第288回:大矢アキオのつれづれなるままにジュネーブショー(後編)−プジョーの「赤ちょうちん」に誘われて

2013.03.22 エッセイ

第288回:大矢アキオのつれづれなるままにジュネーブショー(後編)−プジョーの「赤ちょうちん」に誘われて

ショーで気になったVIP

「ジュネーブショー2013」が3月17日、幕を閉じた。「周辺国の経済状況が悪化しているなか……」と前置きしながら、プレスリリースに記されている主催者の発表によると、一般公開日11日間の総入場者数は約69万人で、前年比マイナス2%だった。それでも、約40%が周辺各国からの来場者で占められたのは、さすがジュネーブである。

そのジュネーブショー2013では、今回も自動車界で働くさまざまな人を身近に見ることができた。最もフラッシュを浴びていたのは、フェラーリ初の市販ハイブリッドモデルを発表した同社会長のルカ・ディ・モンテゼーモロであった。

新型車の名前が「ラ・フェラーリ」であることを彼が発表した瞬間、そのあまりにベタなネーミングに思わずボクはドリフターズにおけるギャグの“ずっこけポース”をしてしまいそうになった。
それはともかく、モンテゼーモロは、65歳にもかかわらず、一緒にフォトセッションに参加したフィアットのジョン・エルカーン会長や、同社のマルキオンネCEOの影を薄くしてしまうほどの人気ぶりだった。イタリアのテレビには、彼の物まねをする芸人まで登場する。イタリア自動車業界にとって、このような強烈なキャラクターをもった人物は、これからしばらく現れないであろう。
いっぽう、意外なところで見かけた気になるVIPといえば、ラタン・タタだ。ご存じのとおりインド産業界を代表する人物であり、ジャガーやランドローバーをも傘下に収めるタタグループの総帥だったが、2012年末をもって自ら第一線を引退し名誉会長となった。
ラタン・タタは、中国・上海の新ブランド「クオロス」の初出展ブースを、とりわけ熱心に見学していた。

クオロスは中国・奇瑞汽車(きすいきしゃ)とイスラエル系投資会社との折半出資で設立されたブランドである。世界の自動車産業の軸が移動していることを感じさせる光景だった。

いっぽうで、限られた顧客を相手にカスタムカーを造り続けるスイスのスバッロは、今年ジュネーブ連続出展40周年を祝った。記念作は、あるスイス在住米国人のために、「ジャガーXKRコンバーチブル」をベースにデザインした「Jaclyn(ジャクリーン)」だ。ちなみに“Jaclyn”とは発注したオーナーの令嬢の名前である。

主宰のフランコ・スバッロは今年74歳になる。それでも自らの作品制作と、約20年前に立ち上げたカーデザイン学校の校長という、ふたつの顔で働き続けている。「今年度の学生はどうですか?」とボクが質問すると、「とても優秀ですよ」と眼鏡の奥の目を細め、うれしそうにほほ笑んだ。

ジュネーブショー2013における新型車「ラ・フェラーリ」のフォトセッション。S.マルキオンネ(写真中央)や、ジョン・エルカーン(写真左)の奥にいても、モンテゼーモロの放つオーラは数段上である。
ジュネーブショー2013における新型車「ラ・フェラーリ」のフォトセッション。S.マルキオンネ(写真中央)や、ジョン・エルカーン(写真左)の奥にいても、モンテゼーモロの放つオーラは数段上である。
上海初の新ブランド「クオロス」のセダンに乗るタタのラタン・タタ名誉会長。
上海初の新ブランド「クオロス」のセダンに乗るタタのラタン・タタ名誉会長。
ラタン・タタ(写真右)と、BMW MINIのデザインを長年手がけ、クオロスに移籍したG.ヒルデブラント(写真左)。
ラタン・タタ(写真右)と、BMW MINIのデザインを長年手がけ、クオロスに移籍したG.ヒルデブラント(写真左)。
スバッロのジュネーブ連続出展40周年記念作「ジャクリーン」。フランコ・スバッロ(写真右)と、このモデルを依頼したスイス在住米国人オーナーの嬢・ジャクリーン嬢(写真左)。(Photo=Sbarro)
スバッロのジュネーブ連続出展40周年記念作「ジャクリーン」。フランコ・スバッロ(写真右)と、このモデルを依頼したスイス在住米国人オーナーの嬢・ジャクリーン嬢(写真左)。(Photo=Sbarro)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。