アストン・マーティンが100周年記念モデルを発表

2013.01.18 自動車ニュース

アストン・マーティン、「ヴァンキッシュ」に創立100周年記念限定車を設定

英国のアストン・マーティンは2013年1月15日、オーダーメイドの特別限定モデル「ヴァンキッシュ100周年記念エディション」を発表。予約受付を開始した。

今回の特別限定車は、1913年に誕生したアストン・マーティンが、今年で創立100周年を迎えるのに合わせて用意されたもので、「ヴァンキッシュ」を皮切りに「V8ヴァンテージ」「DB9」「ラピード」にも順次設定を予定。販売台数は、各モデルとも世界限定100台となっている。

第1弾となる「ヴァンキッシュ100周年記念エディション」は、外装に「トランス・フラックス」エナメルインレイ入りの純銀製エンブレムや、特別限定車であることを示す専用プレートなどを装着。ボディーカラーはグラデーション処理を施した特別色で、専用の染色剤を使用してインナーペイントを暗色化するなど、塗装工程には標準車より18時間も長い時間を費やしている。

一方インテリアには、「One-77」と同じディープソフト・ブラックレザーを採用。各部のステッチや、シートにあしらわれるエンブレム刺しゅうなどは、いずれもシルバーとなっている。サイドシルには、シリアルナンバーが記された専用の純銀製サイドシルプレートを備えている。

さらに今回の特別限定車には、創立100周年の記念品が入ったギフトボックスも付属。中身は2本のガラスキーや、内装色と同色のレザー・キーポーチ、アストン・マーティンのイニシャル入り純銀カフリンクス、同じく純銀製のローラーボールペン、バング&オルフセンの高性能ヘッドホンなどとなっており、純銀製のエンブレムやサイドシルプレートのケアに使用する、シルバーポリッシュクロスも収められている。

なお、日本における価格や納車時期などは未定とのこと。

(webCG)

「アストン・マーティン ヴァンキッシュ 100周年記念エディション」
「アストン・マーティン ヴァンキッシュ 100周年記念エディション」 拡大
 
アストン・マーティンが100周年記念モデルを発表の画像 拡大
 
アストン・マーティンが100周年記念モデルを発表の画像 拡大
アストン・マーティンの創立100周年を記念するロゴ。
アストン・マーティンの創立100周年を記念するロゴ。 拡大

関連キーワード:
ヴァンキッシュアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 AMRシグネチャーエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.6.12 試乗記 12気筒エンジンを搭載する「アストンマーティンDB11」をベースに開発された、高性能モデル「DB11 AMR」に試乗。足まわりやパワートレインのチューニングは大掛かりではないものの、その走りは、オリジナルとは大きく異なるものだった。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2018.7.13 試乗記 「アストンマーティンDB11ヴォランテ」に試乗した。その成り立ちを少々乱暴に表すならば、「V8クーペ」のオープントップモデル。しかしながらヴォランテは、クーペとも「V12」とも違う楽しみ方ができる、独自の魅力を備えたクルマに仕上がっていた。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • メルセデス・ベンツCクラス セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.6.29 試乗記 4代目になってから5年目、「メルセデス・ベンツCクラス」が大幅改良。外観の変化は少ないが、パワーユニットはガソリン・ディーゼルともに一新。セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4ボディーすべてのモデルにルクセンブルグで試乗した。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.30 試乗記 ワゴンボディーをまとう「ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ」のトップパフォーマンスモデルに試乗。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最高速304km/hを誇る、その走りとは? 標準ボディーとの比較も合わせてリポートする。
ホームへ戻る