「スズキ・スイフト」エンジン変更で燃費向上

2013.07.17 自動車ニュース
「スズキ・スイフト」
「スズキ・スイフト」

「スズキ・スイフト」エンジン変更で燃費向上

スズキは、コンパクトカー「スイフト」の仕様を変更し、2013年7月17日に発売した。

熱効率を極限まで追求したという、改良型1.2リッター直4エンジン「K12B デュアルジェット」。
熱効率を極限まで追求したという、改良型1.2リッター直4エンジン「K12B デュアルジェット」。

「スズキ・スイフト」エンジン変更で燃費向上の画像
一部グレードには、エコドライブをサポートする専用メーターが備わる。
一部グレードには、エコドライブをサポートする専用メーターが備わる。

「スズキ・スイフト」エンジン変更で燃費向上の画像
こちらは、スポーティーな特別仕様車「スイフトRS」。標準タイプの「スイフト」同様、エクステリアやシート表皮が変更された。
こちらは、スポーティーな特別仕様車「スイフトRS」。標準タイプの「スイフト」同様、エクステリアやシート表皮が変更された。

現行型の「スズキ・スイフト」がデビューしたのは、2010年8月のこと。それからおよそ3年を経て、大規模な仕様変更が実施された。

中でも目玉となるのは、燃費性能の向上だ。従来の1.2リッター「K12B」型直4エンジンをベースに、以下のような変更を実施。より熱効率に優れる「K12B デュアルジェット」ユニットを開発した。

・吸気ポートの小径化による吸気流速のアップ
・ピストン形状の最適化(ピストン上部の凹面化)
・燃焼室の容量縮小および、バルブの径とリフト量の変更
・インジェクター(燃料噴射装置)の数を1気筒あたり1本から2本に増やし、さらに設置場所を燃焼室に近づけることで筒内直入率を向上
・排気を冷却して燃焼室に再循環させる「クールドEGR」を採用し、燃焼時のノッキングを抑制
・タイミングチェーンやクランク、シリンダーなど、各部フリクションロスの低減

これらの工夫によって、最高出力91ps、最大トルク12.0kgmのアウトプットはそのままに(最高出力は91ps/6000rpmの据え置きで、最大トルクの発生域は4800rpmから4400rpmへと400rpm低下)、JC08モードの燃費値は、FF車がこれまでの最高21.8km/リッターから26.4km/リッターに、4WD車は同18.8km/リッターから22.6km/リッターに、それぞれ向上した。

軽乗用車「ワゴンR」にも採用されている“スズキグリーン テクノロジー”、すなわち、リチウムイオンバッテリーを用いた高効率なエネルギー回生機構「エネチャージ」や、13km/h以下まで減速すると機能する「新アイドリングストップシステム」、蓄冷材を使った空調システム「ECO-COOL(エコクール)」が採用されたことも、燃費向上の一助となっている。


また今回は内外装にも手が加えられており、バンパーやグリル、フォグランプ、16インチアルミホイールが新たな形状に。ファブリックシートの表皮も、ブルーを配した光沢感のある素材に変更された。専用の内外装や足まわりを持つ特別仕様車「スイフトRS」についても同様で、前後スポイラーの形状やシート地がリニューアルされている。
走行中の姿勢を安定させるESPが全車に与えられたのもニュースだ。

なお、従来の「K12B」型エンジンを搭載するグレードも併売される。ラインナップと価格は以下の通り。

「スズキ・スイフト」
・XG(5MT):127万9950円(FF)
・XG(CVT):127万9950円(FF)/148万9950円(4WD)
・XG-DJE:139万7550円(FF)/157万6050円(4WD)
・XL(5MT):136万7100円(FF)
・XL(CVT):136万7100円(FF)/157万7100円(4WD)
・XL-DJE:148万4700円(FF)/166万3200円(4WD)
・XS:149万1000円(FF)/170万1000円(4WD)
・XS-DJE:160万8600円(FF)/178万7100円(4WD)

特別仕様車「スズキ・スイフトRS」
・スイフトRS(5MT):142万6950円
・スイフトRS(CVT):142万6950円(FF)/163万6950円(4WD)

(webCG)

関連キーワード:
スイフトスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキが新型「スイフトスポーツ」を発表 2017.9.13 自動車ニュース スズキが4代目「スイフトスポーツ」を発表。“Ultimate Driving Excitement”をテーマに開発された新型は、軽量・高剛性プラットフォームの採用により70kgの軽量化を果たすとともに、パワフルな1.4リッター直噴ターボを搭載。走りと燃費を同時に高めている。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2012.3.13 試乗記 スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)
    ……174万3000円

    従来型ではMT仕様の販売比率が7割に上ったという「スイフトスポーツ」。これはスポーツカー好きのノスタルジアか? それとも現実派のロジカルな選択か? ワインディングロードで考えた。
  • ホンダ・グレイス ハイブリッドEX モデューロパーツ装着車(FF/7AT) 2017.9.13 ホンダ・グレイスで試すModuloの神髄<PR> ホンダの純正アクセサリーブランド「Modulo(モデューロ)」のアイテムが装着された、白い「ホンダ・グレイス」。このクルマが持つ、落ち着いた乗り味と爽快な走りを支えるものとは? 上質なヨーロピアン・ライドを追求する“モデューロの哲学”の源泉を探った。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る