第247回:【Movie】実録! これがパリ式電気自動車カーシェアリングの「お作法」だ

2012.06.01 エッセイ

第247回:【Movie】実録! これがパリ式電気自動車カーシェアリングの「お作法」だ

無人登録ステーションにゴー!

パリのカーシェアリング「オトリブ」体験記の後編である。
専用サイトを通じて必要書類を送信するも、天候と旅程の都合でカーシェアリング専用電気自動車「ブルーカー」の試乗を諦めたことは、前回記したとおりだ。

ようやく先日、再びパリに降り立った。いよいよブルーカーに乗れる。早速カマボコ型兵舎のような無人登録ステーションに赴き、画面の女性オペレーターと会話する。1日(24時間)契約は基本料金10ユーロ+30分料金7ユーロ+以後1分ごとに0.23ユーロという3段階構成だ。

「あの〜、2月に書類を全部送って、登録したんですけど」とボクが告げたものの、「免許証を、画面横にあるスキャナーに置いてください」と言う。
あいにく強い夕日が差し込んでうまくスキャンできない。持っていたカバンで陽光を覆ったりして、なんとか送信した。
そうしている間にも、多くの人がボクの交信風景をのぞき込む。まだそれだけオトリブは珍しいのだろう。

会話をするうちに意外な落とし穴に気づいた。
「明日、何時からご利用ですか?」というのだ。
1日券は発行直後から24時間カウントする。したがって今発行してもらうと、明日乗り始めるまで無駄になるのだ。ましてや24時間以内に乗れなければ、まるまる無駄になってしまう。明日何時に乗り始めるかわからなかったため、その日は諦めることにした。

パリ・モンパルナス駅近くのオトリブステーションで。
第247回:【Movie】実録! これがパリ式電気自動車カーシェアリングの「お作法」だ
気合を入れる筆者。
第247回:【Movie】実録! これがパリ式電気自動車カーシェアリングの「お作法」だ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。