アストン・マーティンが100周年記念モデルを発表

2013.01.18 自動車ニュース

アストン・マーティン、「ヴァンキッシュ」に創立100周年記念限定車を設定

英国のアストン・マーティンは2013年1月15日、オーダーメイドの特別限定モデル「ヴァンキッシュ100周年記念エディション」を発表。予約受付を開始した。

今回の特別限定車は、1913年に誕生したアストン・マーティンが、今年で創立100周年を迎えるのに合わせて用意されたもので、「ヴァンキッシュ」を皮切りに「V8ヴァンテージ」「DB9」「ラピード」にも順次設定を予定。販売台数は、各モデルとも世界限定100台となっている。

第1弾となる「ヴァンキッシュ100周年記念エディション」は、外装に「トランス・フラックス」エナメルインレイ入りの純銀製エンブレムや、特別限定車であることを示す専用プレートなどを装着。ボディーカラーはグラデーション処理を施した特別色で、専用の染色剤を使用してインナーペイントを暗色化するなど、塗装工程には標準車より18時間も長い時間を費やしている。

一方インテリアには、「One-77」と同じディープソフト・ブラックレザーを採用。各部のステッチや、シートにあしらわれるエンブレム刺しゅうなどは、いずれもシルバーとなっている。サイドシルには、シリアルナンバーが記された専用の純銀製サイドシルプレートを備えている。

さらに今回の特別限定車には、創立100周年の記念品が入ったギフトボックスも付属。中身は2本のガラスキーや、内装色と同色のレザー・キーポーチ、アストン・マーティンのイニシャル入り純銀カフリンクス、同じく純銀製のローラーボールペン、バング&オルフセンの高性能ヘッドホンなどとなっており、純銀製のエンブレムやサイドシルプレートのケアに使用する、シルバーポリッシュクロスも収められている。

なお、日本における価格や納車時期などは未定とのこと。

(webCG)

「アストン・マーティン ヴァンキッシュ 100周年記念エディション」
「アストン・マーティン ヴァンキッシュ 100周年記念エディション」
 
アストン・マーティンが100周年記念モデルを発表の画像
 
アストン・マーティンが100周年記念モデルを発表の画像
アストン・マーティンの創立100周年を記念するロゴ。
アストン・マーティンの創立100周年を記念するロゴ。

関連キーワード:
ヴァンキッシュアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 2016.3.1 画像・写真 アストンマーティンが、ジュネーブショー2016において新型車「DB11」を発表した。2003年に登場した「DB9」の後継モデルに当たり、パワーユニットには自社開発の5.2リッターV12ターボエンジンを採用している。アストンの新しい基幹モデルを、写真で紹介する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティン・ラピードS シャドーエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.10.13 試乗記 「アストンマーティン・ラピードS」は不思議な存在だ。ある時はスポーツカー、またある時はフォーマルサルーン、そしてハッチゲートを開ければ“ユーティリティービークル”に早変わり。しかしてその実体は……。 特別仕様車「シャドーエディション」に試乗した。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記