アストン・マーティンが100周年記念モデルを発表

2013.01.18 自動車ニュース

アストン・マーティン、「ヴァンキッシュ」に創立100周年記念限定車を設定

英国のアストン・マーティンは2013年1月15日、オーダーメイドの特別限定モデル「ヴァンキッシュ100周年記念エディション」を発表。予約受付を開始した。

今回の特別限定車は、1913年に誕生したアストン・マーティンが、今年で創立100周年を迎えるのに合わせて用意されたもので、「ヴァンキッシュ」を皮切りに「V8ヴァンテージ」「DB9」「ラピード」にも順次設定を予定。販売台数は、各モデルとも世界限定100台となっている。

第1弾となる「ヴァンキッシュ100周年記念エディション」は、外装に「トランス・フラックス」エナメルインレイ入りの純銀製エンブレムや、特別限定車であることを示す専用プレートなどを装着。ボディーカラーはグラデーション処理を施した特別色で、専用の染色剤を使用してインナーペイントを暗色化するなど、塗装工程には標準車より18時間も長い時間を費やしている。

一方インテリアには、「One-77」と同じディープソフト・ブラックレザーを採用。各部のステッチや、シートにあしらわれるエンブレム刺しゅうなどは、いずれもシルバーとなっている。サイドシルには、シリアルナンバーが記された専用の純銀製サイドシルプレートを備えている。

さらに今回の特別限定車には、創立100周年の記念品が入ったギフトボックスも付属。中身は2本のガラスキーや、内装色と同色のレザー・キーポーチ、アストン・マーティンのイニシャル入り純銀カフリンクス、同じく純銀製のローラーボールペン、バング&オルフセンの高性能ヘッドホンなどとなっており、純銀製のエンブレムやサイドシルプレートのケアに使用する、シルバーポリッシュクロスも収められている。

なお、日本における価格や納車時期などは未定とのこと。

(webCG)

「アストン・マーティン ヴァンキッシュ 100周年記念エディション」
アストン・マーティンが100周年記念モデルを発表
 
アストン・マーティンが100周年記念モデルを発表
 
アストン・マーティンが100周年記念モデルを発表
アストン・マーティンの創立100周年を記念するロゴ。
アストン・マーティンが100周年記念モデルを発表

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴァンキッシュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アストンマーティン、600psの新型「ヴァンキッシュS」を発表 2016.11.16 自動車ニュース 英アストン・マーティンは2016年11月16日(現地時間)、新たなフラッグシップクーペとなる新型「ヴァンキッシュS」を発表した。従来モデルの「ヴァンキッシュ」からエンジン、シャシー、エアロダイナミクスが見直され、走行性能が強化されている。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
ホームへ戻る