し引いても、この地で実に1世紀以上の歴史を紡いだことになる。それを今更とやかく言うことに意味はないが、撤退の重みはわれわれが想像する以上に大きなものだろう。

仕方がないと思いつつも、現状のモデル群の出来栄えを考えると、思わず「もったいない」と口走ってしまう自分の至らなさにはこの際目をつぶっていただきたい。「フィエスタ」や「フォーカス」、このクーガのような欧州系フォードのプロダクトは特に日本の使用環境との親和性も高く、好みが合えば絶好の選択となるはずだ。現実的な話をすれば、現在はいわゆる在庫処分的な状況で、値引きもガッチリ期待できるという。そして詳細は発表されていないが、保証やアフターサービスは従来と同様のものを提供するとフォードは明言している。

とはいえ、最終的には自己責任。そこを踏まえてでも欲しいと思わせる最大の理由は他に類を見ない走りにある。ずどんと据わった直進性とシャープなコーナリングを支えるのは、ずばぬけたロードホールディング性能だ。初代フォーカスのころは、ライバルとは一線を画す運動性能の高さが前面に押し出されていた。以降、モデルチェンジごとに操作系の重さや乗り心地の粗さが改善され、現在のモデル群はタウンスピードでもおおむね快適な乗り心地を供している。

第2回:クーガを見ずしてSUVを選ぶなかれ(高山正寛)
→第3回:“いいクルマ”の典型(森 慶太)

→「フォード・クーガ」オフィシャルサイト

 

「フォード・クーガ」のインテリア。ステアリングホイールとシフトセレクターは全車本革巻きとなる。
「フォード・クーガ」のインテリア。ステアリングホイールとシフトセレクターは全車本革巻きとなる。 拡大
上級グレード「タイタニアム」に装備されるフルレザーシート。
上級グレード「タイタニアム」に装備されるフルレザーシート。 拡大
グレード構成は2種類、1.5リッターターボの「トレンド」と2リッターターボの「タイタニアム」が用意される。
グレード構成は2種類、1.5リッターターボの「トレンド」と2リッターターボの「タイタニアム」が用意される。 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • ハスクバーナ・ヴィットピレン701(MR/6MT)【レビュー】 2018.4.12 試乗記 北欧のバイクブランド、ハスクバーナから待望のロードモデル「ヴィットピレン701」が登場。700ccクラスのビッグシングルエンジンと、250ccクラスに比肩する軽さが織り成す走りとは? “白い矢”という名を冠したニューモデルの実力をリポートする。
  • ドゥカティ・スクランブラー1100スペシャル(MR/6MT)【レビュー】 2018.4.7 試乗記 往年のダートトラッカーを思わせるスタイリングと、ビート感あふれるL型2気筒エンジンが魅力の「ドゥカティ・スクランブラー」シリーズに、リッターオーバーの大排気量を誇る「1100」が登場。その出来栄えを、ポルトガルのワインディングロードで確かめた。
  • フォードF-150ラプター(4WD/10AT)【試乗記】 2018.3.2 試乗記 これぞオフロードのスーパーカー! アメリカにおける不動のベストセラー「フォードF-150」のハイパフォーマンスバージョンにあたる「ラプター」を、まさかの日本で試乗。荒野を走破するためだけに開発されたモンスターの、意外な一面をリポートする。
ホームへ戻る