第246回:大矢アキオ、パリ式電気自動車カーシェアリング道場へ入門!?

2012.05.25 エッセイ

第246回:大矢アキオ、パリ式電気自動車カーシェアリング道場へ入門!?

クルマ、自由、オトリブ

人間ができてきたからなのかどうかは知らないが、近ごろボクは「自動車を所有したい」という意欲が薄くなってきた。今はイタリアの、公共交通機関が貧弱な地方都市に住む身ゆえ、生活上自家用車は必須だ。
しかし年をとったらクルマが要らない大都市に引っ越して、クルマの維持費が浮いた分で芝居やコンサートに行ったり、うまいものを食べたりしたい。
クルマとは、同好の士とカタログや本を見ながら談義を楽しんだりする“お話派自動車評論家”として関わりたいと思っている。人のセンスや価値観はある程度クルマで表現できるものの、クルマだけで表現するものではない。そもそも人の価値は乗っているクルマで決まるものではない。

そんなボクが気になっていたサービスがある。フランス・パリ市の電気自動車(EV)シェアリング「Autolib(オトリブ)」だ。
オトリブは2007年に開始された自転車シェアリング「ヴェリブ」に次ぐシェアリング交通機関として、2011年12月にパリと周辺都市でサービスが開始された。「Autolib」とは“Auto”(自動車)と“liberte”(自由)を組み合わせた造語である。

実際に運営を担当しているのは民間企業ボロレ社だ。指名コンペでは 有名なレンタカー会社エイビスとパリ市交通局の共同事業体や、公共サービス企業で知られるヴェオリアを差し置いて採用された。参考までに、ボロレ社の社主ヴァンサン・ボロレ氏は、サルコジ前大統領の当選直後、彼の休暇のためヨットを貸したことで有名になった。

シェアリングに使用されるEV「ボロレ・ブルーカー」は、同社のバッテリー部門が製造するリチウムポリマー電池を搭載している。ボディーはボロレが大株主を務める伊ピニンファリーナ社が設計し、イタリア企業が製造したもの。スペック上の航続距離は約250kmである。
250カ所のステーションに250台を配備してスタートしたオトリブは、月300台の増車計画を進行中で、2012年夏までには1100ステーション、1740台を整備する予定という。

パリのカーシェアリング用EV「ボロレ・ブルーカー」。セーヌ左岸15区にて。
パリのカーシェアリング用EV「ボロレ・ブルーカー」。セーヌ左岸15区にて。
テールランプ横から充電用ポールまで電源コードが延びる。
テールランプ横から充電用ポールまで電源コードが延びる。
フロントのバッジには「Pininfarina bluecar」の文字が。
フロントのバッジには「Pininfarina bluecar」の文字が。
パリで使われる「ブルーカー」だが、ナンバーはブルターニュ登録である。
パリで使われる「ブルーカー」だが、ナンバーはブルターニュ登録である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。