機能と装備から読み解くランドクルーザープラドの魅力と実力

お父さんはもちろん、家族全員にとってうれしい装備が充実。ファミリーカーとしても信頼できるランドクルーザープラドの実力を、さまざまな角度から検証する。

お父さんはもちろん、家族全員にとってうれしい装備が充実。
ファミリーカーとしても信頼できるランドクルーザープラドの実力を、さまざまな角度から検証する。

文=鈴木ケンイチ/写真=尾形和美

撮影車両 トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(オプション装着車)

ボディーカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション)
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4760×1885×1835mm
エンジン:2.8リッター直4 DOHC ディーゼル ターボ 駆動方式:4WD 乗車定員:7人

強固なラダーフレームは本格SUVの証し

どんなに荒れた大地であろうとも、クルーザーのように悠々とつき進む。優れた走破性と類いまれなる高い耐久性と信頼性、そして快適性の高さを備える「ランドクルーザー」は、世界中で高い支持を得る、日本を代表するモデルのひとつだ。

「ランドクルーザープラド」は、そのランドクルーザーシリーズの一員として、よりパーソナル色を強めたモデルである。2009年にデビューした現行の第4世代は、世界170以上の国や地域で広く販売されている。

この第4世代モデルの特徴は、ランドクルーザーの伝統となる高い信頼性や快適性を、最新のテクノロジーを用いてさらなる高みへ引き上げたことにある。走行性能で言えば、伝統のラダーフレーム構造を採用していることが挙げられる。ラダーフレームとは、文字通りのはしご状で車体の前後方向を貫くサイドレールと横方向のクロスメンバーで構成されたフレーム構造のことだ。曲げやねじりに対する高い強度・剛性が確保でき、耐久性に優れるほか、ボディーが衝撃を受けた際に、モノコック構造の車体に比べ、ダメージを受けにくいというメリットもある。この優れた構造を継続しつつ、新たに電子制御エアサスペンションや可変スタビライザーを設定。従来モデルからさらに高められた車体剛性に加え、走行シーンにあわせて柔軟に変化する先進の足まわりを得たことで、ランドクルーザープラドはオフロードだけでなくオンロードでの走行性能も一気に高めている。

世界中で活躍するランドクルーザープラドの車体には、頑丈なラダーフレームの上にボディーを載せるボディーオンフレーム構造が採用されており、過酷な使用環境のもとでも何万kmもの距離を走破できる、強靭(きょうじん)な耐久性を有している。

優れた操縦安定性や高いロール剛性の恩恵は、ドライバーのみならず、同乗する家族にも快適な乗り心地として提供される。すべての乗員にとってうれしい進化だ。また、パワートレインには新開発の2.8リッタークリーンディーゼルエンジンが採用されているが、今現在、このエンジンが国内で搭載されているのはランドクルーザープラドだけである。

近年注目を集める先進安全運転支援システムについても、衝突被害軽減自動ブレーキ「プリクラッシュセーフティーシステム」や前走車を追従する「レーダークルーズコントロール」が搭載される。「ランクル=古き良き時代の武骨なクルマ」というイメージは過去のもの。最新のランドクルーザープラドは、時代の歩みと共にアップデートされている先進機能満載のSUVなのだ。
※TZ-G にメーカーオプション

ランドクルーザープラドのインストゥルメントパネルまわり。
左右独立温度コントロールフルオートエアコンや快適温熱シート
(運転席・助手席)など、快適装備が充実している。
※TZ-G、TX“Lパッケージ”に標準装備

ダイヤル式トランスファー切り替えスイッチと、センターデフロックスイッチ、ダウンヒルアシストコントロールスイッチ。悪路走破性能に妥協しない、本格SUVの証しである。